経験は活かすものではなく、捨てるものだと考えよう

2021年3月4日

心のスキルアップ

t f B! P L

経験は活かすものではなく、捨てるもの イメージ

3時間であなたは変われる。自信をつける幸せMeditation


『これまでの経験を活かして頑張って欲しい』

この言葉は鵜呑みにしないほうが良いです。

経験を活かそうとすればするほど、

失敗する確率は高まるからです。

もちろん、

過去の経験が生きる仕事もありますが、

それはあくまで結果論です。

ビジネスはそう簡単に

過去の経験が活きるほど甘くありません。

あらゆる業界で大きな変化が起きている現在、

新しいことに挑戦して

大きな成果を上げる人材が求められています。

そのため、

上司が期待しているのは

『経験そのもの』ではなく、

経験から得られた『能力』や『スキル』を活かした成果です。

経験の中でも、特に成功体験は、

新しい仕事を取組む時の

足かせとなるので注意が必要です。

成功体験を生かそうと考えると、

どうしてもバイアスがかかり、

現状を素直な目で捉えられなくなります。

例としては、

中途採用の人が本来の実力を発揮できずに

去っていくケースの多くは、

その人が、過去の成功体験に

固執しすぎたことが原因だったりします。

このように、

経験を生かそうとする思考は

問題行動に発展する危険性をはらんでいます。

よって、

新規事業を成功させる鍵は、

バイアスのかかっていない、

純粋な目を持てるかどうかにかかっており、

経験のない若手は

物事を素直に捉えてがむしゃらに頑張るしかないので

経験がないことのメリットを活かせる

若手の抜擢を積極的に進めたほうが良いです。

30代ともなると、

それなりの経験を積んでいるので、

自身の経験を捨てることは、簡単ではありません。


それでも、

自身を成長させ、

成果を出し続けていくには、捨てる覚悟が必要です。

実際、これがなかなか難しいです。


『心機一転、頑張ります』と口で言っても

思考や行動が伴わない場合が多いです。


そうなると純粋な目を持って

暴走する若手やライバルに勝てなくなります。

新卒にいつでも戻れるようなスタンスで仕事をする人は

積み上げた経験を捨てられ、人として強く、成功します。

経験にしがみついてしまうのは、

経験を通じて物事を捉える方が楽だからです。

また、何かを提案する時も、

相手に納得感を持ってもらいやすいからです。

そんな人は、

覚悟を持って、経験を捨て、仕事をゼロから取組み、

成果が出た後に、

実は過去の経験が生きていた。

というのが、正しい経験の活かし方です。


>>人生を変える!心のスキルアップ編 人気投稿ベスト33へ戻る<<


3時間であなたは変われる。自信をつける幸せMeditation


人生は変えられる!


自己紹介

自分の写真
平社員で入社して9年で取締役まで登り詰めた経験から、コロナ禍の時代を生き抜く、人としての器を広げるための情報を様々な話題から発信中!                      問い合わせいただく、記事転載希望のご質問ですが、リンク、転載元を明記していただければ、全記事、転載自由です。

【無料】読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

Twitter

広告提携(株式会社ウィルフ)

広告提携(船井総合研究所)



広告提携(株式会社マイナビ)



人としての器を広げる教材1

人としての器を広げる教材2

人としての器を広げる教材3

人としての器を広げる教材4

頑張る自分へのご褒美を検索

QooQ