悔しさや未練は次のエネルギーを生み出す原動力に変えるために捨てよう

2020年7月28日

心のメンテナンス

t f B! P L
悔しさや未練は次のエネルギーを生み出す原動力に変える イメージ

持てるエネルギーを注ぎ込んで本気でチャレンジし、
それでも目標が達成できなかった場合、
誰だって悔しい気持ちになります。

そんな時、
『次はもっと頑張ろう』と悔しさを自分に向け
力に変えることができる人は成功します。
悔しさが残っているのなら、
そのパワーを明日への原動力にして
『失敗の原因を見つけよう』
『次はこうしてみよう』
とチャレンジする意欲を高めましょう。

悔しさとは
過去の失敗や、事故・災難や
他人との間に起きた出来事を思い出して
落ち込んだ状態ですので、
まとめると、
過去の記憶に対する怒りの反応です。

過去の出来事は変えられませんので、
思い出したところで意味はありません。

また、
その過去は、記憶として残っているだけで、
存在しないので、その過去を知らない人も
周りにはいるはずです。

つまり、
その過去は、自分の頭に浮かぶ
妄想でしかなく、妄想に怒っている状態が
後悔の正体です。

後悔を消し去るためには、
自分は妄想に反応して怒っているんだと
心の状況をまずは理解しましょう。

その次に、
その妄想は価値がないことを自覚しましょう。

現実には存在しない物事を
あれこれと妄想することをやめれば
自然と後悔は消え、
気持ちは未来へと向かいます。
また、未練は
できれば、こんな人生を歩みたかったが、
それだけの環境や能力がなかった。
勇気が出なかった。
でも、あきらめきれずにモヤモヤしている
という心理状態のことです。

こういった思いも、妄想です。

その妄想が
今となっては達成できないのだとしたら、
欲求すること自体、無駄ですので、
忘れてしまえば、
結果的に未練は消えます。

そんなに簡単に忘れて良いのかと
戸惑うかもしれませんが、
それでOKです。

なぜなら、
これまで叶わない状態で、
あなたは生きてきたし、
今も生きているからです。

つまり、
その過去はなくても生きていける
程度の必要のないものです。

その程度のことを思い出して、
現状に不満を抱えたままでは、
生きている実感を持てず、
楽しくありません。

・大学受験に失敗した
・親の期待に応えられなかった
・希望の仕事や地位に就けなかった

などという思いを抱えても
過去も、現在も変わらないので、
完全に無駄です。

人生には時間が限られてますので、
後悔と未練は捨てましょう。

また、未来への不安も
作っているのは妄想です。

未来のことは、
いくら妄想しても答えは出ません。

今、現実に何ができるか。
何をするか。だけが、
未来への答えになります。

できそうだと思えることだけが、
自分にとっての現実です。

それだけを今からやり、
やれることに喜びを感じて
満足を得ましょう。

本気で生きていけば、
今からでも人生は変えることはできます。



人生は変えられる!
     

自己紹介

自分の写真
会社役員         こんにちは!人としての器を広げるための情報発信ブログです。 生きていく上での人生のバイブル的な コンテンツを目指してます。                      問い合わせいただく、記事転載希望のご質問ですが、リンク、転載元を明記していただければ、全記事、転載自由です。

【無料】読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

Twitter

広告提携(株式会社マイナビ)



広告提携(株式会社コーチェット)



広告提携(SHE株式会社)



人としての器を広げる教材1

人としての器を広げる教材2

人としての器を広げる教材3

人としての器を広げる教材4

頑張る自分へのご褒美を検索

QooQ