リーンスタートアップの発想で新規ビジネスの成功確率を高めよう

2020年11月12日

マーケティング 仕事論

t f B! P L
リーンスタートアップ イメージ
リーンスタートアップは
既存事業のPDCAサイクルである、
計画(Plan)→実践(Do)→評価(Check)→改善(Act)
とはまた違ったサイクルで、

アイデア→構築→製品→計測→データ→学習

という循環により、
検証による学びという指標を大切にする方法です。
また、
顧客の反応によるデータを見て、学習し、
上手くいかないと分かったら、
事業のアイデアを方向転換する、ピボットを行います。
新規事業は、
顧客が何に価値を見出すのか予測がつきません。
そのため、
常に顧客の反応を見て、仮説を検証しながら
事業を回していくことが重要です。

1例の成功例で言えば、
YouTubeは、
もともと出会い系の動画サイトだったものを、
ユーザーが違う使い方を始めたのを見て、
ピボットし、今では、
動画投稿サイトとして多くのアクセスを集め、
成功しています。
継続することが最大のムダになることから、
潔く事業そのものを変える決断も必要です。
新規事業は先が読めないため、
直感的に経営することが多いですが、
こうした科学的アプローチを用いて
無駄を排除すれば、成功率は高まります。
人生は変えられる!

頑張る自分へのご褒美を検索

読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

自己紹介

自分の写真
会社役員         こんにちは!人としての器を広げるための情報発信ブログです。 休みの日は、緊急事態宣言解除されたので、サウナ解禁しました。クイーンのボヘミアンラプソディーをピアノで弾けるように特訓中です。

Twitter

ブログ アーカイブ

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ