役に立つではなく、役で立つ

2020年5月12日

仕事論

t f B! P L

役に立つではなく、役で立つ

例えば営業職であれば、
営業マンという役で自立することが役立ちのスタートです。
                       
その覚悟を持っている営業マンは、
売るために商品についてあらゆる角度から勉強します。                       
   
そうしていくうちに、                       
商品に愛着が生まれ、世の中に広めたいと思うようになります。                       
                           
それが自分の役です。                       
                   
そうゆう姿を見たお客さんが
『この営業マンから買いたい』と思ってくれるようになります。                       
                           
結果、お客さんの役に立てるのです。                       
                           
最初からお客さんありきの役立ちではなく、
『この生き方で生きよう』と思う役で立つことこそが                       
役立ちなのです。                       
                           

人生は変えられる!



自己紹介

自分の写真
会社役員         こんにちは!人としての器を広げるための情報発信ブログです。 生きていく上での人生のバイブル的な コンテンツを目指してます。                      問い合わせいただく、記事転載希望のご質問ですが、リンク、転載元を明記していただければ、全記事、転載自由です。

【無料】読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

Twitter

広告提携(株式会社マイナビ)



広告提携(株式会社コーチェット)



広告提携(SHE株式会社)



人としての器を広げる教材1

人としての器を広げる教材2

人としての器を広げる教材3

人としての器を広げる教材4

頑張る自分へのご褒美を検索

QooQ