転職はキャリアに直結しない /転職の基準は報酬ではなく、やりがいで

2020年5月29日

仕事論

t f B! P L
ビジネスマン イメージ

基本、転職者に対して、
採用する側としては、高い期待を寄せています。

それだけ転職する人の多くは、
転職後の厳しい現実が待っています。

特に、
会社の看板で仕事をしていた人や
仕事の内容以上に報酬を得ていた人は、
その期待に応えられずに潰れていきます。

転職してすぐに活躍できるのは、
前の会社で非常にハードな仕事をこなしてきた人
です。
新しい経験を積みたいからという
自己本位の考えだけの転職はお勧めしません。

転職し、キャリアを着実に築き上げている人は、
自分が積んできた経験が、
市場においてどれだけ望まれていて価値があり、
どのような業務知識や専門スキルの需要が多いかを
正しく把握しています。

ただ、
キャリアは市場の需給バランスによって決まる為、
どんなに経験を積んでいても、
同じようなキャリアを持つ人が多かったり、
市場が望んでいなければ価値を持ちません。


『今の会社の将来が不安』
『このままだといつかリストラされる』

などという後ろ向きな理由で
転職を考えると失敗する確率が高まりますので、
安易な転職は今の時期、避けたほうが無難です。

転職の基準は報酬ではなく、やりがいで

やりがいがあって、報酬も良い会社に
勤められてるのであれば、大満足ですが、
世の中、そんなにうまくはいかないのが
現実です。

仮に転職活動の中、

・やりがいはあるが、報酬は低い会社
・やりがいはないが、報酬は高い会社

上記のどちらからも内定が出た場合、
あなたならどちらを選びますか?

その場合、迷うことなく、

・やりがいはあるが、報酬は低い会社

を選ぶべきです。

なぜなら、
やりがい=心の報酬 

でもあるからです。

仕事にやりがいがあれば、心が満たされ、
幸せを感じることができます。

大切なのは、どうすれば心が満足するのかという
自分の基準を知ることで、
報酬を周りと比べることではありません。

仮に、
やりがいではなく、報酬を優先で
仕事を選んだ場合、
心は満たされることなく、乱れた状態が続きます。

心の安定が得られないため、
金銭に依存するようになってしまいます。

自分よりも他人の収入が高いことを
羨んだり、より高い報酬を求めて
転職を繰り返したりしてしまいます。

結果、心はますます乱れるだけになります。

報酬が高いということは、
それなりに成果が求められます。

お客さんの利益よりも
短期的な会社の利益や自分の成績を
優先しがちになるので、
結果、仕事を長く続けるということは
難しくなります。

一方、
仕事にやりがいがあれば、
仕事に打ち込めるようになりますので、
お客さんや周りの社員にも
喜びを与え、それがやがて
会社の利益や自分の評価としても、
跳ね返ってきます。

さらに、
仕事にやりがいがあり、幸せを感じている人は、
運も開けてきます。

幸せを感じている人は、
常に前向き思考です。

世の中では良いことも、
悪いこともおきますが、
前向き思考の人は、
人間の長所に目が向くため、
他人に好かれ、周りに人が集まってきます。

よって、
他人の支援も得て、
仕事も上手くいきやすくなります。

自分が幸せだと思えば、
本当に幸運に恵まれ、
好循環を生み出していくことができます。


人生は変えられる!

頑張る自分へのご褒美を検索

読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

自己紹介

自分の写真
会社役員         こんにちは!人としての器を広げるための情報発信ブログです。 休みの日は、緊急事態宣言解除されたので、サウナ解禁しました。クイーンのボヘミアンラプソディーをピアノで弾けるように特訓中です。

Twitter

ブログ アーカイブ

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ