なぜ、人は働くのか?

2020年5月11日

仕事論

t f B! P L

なぜ、人は働くのか?

答えは、自由を獲得するためです。

                       
新入社員時は、
実績・実力・スキル・人脈・権限・お金全て無く、
何から何まで指示されますので、                   
例外なく、不自由です。


3~5年目になると、
周囲との信頼関係の構築ができることで、
ある程度一人前になり、                       
やり方を選ぶことができるようになります。

自由をもたらす財産になる。   
                   
このように、
信頼残高を増やしていくことが重要です。
                                   
自分に信頼があれば、人・お金が集まってきます。

                       
                           
今の若い人は、目先の小さな自由に逃げ込む傾向があります。
                       
                                       
小さな自由に逃げ込んでいたら、
将来どんどん不自由な状態に追い込まれていきます。
                   
                           
将来、自由が広がっていくことを想像しながら
今を過ごすとモチベーションは高まっていきます。                   
                           
働くことは
自由へ向かっていくプロセスと捉えましょう。
                       
                           
仕事は自分のためにするものですが、
『自分がこうなりたい』と思うだけでなく、                       
『世の中をこう変えたい』という視点を持って仕事をすることで、                   
自分のためばかりでなく、きっと世の中に貢献できるはずです。                       
         

自己紹介

自分の写真
平社員で入社して9年で取締役まで登り詰めた経験から、コロナ禍の時代を生き抜く、人としての器を広げるための情報を様々な話題から発信中!                      問い合わせいただく、記事転載希望のご質問ですが、リンク、転載元を明記していただければ、全記事、転載自由です。

【無料】読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

Twitter

広告提携(株式会社ウィルフ)

広告提携(船井総合研究所)



広告提携(株式会社マイナビ)



人としての器を広げる教材1

人としての器を広げる教材2

人としての器を広げる教材3

人としての器を広げる教材4

頑張る自分へのご褒美を検索

QooQ