運の正体

2020年5月15日

成功論

t f B! P L

運イメージ

長い目で見て、手を打っているかどうか。                       
幸運に見える人は、中長期的に考えて事前に手を打っています。
                                       
その状況を見て、周りは運が良いというのです。                   
                           
本当に運が良いとしか言いようがないケースもありますが、
それは例外です。
                       
仮に運のみの成功があっても、長続きはしません。
結局、運はあってないようなものなのです。                       
                           
自分には運がないと嘆く人は、
招くべくして運が悪いと思える状況を作っています。                       
自業自得のケースがほとんどです。   
                   
冷静に悪い状況に陥った原因を探ってみると、
以前から、目の前の問題を直視しようとせず、
将来に向けての対策を打たなかったことが
マイナスに作用しているのです。                       
                           
そのように嘆く人は、
自分に実力が足りないことを認めたくないだけなのです。       
               
運のせいにして自己弁護したくなる気持ちは
分かりますが、それでは成長できません。
                       
                                                   
ビジネスの世界に例えると、
社会情勢によって様々な運の波がやってきます。
                       
その波に乗るかどうかはその人次第です。   
                   
そのため、
運の波は主体的に捉えて、乗るかどうか決めなくてはいけません。
波に乗るためには、事前準備が必要ですが、
最後の『今が勝負時』・『ここは静観』という判断はセンスに左右されます。
                       
この勝負勘の強い人=運の良い人=努力家の近くにいると、
視点が高くなり、良い運が巡ってきます。   

努力の結果が運の正体なのです。                   

人生は変えられる!


頑張る自分へのご褒美を検索

読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

自己紹介

自分の写真
会社役員         こんにちは!人としての器を広げるための情報発信ブログです。 休みの日は、緊急事態宣言解除されたので、サウナ解禁しました。クイーンのボヘミアンラプソディーをピアノで弾けるように特訓中です。

Twitter

ブログ アーカイブ

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ