リーダーが直面する典型的な葛藤

2020年11月8日

リーダーシップ術

t f B! P L
リーダーが直面する典型的な葛藤 イメージ


リーダーが直面する典型的な葛藤



リーダーや責任者の立場にいると、
必ず葛藤が生まれます。

その葛藤を4つに分類して、
どのように向き合い成果を出すべきかをお伝えします。

①効率と感情

チームで最大限の成果を上げるためには、
メンバーの役割分担を明確にすることや、
誰がいつまでに何を実行するのかという、
目標設定が必要です。
その際、
メンバーの感情面を軽視して効率だけを追求すると、
個々の活動を担う
メンバーのモチベーションが下がってしまいます。
このやり方だと、
短期的には成果は上がるかもしれないですが、
やがてチームの力は落ちていってしまいます。

②分化と統合

率いるチームが大きくなると、
メンバーの強みに応じて役割分担を進める必要が出てきます。
ただ、
これを進めすぎると組織全体の一体感が弱くなってしまい
『自分の仕事はここまで』と考える人が増えてしまいます。

①と②の対処法

普段はマメに1人1人の話に耳を傾け、
やる気を持ち上げるよう、心がけていきましょう。
ただし、
短期集中型のイベント時は、
役割を分けて仕事に集中させるようにします。
当然他のこともやりたいという不満は出てくるため、
不満者に対しては、次回に頼むことを伝えつつ、
次の仕事への意欲を保ってもらう必要があります。
また、全員に、
それぞれの持ち場に集中しつつ、
仲間の仕事に関心も持つように伝え、一体感を保ちましょう。

③短期と長期

リーダーが目先の利益にとらわれると、
メンバーは将来に不安を覚えるようになります。
逆に長期的視点に偏ると、
現在の利益を逃すうえに、緊張感が失われ、
チームの気の緩みをもたらしてしまいます。

③の対処法

成果を出すために、
目先の仕事に集中する時期を設け、
ひと段落したら、将来のことを考えるという周期で
チームをマネジメントするとベストです。

④論理と感覚

リーダーは情報を集め、
合理性に基づいて判断を下さなければいけません。
しかし、
時には感性や感覚で閉塞した状況を
突破することも大切です。
論理や合理によって導き出された正解は
理解を得やすい反面、
独自性に欠けることが多いです。
逆に感覚だけの判断は、
再現性や永続性に乏しく、多くの人の納得を得にくいです。

④の対処法

論理と感覚を、
状況の応じて使い分けることが大切です。

まとめ

葛藤に悩むリーダーが陥る罠として、
バランスを取ろうとするあまり、
中間の策を打ってしまうことです。
気持ちは分かりますが、
良い結果には繋がらないことが多いです。
なぜなら、
短期的には最適な答えは、
対立するどちらかに偏っていることがほとんどだからです。
状況に応じて、どちらかに舵を切りながら、
長期でより良い状態を目指しましょう。
リーダーの仕事はこの繰り返しです。
今はどちらにどれだけ舵を切るべきかを見極め、
的確に実行する力が、リーダーとしての力量です。






リーダーとして活躍したい方向け

リーダーシップエッセンシャル セミナーDVD


国際的に高く評価されるリーダーシップ論の権威であり、

タイム誌が選ぶ世界で最も影響力のある

アメリカ人25人のひとりに選ばれている「7つの習慣」著者、

スティーブン・R・コヴィー博士が残した

「リーダーシップの本質」がつまったDVDです。


『7つの習慣』『第8の習慣』『第3の案』

『原則中心 リーダーシップ』など

コヴィー博士の著書からリーダーシップに関する洞察を抜粋。


リーダーシップエッセンシャル セミナーDVD


>>人生を変える! リーダーシップ術 人気投稿ランキングへ戻る<<


人生は変えられる!

自己紹介

自分の写真
平社員で入社して9年で取締役まで登り詰めた経験から、コロナ禍の時代を生き抜く、人としての器を広げるための情報を様々な話題から発信中!                      問い合わせいただく、記事転載希望のご質問ですが、リンク、転載元を明記していただければ、全記事、転載自由です。

Twitter

【無料】読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ