肩書きはたいして意味はない

2020年6月6日

仕事論

t f B! P L
肩書き イメージ

大事なのは、肩書きに関わらず、
仕事の内容を深く理解して
自分の役割やミッションを
明確に持った上で、働くことです。
仮に、降格と思われる人事で肩書きが変わったとしても、
冷静に自分のすべきことを考えましょう。
肩書きにこだわるのではなく、
自分の今の役割は何か?何ができるのか?を明確にして、
もう一度やり直す気持ちで
腐らず自分の役割・仕事をすることが大事です。
その姿、行動を見て、
周囲から必ず評価される時が来ます。
『自分は損したくない』
『自分は生き残りたい』

ということばかり考えている人は、
その気持ちの裏側に

『他人なんてどうだって良い』

という考えがあることに気づいていない場合がほとんどです。
成果はチームで問われなければいけません。
だからこそ、チームのために皆で助け合うことが大切です。

個人ではなく、
公という軸を持てば仕事への取り組み方が変わります。

肩書きはたいして意味はなく、
役割と責任こそが全てです。
人生は変えられる!

頑張る自分へのご褒美を検索

読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

自己紹介

自分の写真
会社役員         こんにちは!人としての器を広げるための情報発信ブログです。 休みの日は、緊急事態宣言解除されたので、サウナ解禁しました。クイーンのボヘミアンラプソディーをピアノで弾けるように特訓中です。

Twitter

ブログ アーカイブ

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ