これから生き残るために求められる会社形態

2020年6月12日

仕事論 成功論

t f B! P L
生き残る会社 イメージ
会社としての売上や利益を重視しすぎたり、
コスト削減に注力しすぎたりすると、
会社本位の考えになり、
結果的に会社の成長には結びつきません。
変化の激しい世の中を生き残るためには、
顧客満足、株主満足、社員満足のバランスが大切です。

理想的なバランスは
顧客満足:株主満足:社員満足=70:70:70  

どこか100%の満足で、他の割合が低ければ駄目で、
上記3つの満足度のバランスを7割程度に保つことがベストです。
具体的には、
1人のお客さんの満足度をできる限り高めるというよりも、
満足してくれるお客さんをできる限り増やすという考え方です。
例えば、
100点分満足したお客さんが1人だけよりも、
10点分満足したお客さんが20人いるほうが良い経営と言えます。
上記の価値観を共有することで、
お客さん・株主・従業員のバランスが良くなり、
3者を結ぶ三角形はより大きくなります。

そしてお金もサービスも
よりスムーズに流れていくようになります。
この調和のとれた状態が、
会社‐消費者、資本家‐社員、会社‐株主
などといった、
二項対立の構図を超える21世紀の経営の姿です。

◆企業が今なすべきこと


 一言でいえば、
 健全な成長と継続的変革の実行です。

業績の数字は 
あくまでも結果であって目的ではありません。 

企業の目的はお客さんに満足いただくことですので、
幸せなお客さんを追求すべきです。
お客さんの幸福度は 満足度調査では分かりません。 

逆説的になりますが、
業績の数字こそが、 
冷徹にお客さんの満足度を反映しています。

幸せなお客さんを作るためには、 
幸せな社員を作ることです。 

そうすることで、結果として数字がついてきます。

正しい行為を実行し、
正しい商品を出し続ければ、
 リピートオーダーは必ず来ます。
 

これから求められる会社形態

高度経済成長期は、
上層部だけが知っている情報があって、
自分も知る立場になりたいという
社員の出世意欲を掻き立てました。
上層部は、お前だけに教えてやるよと囁いて、
派閥も形成でき、
ある意味、組織として秘密主義でも成り立っていました。

しかし、
現代は、そうした縦割り的な組織はナンセンスです。
秘密主義にこだわっている企業が
どんどんダメになっています。
これからの会社形態としては、
社員同士の心の繋がりを大切にして、
家族のような集団になることが求められています。
人生は変えられる!


頑張る自分へのご褒美を検索

読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

自己紹介

自分の写真
会社役員         こんにちは!人としての器を広げるための情報発信ブログです。 生きていく上での人生のバイブル的な コンテンツを目指してます。

Twitter

ブログ アーカイブ

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ