人を動かす話し方の本質を知る

2021年8月14日

コミュニケーション術

t f B! P L
人を動かす話し方の本質を知る


あきらめない人間関係改善コミュニケーション術


イギリスの劇作家である

ジョージ・バーナード・ショー氏は


『コミュニケーションにおける最大の問題は、

それが達成されたという幻想である。』


という言葉を言い残してます。


つまり、

自分の話すことが相手に伝わらなければ、

それは、言いっぱなしの自己満足に過ぎません。


そのため、

伝えたのにも関わらず、

相手に伝わってないという、ねじれ現象が起こります。



コミュニケーションとは、


・何を伝えたか、話したか


ではなく、


・何が伝わり、どんな行動をとってくれたか


つまり、

伝えることでの最終目標は

人を動かすことです。



人を動かすことを念頭に

話すようにしなければ、

いつまで経っても幻想から抜け出すことは

できません。


伝える、話すことは、手段であって、

目的ではありません。


目的は、

聞き手に自分が期待している行動を

起こしてもらうことです。


そこを履き違えてしまうと、

話したことの大半は、

聞き手の頭に残ることなく、

ゴミ箱行きになります。



・ちゃんと聞かないあなたが悪い


と聞き手に責任を押し付ける姿勢を

貫くことは簡単です。


ですが、

視点を変えると、

話し手に問題があるから、

聞き手が


・こんな人の話など聞くに値しない



と耳を貸さない面も否定できません。



話し方のスキルは

練習することで、身に付くため、

差が出やすいスキルです。


その人の性格や才能など、

先天的な要因によって、固定化される

類の能力ではありません。


そのため、

やればやっただけ上達します。


まずは、

話す。伝える。という行動の

本質を知ることが、

人を動かすコミュニケーションを

習得するための第1歩です。


>>人生を変える!コミュニケーション術 人気投稿ベスト27へ戻る<<


人生は変えられる!



自己紹介

自分の写真
平社員で入社して9年で取締役まで登り詰めた経験から、コロナ禍の時代を生き抜く、人としての器を広げるための情報を様々な話題から発信中!                      問い合わせいただく、記事転載希望のご質問ですが、リンク、転載元を明記していただければ、全記事、転載自由です。

Twitter

【無料】読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

ブログ アーカイブ

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ