仕事に耐える力を身につける

2020年11月1日

仕事論 成功論

t f B! P L
我慢できない イメージ
『頭の良さ』だけで成功するわけではなく、
『人柄』だけで出世する人もいません。
実現が難しい、
不可能を可能にする仕事をこなしてこそ、
胸を張って『仕事をした』と言えます。
仕事の現場ではそういった
難局の連続が待ち構えています。
そこで最後まで逃げずに、
やり遂げるために必要なのが
『耐える力』、すなわち『打たれ強さ』です。
ただ、こればかりは、
教えられて覚えるものではありません。
仕事の中で幾度となくピンチを乗り越えて
身につけていくものだからです。
逆境を迎えたとき、
『もうダメだ』
とネガティブに考えるのではなく、チャンスと考える。
また、
『答えは必ずある』
と考えることが、
困難な仕事をする上でとても大切です。
逆境を迎えているときは、
どうしても焦ったり、落ち込んだりしがちです。
さらに、
そんな自分をあざ笑ったり、糾弾したりします。
外野の声も気になったりもします。
そんな時に、一時の感情に流されて、
逃げたり、キレたりしないように注意しましょう。
中長期的な視点に立てば、
逆境はあって当たり前です。
短期的な判断が必要な場合もありますが、
慌てて間違った判断を下さないよう、
逆境を長期的な視点で捉えることを忘れてはいけません。
『耐える力』がある人が、
大きな仕事を任され、そこで結果を出し、
出世していくのは事実です。
失敗もなく、逆境も経験せず、
無難に仕事をこなしている人や
そういった挑む状況をあえて避けている人は、
非常にリスキーです。
どうしても逃げられない逆境に道を塞がれたとき、
何をどうしていいか分からず、その状況に耐えられなくなります。
そのため、若いうちにできるだけ多くの
失敗や逆境を経験する必要があります。
特に大きな逆境を一度経験しておくと、
それ以下の逆境など、問題にならなくなります。
人生は変えられる!

頑張る自分へのご褒美を検索

読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

自己紹介

自分の写真
会社役員         こんにちは!人としての器を広げるための情報発信ブログです。 休みの日は、緊急事態宣言解除されたので、サウナ解禁しました。クイーンのボヘミアンラプソディーをピアノで弾けるように特訓中です。

Twitter

ブログ アーカイブ

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ