部下への適切な叱り方

2020年6月13日

仕事論 人付き合い

t f B! P L
部下へ叱る上司 イメージ
感情的にならずに、
『組織のため、部下のために、愛情を持って』
という前提を忘れずに、
理由が明確に分かるように叱れば、
相手にもしっかり伝わります。

基本は、叱った後、
暗い雰囲気にならないように注意することです。
一方的に叱るのではなく、
上司自ら改善案を出すなどして、
建設的な話し合いになるようにしましょう。
叱った後、『お前ならできる』
といった前向きな一言は、
部下に期待している気持ちを伝えるのに効果的です。
そのような伝え方を行うことで、
上司と部下の間での信頼関係がより強固になります。
方法としては、ケースによりますが、
個別に対応するよりも、
会議など他の社員がいる前で叱ったほうがベストです。

社員全員に対して言っているという意識を持って叱れば、
大きな問題にはならず、
適切な叱り方によって、全員の意思統一が図れます。
部下は上司に強いリーダーシップを期待する一方で、
愛情を持って自分のことを見ていて欲しいと思っています。
叱るのは、相手を心から信用し、期待しているものの、
この件に関して、そのやり方は間違っている
ということを伝えるためです。

言いにくいことを先延ばしせずに、
言わなければいけないことはその場で伝え、
組織を守りつつ、その人に期待し、もっと成長してもらう環境を
作ることが良い組織、チームを作ります。
人生は変えられる!

頑張る自分へのご褒美を検索

読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

自己紹介

自分の写真
会社役員         こんにちは!人としての器を広げるための情報発信ブログです。 休みの日は、緊急事態宣言解除されたので、サウナ解禁しました。クイーンのボヘミアンラプソディーをピアノで弾けるように特訓中です。

Twitter

ブログ アーカイブ

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ