調子が良い時ほど 苦言を有効に取り入れる

2020年6月10日

仕事論 成功論

t f B! P L
苦言を取り入れる イメージ
一見、何も問題がない時こそ、
リスクに備えなければいけません。
調子が良い時ほど、
自分が何でもできるかのように思え、
おごりが出てきます。
おごりがあると、
現状認識を誤ってしまうため、
最も慎むべき感情です。
全ての職業で最も重要な能力は
現状を把握する能力です。
現実の世の中がどうなっているのかを
正確につかめなければ、
どんな立派な夢もビジョンも机上の空論です。
現状を正確に把握するためには、
公式見解や統計だけでなく、
実際に現場に足を運び、苦言を聞いて、
全体像を想像する思考力を鍛える必要があります。
今を的確に把握することは、
過去を振り返ったり、
未来を思い描いたりすることよりも
難しいことです。
なぜなら、現実を把握する際には、
目先の現象や周囲の声に
惑わされることが多いからです。
優秀な人ほど謙虚で、
悪いところはどんどん指摘してもらって、
自分の糧にしていきます。
苦言を有効に取り入れ、
自分のおごりを調子の良い時にも
自覚できるような仕組みを
持つことが重要です。
人生は変えられる!

頑張る自分へのご褒美を検索

読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

自己紹介

自分の写真
会社役員         こんにちは!人としての器を広げるための情報発信ブログです。 休みの日は、緊急事態宣言解除されたので、サウナ解禁しました。クイーンのボヘミアンラプソディーをピアノで弾けるように特訓中です。

Twitter

ブログ アーカイブ

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ