部下との食事は割り勘ではなく、おごろう

2021年7月14日

リーダー論

t f B! P L

部下との食事は割り勘ではなく、おごろう



人は物と心の両方が満たされることで

幸せになります。

食事でお腹が満たされた上、

ご馳走していただいたという心の喜びを感じ、

相手に対するありがたいという思いが

生まれ、良好な人間関係や

信頼関係が強くなっていきます。

上に立つ人は、

自分を惚れさせるということが大切です。

その方法の1つが、おごるという行為です。

おごる場合、

値段が高いものである必要は

まったくありません。

例えば、

コンビニのレジ横に売っている軽食であったり、

熱い日には、休憩時にアイスを差し入れたり、

寒い日には、温かい缶コーヒなど、

ちょっとしたおごりでも

部下に対しての配慮として、効果的です。

また、

居酒屋等で部下2人を連れて会食して、

会計が1万だったというケースの場合には、

半分の5千円を支払い、部下二人を

均等割りにすることで、

部下に幸福感を提供できます。

その時の状況に応じて

部下にお腹を満たすのと合わせて

心も満たしてあげ、

信頼関係を強固なものにしていきましょう。

>>人生を変える!リーダー論 人気投稿ベスト17へ戻る<<


リーダーシップエッセンシャル セミナーDVD

人生は変えられる!


自己紹介

自分の写真
平社員で入社して9年で取締役まで登り詰めた経験から、コロナ禍の時代を生き抜く、人としての器を広げるための情報を様々な話題から発信中!                      問い合わせいただく、記事転載希望のご質問ですが、リンク、転載元を明記していただければ、全記事、転載自由です。

【無料】読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

Twitter

広告提携(株式会社ウィルフ)

広告提携(船井総合研究所)



広告提携(株式会社マイナビ)



人としての器を広げる教材1

人としての器を広げる教材2

人としての器を広げる教材3

人としての器を広げる教材4

頑張る自分へのご褒美を検索

QooQ