良い人間関係を構築する方法

2020年5月27日

人付き合い

t f B! P L

良い人間関係 イメージ

相手に対して、『おかしい』と気づいていても、
いい人を演じて、何も言わないことで、
自分が誤解され窮屈になり、疲れてしまうなど、
   
自分の心の中のわだかまりが残り、
それが溜まった結果、
人間関係が崩れていってしまうことは珍しくありません。                               
そのため、                               
『おかしい』と感じたら、
相手の肯定できる部分は肯定しつつ、                               
誠意を尽くして、伝わり易く説明することが大切です。
                           
また状況によっては、上手に怒ることも必要です。
                                   
自分が思っていることは、
だいたい相手も同じように感じていますので、
                               
黙り込んで本心を隠してしまうよりも、
誠意を尽くして伝えることで、
自分の性格・考えを理解してもらえる
ようになり、
以前よりも相手との関係性、信頼が強くなります。   
                       
仮にそれで、
人間関係が崩れるようであれば、
所詮その程度の関係だったと考えることです。
                                                       
                           
仕事においても同様で、
人間関係には良い意味での緊張感が必要です。
                                   
仕事は自分1人でできるわけではなく、
誰かと一緒にやっていくものですので、                           
人間関係がおかしいと感じたら、
すぐに行動しなくてはいけません。

相手に本音を伝えることは、
嫌われてしまうのではという懸念もよぎり、
勇気が必要ですが、
                               
『この人のそばにいると勉強になる』
『自分のことを親身に考えてくれる』
                               
と思ってもらえた時に、
より絆のある人間関係が成立します。
                           
仕事仲間と単に仲良くすればよいといういうものではなく、
意見交換できる人間関係を作ることが大切です。                                                                                            
相手を肯定する姿勢を見せつつ、
早めに本音を言うようにして
良い人間関係を作っていきましょう。


                 
人生は変えられる!
                                                                    

頑張る自分へのご褒美を検索

読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

自己紹介

自分の写真
会社役員         こんにちは!人としての器を広げるための情報発信ブログです。 休みの日は、緊急事態宣言解除されたので、サウナ解禁しました。クイーンのボヘミアンラプソディーをピアノで弾けるように特訓中です。

Twitter

ブログ アーカイブ

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ