【保存版】Catchy AIライティングツールを使ってみた114人の評判は?無料登録して使用する手順など徹底解説

2024年3月20日

厳選ビジネスサポートサービス

t f B! P L

                     記事は広告・プロモーションが含まれてます

Catchy


ネットでバズリ中!

※無料お試しだけならお金はかかりません



この記事では、

『Catchy(キャッチー)について詳しく知りたい』

『実際にCatchy(キャッチー)を利用した、生の口コミ評判を確認してから利用するか決めたい』

『Catchy(キャッチー)のメリット、デメリットを確認してから利用するか検討したい』


など、Catchy(キャッチー)を初めて知る方をはじめ、

AIライティングツール選びを決めかねていたり、

悩まれている方向けに、まとめています。


主にブログなど記事作成がメインでAIライティングツールを探されている方は、

ChatGPT搭載のCatchy(キャッチー)はおすすめです。


数あるAIライティングツールの中でも、

口コミで信用度が高く、評判の良いCatchy(キャッチー)について、

最近申し込みした方の口コミ評判、利用する上でのメリットやデメリット、

Catchy VS ChatGPTの使用感比較レビュー・口コミ評価、

申し込み検討の際によくある質問まで、詳しく解説していますので、

忙しく、後で確認したい方は、ブックマーク等しておくと便利です。


AIライティングツールでCatchy(キャッチー)を検討されている方は

業務効率化に向けた施策として参考にしてみてください。


ネットでバズリ中!

※無料お試しだけならお金はかかりません



Catchy(キャッチー)とは

Catchy(キャッチー)とは


「Catchy」は、キーワードを入れるだけで、
AI(人工知能)が集積した膨大なテキストデータを元に、
自動でキャッチコピーやテキストを作成してくれる
国内最大級のアシスタントツールです。

起業家のけんすう氏が着目したことで、SNSでも話題に。

また、NHK、日本テレビ、TBS、TOKYO MXなどのテレビ番組はじめ、
多数のマスコミで紹介され、
会員数が90,000人を既に突破している、今注目のツールです。

Catchyを活用することにより、
資料作成、キャッチコピー生成、メール文、
記事作成などの文章作成業務を効率化したり、
新規事業の企画立案におけるアイデアの幅を広げたりなど
様々なシチュエーションでご利用いただけるのが
このサービスの強みです。

※「Catchy」は務上必要なソフト(消耗品費)として経費処理が可能です。

この記事では、
キャッチーの評価や口コミ、サービスの特徴を徹底解説していきます。


株式会社デジタルレシピの展開する
Catchy(キャッチー)について説明している動画を
まずはご覧ください。

参考動画:【Catchy】サービス紹介動画



ネットでバズリ中!

※無料お試しだけならお金はかかりません


Catchy AIライティングツールを使ってみた114人の評判

Catchy(キャッチー)の利用者99人のレビュー・口コミ評価


Catchy(キャッチー)について、
最近のSNS口コミ評判を調べてみたところ、
サービス内容に関する口コミが
X(旧twitter)で発信されていましたのでご紹介します。 ※一部抜粋

SNSに流れている情報は公式サイトでは
リサーチできないディープな情報が多いです。

公式の場では絶対に語らないような
心情を吐露しているものが多いため
その分野の人々の生々しくリアルな感覚を
自分の中に取り込むことができる点、
また公式情報の裏付けを取るために、有効な情報取集手段です。

情報収集の順番は、
必ずオフィシャルな情報をスタート地点に置き、
それらの情報をきちんと抑えた段階で
ディープな情報に進むようにしましょう。

そうすることで、より的確に情報の取捨選択が可能になります。

ネットでバズリ中!

※無料お試しだけならお金はかかりません



Catchy VS ChatGPTの口コミ評判・使用感比較レビュー

Catchy VS ChatGPTの使用感比較レビュー・口コミ評価



CatchyとChatGPTの使用感を比較してみて
どのような口コミ評判が発信されている傾向にあるのか棒グラフ化してみました。

Catchy VS ChatGPTの口コミ評判・使用感比較内容の内訳

ブログやキャッチコピー作成ならCatchyを推奨
44%
Catchyならプロンプト生成機能がある
30%
日本語に強いのはCatchy
9%
CatchyもChatGPTもあくまで補助ツール
9%
ChatGPTの方が使いやすい
4%
Catchy・ChatGPTの両刀でWEBライター月収40万突破
4%
ブログ・キャッチコピー作成であれば、 Catchyを推奨している方が4割以上占めており、
また、ChatGPTにはないプロンプト生成機能を評価している声も約3割占めてました。

他にも、どちらを利用しても最後の仕上げは人間が行うため、 
あくまでも補助的なツールであるという声も一部見られました。

今回の独自調査内容をまとめる上で情報源とした
実際に発信されている口コミ評判の内容については、 
下記にまとめてますのでCatchy利用検討の参考にしてください。

【保存版】営業・マーケで使える最新AIツール

汎用 Chat GPT
文章作成 Notion AI
記事、コピー作成 Catchy
検索 Perplexiy
議事録 AI GIJIROKU
メモ Fire files
スケジュール Timely
プレゼン Gamma
メルマガ Letter
英語文章添削 Grammarly
ブレスト miro
YouTube要約 YouTube Digest
課題予測分析…

— しょーたニキ@ITプリンス (@f_bby__shota) February 25, 2024

 (引用元:X 旧Twitter)

チャットGTPとCatchyなら断然チャットGTPな気がする🤔Catchy課金したのにな。まだまだ良さが分かってないだけかな!!AIうまく活用して外注化を避けたいー🤧⚡️

— かわの (@wwwopowwwbb) February 28, 2024

(引用元:X 旧Twitter)


姐さんAIときたらマニアの僕の出番ですね←

文字数の関係でごく一部で主にマーケティング用ですが、
①Insight Journey
一瞬でペルソナ生成

②ペルソナAI
一瞬でペルソナ生成

③Catchy
ライティング特化のAIでChatGPTより高性能


④MusicGen
文字を入力するだけで音楽生成

時短過ぎて神ってます🥹

— Nagatsuki |Webマーケティング×心理学 (@nagatsuki_marke) September 17, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

AIでブログの記事を書くならChatGPTも良いけど、Catchyもおすすめ。
複雑なプロンプトを入力しなくてもSEOを考慮した記事が作れる。
これが無料から使えるなんて凄すぎる。
ブログ初心者の人はぜひ試してみて!

— じゅん|ChatGPT×ブログ (@40JUNBLOG) July 15, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

生成AIと聞くとChatGPTが思い浮かぶけど、ブログに活用するならCatchyを使うといいと思います。記事作成ワークフローがあって順番に作業すれば記事ができちゃう。時間短縮👍🏻
あっ!でもね、最後は自分で読んで肉付けや校正しないとだめよ。

— まっしー🫐お手軽ダイエッター (@asamaberry) July 14, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

CatchyってGTP3ベースだし全然使えんやんと思い込んでいたが…
ちゃんとSDベースを作り込むと、Catchyの生成AI用プロンプト生成機能で特に背景のクオリティが爆上がりすることが判明😇
使えんとか言ってすみませんでした😇 

— むらさん@ブロガー (@murablog201) June 8, 2023

(引用元:X 旧Twitter)


ChatGPTとCatchyの違い
ChatGPTとCatchyの違いは、以下のようにまとめられます。

- ChatGPTは、会話型AIであり、与えられた入力に対して人間らしいテキストを生成することができる。Catchyは、会話入力に対して文脈に応じた返答を生成することに特化した自然言語処理(NLP)エンジンである。

— NFT/AIで新時代を切り開こう! (@satoshi_60)June 1, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

- ChatGPTは、英語に強く、日本語に弱い。Catchyは、日本語に強く、英語に弱い。
- ChatGPTは、無料か、課金でも月々20ドルで利用ができる。Catchyは、無料プランもあるが、有料プランは3000円/月か9800円/月である。

— NFT/AIで新時代を切り開こう! (@satoshi_60) June 1, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

- ChatGPTは、リライトツールとしては不向きであり、不正解や意味不明な回答を生成することがある。Catchyは、リライトツールとしては優秀であり、高品質な文章を作るために必要な機能を搭載している。

— NFT/AIで新時代を切り開こう! (@satoshi_60) June 1, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

- ChatGPTは、自由度の高い文章生成やクリエイティブなアイデア出しに向いている。Catchyは、目的や条件が明確な文章生成や効果的なコピー作成に向いている。

— NFT/AIで新時代を切り開こう! (@satoshi_60) June 1, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

- ChatGPTは、思い通りの文章を生成するためには正確なプロンプトが必要である。Catchyは、プロンプトを意識しないで簡単な例文入力で文章を生成できる。
- ChatGPTは、画像生成やWEBブラウジングなどの高度な機能が使える(有料版)Catchyは、記事作成や広告コピーなど多彩なジャンルに対応している

— NFT/AIで新時代を切り開こう! (@satoshi_60) June 1, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

リサーチはChatGPTで良いのですが、ブログのような長文は、はっきり言って使い物になりません。ライティングに関しては、Catchyという別のAIを使っています。この2つを上手に使い分けることで、Googleに好かれる記事を書く事ができます。

— アクセル先生 (@axcel0901) May 30, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

生成した文章をそのまま記事にするとAI臭がする
ChatGPTやCatchyのようなAIライティングツールを使う側からするとAIで書いた文章はわかります。
表現が野暮ったかったり等、違和感があります。
なので、記事作成の参考にし、すべてではないものの自分で書く必要があります。

— なまず屋@読書×実践=アウトプットが追いつかないブロガー (@namazuyablog) June 2, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

chatGPTが界隈をにぎわしてますが、プロンプトという名の呪文を考えるの大変じゃないのかなぁ、と思う。
それよりもCatchyみたいに知識のある人が作ったAI文章作成ツールでPDCAを高速で回して、自分で手直ししたほうが記事制作のスピードが上がると思う今日この頃🤔

— なまず屋@読書×実践=アウトプットが追いつかないブロガー (@namazuyablog) March 23, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

chatGPTじゃなくて、bingですね😁
Catchyの魅力は生成ツールがあるので、使う人を限定しないところです。
だから初心者でもPREPで記事を書いてもらったり、それ見て学べるしスマホもOK!

bingもchatGPTもプロンプト(指示)の自由度が高いので、テクニックが無いと意図した文章が作りにくいですよね。

— しまじろう🤖AIライティンガー (@simajiro_simple) March 20, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

📕ブログのAIライティング✏️

ライティングに使えるAI“Catchyと“ChatGPTを2週間利用して分かったこと👇

・記事のアイデアや導入文、目次の生成にはCatchyが適している。
・ブログ本文はChatGPTの方が自然な日本語を生成してくれる。

目的に合わせて使うのが大事👍

— ひろ@本気のマネタイズ (@finance_hiro) February 24, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

ChatGPTが人気だけど、前からあるCatchyが便利すぎる!

日本語がっつり対応してるし、記事作成とかいくつかステップを踏むから、思ったようなことを一発で書いてくれる!

— Kensy / フリーランス (@dezainaz_ceo) February 22, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

おはようございます!
昨夜は遅くまでAIと会話をしていました。 あまり面白いことは言ってくれませんが、会話は成り立つので結構飽きません。 Catchy、ChatGPTが人気ですが、気軽に会話をするならChatGPTがおもしろいです。 ライティング(記事作成)ならCatchyの方が使いやすいでしょう。

— リュウ@副業ライター (@ryu__silver) February 21, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

AIライティングの活用で月収40万の壁を破れました!
AIはcatchyとchatgptの両刀です。(ほぼcatchy)
どのジャンルにどれくらいAIを活用するかで勝負が決まりますね…
AIの癖もだいぶ掴めてきましたし、研究し甲斐があります!

— とかいかん@Webライター (@taiyan300) February 15, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

OpenAIによるAIツールが話題ですね。 Catchy、ChatGPTが人気ですが、ライティングなら今はCatchyの方が使いやすいかな?という感じです。 どちらも最初は無料で使えてとてもおもしろいので、まだの人はぜひ使ってみるべきです。 もうすぐ本当にライターがいらなくなるかも

— リュウ@副業ライター (@ryu__silver)  February 9, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

キャッチコピーのアイデア出しに悩んだら、Catchy(キャッチー)やchatGPTなどのAIを使うと便利。「別の言い方で」とか「キャッチコピー考えて」って指示を出せば色々なアイデアを出してくれる。キャッチコピーを考える時はCatchyの方が実用的な文章を書いてくれる。AIサービスにも得意不得意がある。

— かみぺん@ブログ投資主夫 (@kamipen256) December 30, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

基本的にAIライティングツールはすごく便利です。
本気で使うのであれば、ChatGPT・Catchyともに秒で課金推奨です。
しかし、人によって状況は違うので無料版で試してみるのもありかなと思います。
とにかく、一度体験してみる価値は絶対にあります。

— なまず屋@読書×実践=アウトプットが追いつかないブロガー (@namazuyablog) June 2, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

会社のSEO担当にAIライティングの最新事情について聞いた。
日本語に対応していてChatGPTより実務に使える評判もよい候補は2つ。
Katteb 文章の精度が高い。FACTチェックしやすい。
Catchy 文章も良くUIが使いやすい。
他ツールも5個くらい候補があり日進月歩で凄まじい進化をしている。 

— 松本竜弥 (@matsumotoryuya) February 9, 2023

(引用元:X 旧Twitter)


ブログなど記事作成でのCatchy(キャッチー)口コミ評判・レビュー

ブログなど記事作成でのCatchy(キャッチー)口コミ評判・レビュー

ブログなど記事作成での使用感について
どのような口コミ評判が発信されている傾向にあるのか
棒グラフ化してみました。

ブログなど記事作成でのCatchy口コミ評判・使用感内容の内訳

出来上がりの質が思った以上に良い
39%
作業効率が大幅に上がる
34%
生成機能が多彩で使いやすい
19%
記事の表現力がアップする
5%
仕上げは人の手での修正が必須
3%

生成された文章の質が思った以上に高く、 
作業効率が大幅にアップするという使用感が全体の7割を占めていました。 

また一部で、たたき台はAIに任せて、 
仕上げは人の手で完成させることが必須であるという声も見られました。 

今回の独自調査内容をまとめる上で情報源とした 
実際に発信されている口コミ評判の内容については、 
下記にまとめてますのでCatchy利用検討の参考にしてください。

 

今回使ったAIツールはCatchyを使いました。ブログの文章作成に優れたツール。5000文字を見出しをコピペするだけで15分で作れます。あっという間に書けるので、すきま時間でもブログを書くことができます。

— サトユウ@AIライティング辛口評論家 (@ys113011) March 17, 2024

(引用元:X 旧Twitter)

AIの進化により、記事作成が加速!日本産「Catchy」は日本語に最適化された時短の秘訣だ!高い?その価値、体験せよ!AIが切り開くライティングの新境地に心躍る! 

— たかあき記事作成代行 (@kijidaiko) March 18, 2024

(引用元:X 旧Twitter)

利用しているAIツール
①Catchy
日本の会社が作ったAIなので、全部日本語なので、わかりやすい。AIに支持を出さないで、文章を書いてくれるので、記事作成が10分前後で終わるので、時間短縮におすすめ。料金が割高なのが、唯一の残念ポイント。

— サトユウ@AIライティング辛口評論家 (@ys113011) March 17, 2024

(引用元:X 旧Twitter)

他の色々とAIも触っているけど、未だに簡単という意味でCatchyを越えるライティングツールはないなあ。

— アクセル@1文字も書かないブログの先生 (@axcel0901) May 13, 2024

(引用元:X 旧Twitter)

Catchyはテキストに特化したAIツールです。
プロンプト不要で記事設計さえあれば、30分で6000文字くらい余裕で朝メシ前。外注とは比較にならないコスパの良さです。
迷っている人は損しちゃいますね🙂

— えのは@AI×SEOブログ (@enoha2024) January 14, 2024

(引用元:X 旧Twitter)

【ブログ×AI】テキストAIをいろいろ試しています。最近Catchyを使ってみましたが、結構混んでいて待たされます。無料だから?課金すると早くなる?こうなると待たずに使えるAIを探したくなりますね。

— るき@6年目主婦ブロガー (@rukiblog123) December 17, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

やっと今日のブログ作業終了。WordPressはこれまでブロックエディタを使っていたのでクラシックエディタはまだ少し慣れないが、昨日よりは楽になった。AIライティングもChatGPTからCatchyに変更。まだピンと来ないが、とりあえずやるべきことをたんたんとやるのみ。 

— フートン (@whoton_blog) September 5, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

AIのライティングツールを使ったことがない人は、無料版でいいから使ってみてほしい。クレジットなしで無料登録出来るの楽でめっちゃ良い…

ちなみに私はCatchy使ってます🙂

— くきの@ブロガー (@kukinoblog) June 30, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

Catchyならプロンプトを意識せずにあらゆるシチュエーションの文章を生成できます。プロンプトに疲れた方におすすめの文章生成ツールです。AIは使うことの敷居が下がって初めて使えるツールになります。100種類を超えるツールで文章を効率的に作ればあなたの時間を生み出すことができます。

— NFT/AIで新時代を切り開こう! (@satoshi_60) May 12, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

私は商品の説明文のライティングを仕事の主にしています。直感的にキャッチーな言葉が浮かんではいるものの、その表現を平易で滑らかな文章にするのは苦手です。そんな私にはAIリライティングアプリ「Catchy」が革命を起こしました!これは使える(驚)
広告では無い💦 

— ただのシロクマ (@lovealbum26) May 16, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

デイトラデザインコースの課題でインタビュー記事を載せようと思って、文章をCatchyていうサービスでAIにつくってもらったんだけど、もうもはや人間。感動。

— mooooon/ webデザイン勉強中 (@mooooonnico) April 27, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

AI(chatGPT, Catchy...)のおかげでかなり仕事効率上がってて本当にありがたい!
メール作成や文章作成の叩き台は一切自分で書かなくなった

— Sakamon (@sho_sakamon) February 23, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

和製chatGPT、catchy。キャッチーと発音。ネームセンスあるなぁと共にさっそく出力してもらったけどこれ…そのまま納品できるやん、というレベル

— AI小学校【やりたいしごとが見つかる!】 (@aigradeschool) March 4, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

チャットGPTはよくエラーが出ますね。その点Catchyはすんなり文章作成できます。ただ、無料だと1ヶ月で使える範囲が限られているので、使いにくいです。個人的には記事作成しやすいのはCatchyの方ですが、これからどうなるのやら?

— yamamu_アウトドアを書く人 (@yamamu_01) March 3, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

Catchyによる記事作成タイムアタック。トピックはスキンケアとコスメです。商品名は実在のものが挙げられていて驚きました。音声入力を併用して作成。コツメになったり消し忘れの文字もありますが記事作成できています。本文だけなら1分程度で完了。 

— AI文章の研究所 (@ai_writing_labo) February 28, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

CatchyにNFTについてのツイートのネタを考えてもらいました!

日本語に特化したAIライティングツールなので使いやすいです。
断り文句なども考えてくれるので面白いです!

— カワタツ@テスラ×田舎暮らし×NFT (@kawatatsu39) March 8, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

AIライティングで話題のCatchy を契約しました👏 今使ってみたのですが、まず単純に面白いですね。新しいものにはワクワクします。 そして、リード文がすばらしいと思いました。使い方次第で超時短ですよ。まじで

— 龍生(りゅうき)@webライター (@webryuki) February 12, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

AIライティング【Catchy】
「2025年にビットコインはどうなる?」を題にこんな回答をしてくれました。「早い・的確」で驚いた!

— かなとい@暗号資産・NFT (@kana_cryp) February 13, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

AIには検索・情報の整理を任せるのがよさそう。
Catchyで見出しの文章を書かせ、PERPLEXITYで検索を補助
たとえば、「サイバーセキュリティ用語と導入事例」みたいな記事にはぴったりです。
ただし、CatchyもPERPLEXITYもときどき適当なので、最終的には自分で検索する必要があります(笑)

— 高橋 聡-SEO上手なWebライター (@Anti_Neolibe) February 15, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

Chat GDPで、質問して要約ができて。Catchyで記事本文を生成(見出しは自分で考える)したら、まとめまでほぼ完璧にやり遂げてくれた。なんだもうAI強っ。

— かまこー ∥デジマPM &デザイナー🇨🇦 (@kamakow) February 7, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

国内最大級のAIライティングツールである、「catchy」はバラエティに富んだ文章を作成できるのが特徴です。
無料版だと一カ月につき最大10個しか文章を作成できないのが欠点ですが、機能が充実していてコピーライティングも行えるので、記事作成のアイデアを探している方におすすめです。 

— 品田 裕希@Webライティング×ブログ (@s7YXFIKtMdWeww9) February 6, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

衝撃的でした。サロンメンバーさんにAIライティング「catchy」を使ってSEO記事を複数作ってもらったけどクオリティの高さに驚愕。あと数年でAIを使いこなせるWEBライターが生き残れる時代になりそう。うちは「AI×WEBライター集団」で起業家様のブランド力を目的としたブログ短期構築サービスを検討中🖋

— ケント@女性ライター育成専門家 (@kenjinwriting) February 6, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

💰ブログ記事制作💰
今日は本業が休み。AIライティングが気になって、Catchy @ai_copywriter で色々試してみた。何がすごいって、ブログ記事を作る時間と脳の糖分消費量が全く違う😙書きたいタイトルから、AIに見出しと記事本文を書いてもらった。ちょっとだけ手直ししてすぐ完成♪こりゃすごい!

— ひろ@本気のマネタイズ (@finance_hiro) February 5, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

AIライティングツールのCatchyを使ってみた。プレスリリースの文章も提案してくれるようになっていて驚き…。でも他の人が言っているように、あくまでも“ツール”として使いこなす技術が必要そうな印象。記事しかり、プレスリリースしかり、ターゲットを想定してどう書くかが腕の見せどころですよね。

— TERU@コピーライター (@period_and_01) February 5, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

「すごい文章を書くAI」で話題の”Catchy”
そのAIに「Twitterの問題点」を書いてもらいました。
精度はまだまだですが、正直、もうここまで来たか…という感じです。
無料体験できますので、ライターは一度使ってみる価値ありです。

— こじこじさん | WEBコンサルタント (@kojikojisan999) February 7, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

#catchy で記事を書いています。と言うと100%AIが生成した文章をクライアントに提出していると思うかもしれませんが、そうではありません。たとえばリサーチしていて分かりにくい言葉しか思いつかなかったとき「小学2年生でも分かるように説明して」とAIにお願いしてみる、といった使い方もできます。

— 佐藤ミツル | 40歳から副業Webライター (@mitchy0188) February 2, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

Catchyで作成
合ってる?かは謎ですが、これを数分で作ってしまうんですから。
今後はAIライティングを使いこなせないと生き残れないのかもしれませんね。 

— くまをログ【商標ブログ推し】 (@kumawo00b) January 27, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

AIで文章を書ける技術が休息に伸びています!
我々webライターはAIを使いこなして文章を書いていかなければ生き残ることはできません!
2023年はAIライティングの年になると思います!
だから今のうちに
✅チャットGPT
✅catchy
は触れておいた方が絶対にいいです!

— よーた|パパ✖️副業ブログ・Webライター (@kurayota0714) January 24, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

AIライティングアシスタントツールのcatchyを使った感想。確かに噂通りですごいツールだと思う。ただこれで今すぐライティングのスキルが不要になるかというとそれはない。間違いなくツールとしてはこれから加速度的に成長するとは思うけどコピーライターの職が脅かされるなんてことはだいぶ先ですね。

— 朝比奈 聡|マーケティング顧問10社のマーケター (@satoshi_asahina) January 22, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

AIに「鹿児島は飯がうまい」ことについて記事を書いてもらったらなかなかそれっぽい文章を書いてきてくれました。
まだまだなところもありそうですが、多分そのうちAIが書いた文章を当たり前に目にする世の中がやってきそうな雰囲気が漂っていました、という話。

— 鹿児島のWebメディア「カゴシマニアックス」 (@Kagoshimaniax) January 18, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

AIライティングのCatchyをベースに書いた記事ですが、かなり健闘してくれてます。
もうすぐ1ページ目に入賞できそう。
ドメイン強くない放置気味のサイトでこれなら、十分戦えるんじゃないでしょうか?
記事はこれ↓

— サンツォ@マクサン (@UNDERCOVER_ing) January 20, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

(収益記事ではないけど)おもちゃを紹介するのに使いたい幼児教育理論の記事の土台をCatchyで作りました。クレジット節約のため、タイトル、導入文、見出し、チャプター概要を書いて本文のみ出力。AIはやはり定義説明は得意ですね。
増量中の無料クレジットだけでたくさんの下書きができました😊

— おった@おったのおもちゃ手帖 (@OtterMam) January 12, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

catchy使ってから執筆スピードが爆上がってる。使い方としては、本文の書き方の参考にしてる感じ。もちろんそのままは使ってないし、構成作成はまだ自分でやる方が良い(AI構成レベルは微妙)しかし、書きたい内容はかなり合ってる。優秀なツールだわ。

— はっしー/副業Webライター (@hassy777happy) January 9, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

AIによる記事制作機能「Catchy」を使ってみました🖋️
主人の会社をモデルケースにして作成しましたが、かなり精度が高い・・・!ちょっと手直しするくらいで済むから、飲食店さんなどお店の紹介ならリーズナブルに記事を量産できそう。#WEBライター も、うかうかしていられませんね😅

— 矢口ミカ@不動産ライター (@yagu_mika) January 6, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

AIライティングを10日くらい継続中。
役立ってるのは記事のボリューム増やしですね。例えばcatchyだと、ざっくり記事を作って「短文を長文に」に入れるとボリュームが増える。出てきた文章の良いところだけ採用して肉付けしています。新記事でもリライトでも使える。記事構成は自分で作る方が楽。

— ブログをかくネコ (@blog_neko_) January 5, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

5分ブログ活。リライトにCatchy使ってみました。ぶっちゃけラクしたい〜と浅はかな動機を持ったけど、これ初心者の私には文章の勉強になる方が大きいのでは。作業効率アップより添削に近い?有料会員になろうか本気で悩む。有益な自己投資になるかな。

— れいか (@REIKA_10manSHE) January 3, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

AIライティングアシスタントCatchyを試してみました!
「試してみることに失敗はない」という短文から、長文を自動生成。こんな感じ。
ライターのお仕事、将来どうなるのじゃろ。 

— まる@読書会とか勉強会 (@writer_program) December 30, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

Catchyという「AIライティングサービス」を、2週間ほど使いました✍️
操作にも慣れてきて、500文字のブログ記事なら「5分」で書けます。
おかげで無風状態だったnoteに読者が来ています😁
自分で書いた記事よりも「いいね」がつくのはショックですが…😭

— キタノドロップ 2月20日「NFT投資の確定申告」Kindle本を発売予定! (@kitanodrop) December 30, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

こないだデザインカンプにダミー文章入れるために、はじめてCatchyっていうAIが文章作成ツール使ってみたのだが、っぽい文つくってくれて結構良かった!

— Anna 🇨🇦 |Web/UI Designer| Vancouver (@anna_as_she) December 28, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

#Catchy の「画像生成AIで使える英文を作成」の機能を使っているんだけど、これまで自分が作ってきたAI画像とは違うテイストのが作れて楽しい。ここで作った英文をmidJourneyに入れてるんだけど、楽しすぎる✨

これは…使い方が無限大ですな🧐

— 夜桜りこ🦄Canvaムービークリエイター (@riko8webwriter) December 24, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

Catchy試してみたけど、私、初心者目線では正直難しい。修正が必須なだけに結局人のライティング能力に左右されるから、コレを使ったからグングン行くぜーーとはならなそう💦
ただ一人で書くという毛色のブログにとってはブレストの相手がいるような感覚なので、新たな視点が見つかるのは便利そう🤔

— ちゃんまる@累計1万人以上スタイリング (@samyu61326599) December 24, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

Catchy試してみたけどこれはすごい...
上手く活用できれば格段に効率上がりそう🤔AIライティングが普及すれば、より実体験とか人にしか書けないものが大切になってくるよね...

— まる✳︎サブスク (@subscgirlmaru) December 24, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

◎AIが短文を文章にする
◉短文を入力するだけで、長文を自動生成してくれる。
(実例)16文字の短文を入力すると、574文字の長文を生成してくれた。
★見出しだけで本文を書いてくれる感じですね。長文執筆が苦手な僕には、めちゃ便利なツールです。

— 吉村かずや@銀座通りパソコン教室 (@k_yoshimura) December 24, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

日本語の言い回しにきちんと対応できるAIがかなり出始めてます。私はCatchyをよく使うのですが、リライトの精度は実用的です。もちろん人間側がそれを校正できなければなりませんが、いわゆるまとめ記事は、元文献さえきちんとしていれば圧倒的時短が可能になります。

— とかいかん@Webライター (@taiyan300) December 23, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

AIライティングを使えば、誰でもそれなりのサイトを作れてしまう。これからはAIライティングを使いつつ、自分の主観を入れたり、感想を入れたりして、サイト制作する感じになっていくのかな。というより、もう既にそうなっているのでしょう。私もそろそろAIライティングを導入せねば...!

— ミスティー@専業ブロガー (@misty_blog) December 21, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

NotionAIとCatchyを併用しているが、NotionAIは日本語では内容が薄い感じがする。Catchyは内容が濃い。

— hidekazu shikata (@l4ibe) December 21, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

AIライティングのCatchy申し込んでみました。これほんまにすごいです。
あっという間に無料の分を使い切ったので、とりあえず月額プランに。
これブログ以外にもかなり使える!
ちょっと堅苦しい言い回しもあるけどそこは自分の言葉に変えます(^^)

— かりん@秘書歴15年|ブログ歴13ヶ月 (@karin_ran) December 20, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

昨日に引き続き、今度はAIチャットツール「catchy」てのを使ってみたで!ワシのブログの簡単な紹介文を入力したら、なんと12通りのキャッチコピーを作ってくれたで…。文章がぎこちないとこもあるけど、ワシもハッとさせられるええキャッチコピーがあった。AIの力って、すごいで…。 

— カピまる🐹Webマーケティングスクール体験談発信中やで (@kapimaru_blog) December 20, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

初めて書くテーマで記事構成がまったく思いつかず、ちっとも書き出せなかったのでCatchyっていうAIライティングやってみた。トピックは?タイトルは?導入文は?見出しは?本文は?と1つ1つ提案されながら進めていけるので「AIとわたしのブレインストーミング」って感じでよきだった!おすすめ!

— ちよこ@高単価特化Webライター (@atschool_chiyo) December 20, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

AIがライティングしてくれるツール「Catchy」のPro版に登録してみた。
1300文字がワンポチで作れる夢のような機能😊ただしAIが作った文章に人間味を持たせるのは自分なので、ブログ記事を簡単に量産できるわけではない。そもそもGoogleはAI記事を見抜くので、甘い考えは捨てて共存しようと思った😂

— 裕(ゆう)@4桁ブロガー×インスタ (@knlBUVRePbLjwZ5) December 18, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

AIツールであるCatchyでTwitterのプロフィール文章を作成してみたけど、意外に良さげな文章が生成された🤣
そのまま採用できる程の精度はまだないから、少しリライトしたけど、プロフィール文考えるのが面倒な人にはおすすめかも。
他だと履歴書の自己紹介欄、とかにも使える感じがする。

— TAKUMA|デジタルノマド (@OkaTakuma1) December 15, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

最近、完全にAIライティングツールにハマってます!
色々と試していますが、あくまでも補助的な使い方になりそうですね!
ただ、時間効率化には最高のツールになりそう!
たとえば、記事執筆を自分とAIで半々でおこなうとかは、余裕でできそう!
既存記事の追記とかも有効ですね!

— Katoyoshi@ローカルSEOの専門家 (@katoyoshi0723) December 13, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

文章AIでブログを5記事書いて分かった、AIに指示を出す時のポイント

・接続詞を使わず、一文一文区切る
・慣用表現などは使わず、文章をシンプルに
・変に語尾を重ならないようにする必要はない

一文一文を短くシンプルにすることが大切だと思います。AIが認識しやすい文を書く力大切になりそうです

— ニッケル@NFTを愛する高校一年生 (@Nikkeru0) December 10, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

これからの高度チャットAI、小説家や漫画家には必須になるかも…こういう使い方すると強い。あらゆる分野の表現力が上がりそう。 

— 深津 貴之 / THE GUILD / note.com (@fladdict) December 1, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

5000字超え(原稿用紙14枚)原稿。
文章AI #catchy これだけのボリュームになると、AIで一発で出すのは無理。構成と仕上げに、人間がどうしても必要。
しかし、これも慣れれば、執筆時間を1/3くらいには圧縮できそう。ありです。

— はちえん。坂田誠 (@nyattta) November 22, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

AIを搭載した文章作成ツール使ってみた。ちなみにツール名はCatchy。完成品は要添削だったが、予想以上の出来栄えにビックリ。(上から目線でごめんなさい🙏)あと数年のすれば、AIがSEOライティングするようになるのではないかと焦る😅ネットで拾った情報並べてAIが執筆みたいな感じ。ずばりAIライター

— ひがし@健康・医療系Webライター (@higashinkyu) October 26, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

AIライティング「Catchy」がどんなものか気になったので試してみました
タイトル、リード文(導入文)、見出し
で5分
「Catchy」で本文作成(今回は1000文字程度)
で数秒
WordPressに貼り付けて、修正し完成
ブログ記事1本であれば、なんと10分でできます
雑記ブログなら、かなり使えますね

— かたふみ@月1冊本を読んで知識を増やす (@katafumi_books) October 24, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

おはようございます。
・記事作成(6000字案件)
AIライティング のCatchyをちょっと使ってみましたが補助ツールとしては非常に優秀と感じました。将来的にはライターの仕事も大部分がAI化されるのかな。今のうちににスキルを磨く必要がありますね。

— いのふみ@複業×不動産ライター (@togaly0317) October 12, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

AIコピーライティングのCatchyを最近いじっている。楽しい!発注者の指示の仕方で原稿が変わってくるのはAIもライターも同じだと思っています。能力と用途、そして何をインプットするか。モチベーションと労務、仕事量の管理がいらないのがAIの強みかしら。AIライティングは今後もとにかく触っていく。 

— ヤムラ(ライター)「オウンドメディアニュース!」創刊・編集長(編集プロダクション・PR会社を経営 (@omn_writers) July 24, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

バズってるCatchyがすごい。AIが自動でライティングしてくれるので、最も頭を使い、最も時間を使うライティング作業が軽減されるかも。

最近のAIの発展を見ると、少数精鋭でAIを使いこなすメンバーを集めた方が、大人数の組織より、多くのアウトプットを出せる時代が来そう。

— Daisuke Kawabata (@1spread_das) September 4, 2022

(引用元:X 旧Twitter)


マーケティングでのCatchy(キャッチー)口コミ評判・レビュー

マーケティングでのCatchy(キャッチー)口コミ評判・レビュー


Catchyは、記事のアイデア出しや戦略・企画の提案、相談もできるなど、文章生成以外の機能も備えています。また、リライトや要約にも対応しており、100種類以上の文章やコンテンツ生成ができます。無料プランでコストをかけない運用もできるため、利用価値は高いと言えます。

— NFT/AIで新時代を切り開こう! (@satoshi_60) June 1, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

AIコピーライティングのCatchyにGoogle広告のタイトルと説明文の生成メニューがある!素敵すぎる!
やっぱりPR・マーケティング系はCatchyが相性いい。 

— はな (@__hana__jp) March 21, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

AIライティングのCatchyのProの月額¥9,800のやつ、一見クソ高いサブスクだけど重宝してます。思考停止状態になったとき、これすごく頼りになる。
実際に仕事でも活用してて、私は0→1にするのに時間をかけすぎてしまうので、0→1をCatchyに任せて、1→100を自分でやるようにしてる。 

— だーす⛩ (@daa_rrs) January 27, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

AIはビジネスやマーケティングなどの分野での利用が増えると思います
ただし、AI自動ライティングツールが完全に人間に代わって文章を生成することはむずかしいと思ってて

将来的にも人とAIが協力して文章を生成する、いわゆる「AIを使うスキル」が重要です

実際にCatchyを使いまくって感じたこと😊

— パパスタ@月1万円ブログで (@papasta7) January 29, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

GPT-3を使ったAIライティングアシスタントのCatchy使い始めたんだけど、ライティングだけじゃなくて企画の相談まで出来るので、Webアプリのアイデアで悩んでる人にはマジでオススメです。トップページのコピーやSNS拡散用の文章も考えてくれるのでぜひ一度お試しください。

— ひさじゅ@Web系転職に強いプログラミングスクールRUNTEQ (@hisaju01) January 6, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

「ごめん。考えるんじゃなくてCatchy使ってくれる?」
これが2023年のビジネスの常識になりそう。Catchy使わないのは電卓使わないで暗算してるのと同じ…。そんな時代がすぐそこに。

— ダニエル🤖AIライティングブログ (@DanielD_AI) January 2, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

AIツールで新規の「事業計画ワークフロー」まで構築できるのは、凄いなと感心した。
ただ、ありきたりな回答なのがちょっと残念な気もするけど、何回か試したら良いアイデアが出てきそう。
こうなってくると最早、アイデア自体には価値がないのかも知れないなと思った🙄

— TAKUMA|デジタルノマド (@OkaTakuma1) December 7, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

これすごい!AIライティングツールなんだけど、記事だけじゃなくて、新規事業アイデアとかも、一つの要素からいくつも提案してくれるだけど!!面白い

— YY Yoko@スタートアップでマーケター (@YYYokoYY1) November 30, 2022

(引用元:X 旧Twitter)


キャッチコピーでのCatchy(キャッチー)口コミ評判・レビュー

キャッチコピーでのCatchy(キャッチー)口コミ評判・レビュー


◽️Catchy/キャッチコピー

日本国内で生まれたライティングツール。キャッチコピー、サービス説明文、テキスト作成に便利。操作性も高い。無料枠が小さい点が少し難点。キャッチコピーを自分で考えるのが難しい場合にサポートとして使うのがおすすめ。

— ナギ| AI活用術×図解 (@nagi__blog) March 4, 2024

(引用元:X 旧Twitter)

【YouTube運営を超効率化するAIツール10選】

AIの活用で制作費/人的リソース削減↓

1. リサーチ ➝ ChatGPT for YouTubers (vidIQ)
2. 動画リサーチ ➝ Eightify
3. 企画考案 ➝ Morise AI
4. タイトル考案 ➝ Catchy
5. 台本作成 → Elite
6. 画像生成 ➝ DALL·E
7. 動画生成 ➝ Midjourney…

— Hayashi (@hayashi_xai) August 31, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

ECサイトの商品説明、タイトル、キャッチコピーなどはAI生成に任せるべきです。自分で考えるよりずっとプロっぽい分かりやすい文章が出てきます。使っているAiサービスは”Catchy”これあれば、EC店舗作りが5倍ほど早くなる。

— カズ@AI×物販 (@ten_oku) June 2, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

バナーデザインに使うキャッチコピー、試しにCatchy使ってAIに考えてもらったらめちゃくちゃそれっぽいものを作ってくれた。すごい世の中…!

— ななご (@evino_osushi) February 22, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

\キャッチコピーをAIでできるらしい…/
キャッチコピーをAIで作成してくれるCatchyというサービスを見つけました!
商品や状況を入れると数百通りのキャッチコピーを出してくれます💡
自分では思いつかない発想が出てきたりするので、ブレストにおすすめです✊✊

— B-HACK(ビハック)マーケのお姉さん (@BHACK_CRAID) January 27, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

FB広告のメインテキストや見出しを考えるの大変ですよね?ライティングが苦手な方にお勧めしたいのがCatchyというAIライティングアシスタントツール。目的にそった生成ツールを選択して概要を入力するとAIが自動で文章を作ってくれます。海外では人が作った広告文を凌ぐ

— かたこり|個人起業家・スモビジ特化FB広告運用 (@kyouyou_onna) October 12, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

私はライティングはCatchyを使ってます。
広告文のパターンを考えてくれるので便利です。

— かたこり|個人起業家・スモビジ特化FB広告運用 (@kyouyou_onna) October 6, 2022

(引用元:X 旧Twitter)


画像生成でのCatchy(キャッチー)口コミ評判・レビュー


 

AI画像作りたくて
CatchyからAIキーワードを作成し
MidjourneyにてAI画像生成。

Discordずーっと稼働してたけど、AI革命で置いてかれそうと実感した。

— ジョーダンベルフォート (@starting420) March 31, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

画像生成AI「DreamStudio」+Catchyで画像を作ってみました。
モチーフは月と魔女。
なかなか幻想的で、子供の物語に出てきそうな画像になりました。
なんかこれ、面白いっすね。

— 高橋 聡-SEO上手なWebライター (@Anti_Neolibe) February 13, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

その他Catchy(キャッチー)機能・使用感の口コミ評判・レビュー


 

catchyを久しぶりに使おうとしたら生成AIツールがビックリするくらい増えてる
ツイートのネタだしやラブレターも生成できるみたい

— まっすー@高校生ブロガー (@masu9111111) September 12, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

【仕事の生産性を爆上げするAIツール】

・beatiful AI:(プレゼン資料の配色などの最適化)
・Looka:(簡単ロゴ作成)
・Khroma:(おすすめの配色を提案)
・Mixo:(1文入力でLP作成)
・YouTube Diget(動画の内容をテキストで要約)
・Steve AI(テキスト入力で動画作成)
・Catchy(用途に応じた文章作成)

— ひじり | 1分で学べるChatGPT活用術 (@hijiri_aitools) June 12, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

AIライティングツールの「Catchy」を使ってみました

すごいですね

不自然なところはありますが
それでも一瞬で生成される


うまく使いこなして
「AIを使う」ことに慣れていこうとおもいます

— キミ|kimi (@kimiken_55) April 29, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

Chat GPTの使い道を考えてみました🙆

・英文の添削
・レシピの検索
・論文の下調べ

ライティングはライティングに特化したAI、Catchyの方が使いやすい気がする。添削やレシピも使い道に特化したAIツールの方が使いやすいのかな?

とりあえず、AIを使った作業を効率化する能力は必須になりそう!

— さき|海外在住🇵🇱社会人大学生 (@saki_poland) April 4, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

AIツール、無料で色々試してたけど...
とうとう課金することにした😇

今まで使ってきた中で「Catchy」が1番操作しやすい!

さっき課金した後に、先月キャンペーンがおこなわれていたことを知った😇

— 波乃おと♬沖縄3.0🏝 (@Nm98685243) April 4, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

Catchyは生成したいモノ専用のツールが最初からあるので、記事向けではありますが、初心者が使いやすい形になっています。
chat GPTだとプロンプトを作るまでが手間ですが、それを簡略化した感じです。
別の言い方すると穴埋めで完成するソフトです。これで伝わりますか?

— しまじろう🤖AIブログ (@simajiro_simple) March 28, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

catchyにログインすると見やすいUIが広がる。今日初めて使ったけどもうファンになりそう。使うツールはひとつまでと遠足のおやつのように決めているので、notoin対catchyをきちんと把握したいな。折角ここまでまとめしこのまま続けようと思います。 

— AI小学校@ラクに働くを実現する (@aigradeschool) March 5, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

チャットGPTと掛け合わせて使えるツール5選

✅文章作成AI copy.エーアイ
✅楽曲作成AI soundraw.アイオー
✅動画作成AI Kaider
✅絵画作成AI midjourney
ライティングアシスタントAI catchy

ちなみにチャットGPTは対話型AIね!

このツール同士を複数組み合わせて使えばもはや人いらず!

— える@やべー集客のプロが行うLINEを使ったマーケティング (@Lstep_11) February 12, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

【続・恐るべしAI】
昨日のchatGTPに続き、今回は「Catchy」。

このオープンAIは…

・YouTubeのタイトル、アウトライン、台本、説明文
・プレスリリース
・事業計画w
までAIが作成してくれる! 

— なおひろ@メルマガの人 (@naohiro168) January 26, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

簡単にですがCatchy(フリートライアル)の使用感。
・操作はそこまで難解ではない印象
・UIもシンプルで比較的わかりやすい
・「ヒント」をもらうのには便利かも
・とにかく「クレジット」が必要、作業(ステップ)ごとに必要、消費数も変動する
・こちらが何を入力するかが重要

— 山口義隆|マーチャントクラブ新宿 (@_gussan_work) December 19, 2022

(引用元:X 旧Twitter)


また公式サイトに掲載されている

実際にCatchy(キャッチー)を利用したユーザーの口コミ評判実績情報です。


Catchy(キャッチー)ユーザーの声


Catchy(キャッチー)の料金プラン

Catchy(キャッチー)の料金プラン


Catchyの料金プランは、
サブスク型とクレジット単発購入型があり、
利用頻度によって適切な料金プランを選択可能です。

また、サブスク型を年額払いにすることで、
通常9,800円→7,840円と20%引となり、
さらにお得に利用することができます。


「無料枠では足りないが、Proプランまでは必要ない」
「毎月単発クレジットを購入しているが、手間がかかる」
という方には、
3,000円~利用できるスタータープランがおすすめです。

※スタータープランの場合の料金

100クレジット:3,000円
200クレジット:5,700円
300クレジット:8,100円

クレジットとは、生成時に消費するチケットのようなもので、
生成内容に応じて1〜5の間で設定されています。

1クレジット:記事のアイディア・タイトル・目次・結論生成
2クレジット:記事導入文、文章リライト
3クレジット:マーケティング戦略
4クレジット:記事本文生成
5クレジット:YouTube動画のスクリプト


CatchyはGoogleかFacebookのアカウントを登録するだけで、
毎月無料で使える10クレジットが付与されるため、
まずはCatchyの実力を実際に体感してみてください。

1ヶ月間で10クレジットでは足らず、
月内にどうしても追加で利用したい場合は、
1ヶ月だけアップグレードする選択もできます。

ただし、契約は自動更新となるため、
更新日の前に解約が必要ですので注意しましょう。

※「Catchy」は務上必要なソフト(消耗品費)として経費処理が可能です。


Cathcy(キャッチー)を無料登録して使用する手順

Cathcy(キャッチー)を無料登録して使用する手順


①Cathcy(キャッチー)の公式サイトにアクセスしてください。




②「クレカ登録不要で無料ではじめる」をクリックしてください。

catchy 無料登録


③GoogleアカウントまたはFacebookアカウントどちらかをクリックしてください。

catchy 無料登録

Catchyの会員登録は、
GoogleアカウントまたはFacebookアカウントのみの対応となっています。

「Googleで続ける」「Facebookで続ける」のどちらかをクリックしてください。
今回はGoogleアカウントで続行します。


④メールアドレスまたは電話番号を入れてログインします。

catchy 無料登録

⑤ダッシュボード画面が表示されれば無料登録完了です。

catchy 無料登録

AI搭載のライティングツール比較 Catchy(キャッチー)vs WordBuilder(ワードビルダー)


項目Catchy(キャッチー)  WordBuilder(ワードビルダー)        
月額料金9,800円5,000円
利用制限無制限無制限
ツール数160以上1つ
文章の質
機能性


ライティングツールは世の中に複数存在しますが、
AIが搭載されているか否かで文章の完成度が大きく左右されます。

ここではAI搭載のライティングツールのみに絞り比較してみました。

無制限で使える条件で比較すると、
費用だけで見た場合、Catchy(キャッチー)の優位性はありませんが、
ツール数で大幅にWordBuilder(ワードビルダー)を上回ります。

さらに、Catchy(キャッチー)はChatGPTが実装されており、
文章の質、機能性が非常に高いため、価格に見合う実力を発揮してくれます。

WordBuilder(ワードビルダー)の利用特徴としては、
サテライトサイト構築を目的として、
質よりも量を重視して記事を作成したい方向けとなっているため、
記事を量産したい方には良いかもしれませんが、
昨今のSEOで重要視されている良品質の記事が上位表示される傾向からしても
質を重視した記事を作成できるCatchy(キャッチー)を検討するのが賢明です。

Catchy(キャッチー)では、費用面を考慮して、
スタータープラン月3,000円~も用意されているため、
まずはスタータープランで使ってみてから
無制限プランへと移行検討していくのも良策です。


Catchy(キャッチー)の3大特徴・魅力


■ChatGPTを搭載したAIシステムを採用

GPT-3を搭載したAIシステム

ChatGPTとは、イーロンマスクなど著名な投資家たちによって
2015年にサンフランシスコで設立された
人工知能研究所OpenAIが開発している自然言語処理システムです。


ChatGPTは、人間と同程度に流暢な言葉を生成することが可能で、
ABテストサービスのVWOが2021年8月に、
人間 VS ChatGPTのweb広告の成果を競うコンテストを開催し、
ChatGPTは7戦3勝1敗3引き分けで人間に勝利しました。

この勝利によって、人間に匹敵する
広告の成果を発揮することが証明されています。


■150種類を超えるアウトプットパターンを用意
100種類を超えるアウトプットパターン

用途に応じて、150種類以上の生成ツールが使えます。

キャッチコピー、商品説明文、事業アイデア、
広告、資料作成、webサイト制作、セールスレターなど
様々なシチュエーションに応じた
アウトプットパターンが用意されています。


 ■あらゆるマーケティングシーンを網羅


あらゆるマーケティングシーンを網羅


マーケティングアイデア

ターゲットユーザーの明確化や
戦略立案など、マーケティングの具体的なアイデアを
作ることができるため、
マーケティング関連の仕事をしている方には重宝されています。

広告の作成

リスティングやポスティングなど、
様々なシーンで使う広告のコピーライティングが
手軽に作成することができるため、
広告作成する仕事で威力を発揮します。

記事の作成サポート

記事のアイデアだけでなく、
記事の文章作成サポートまで対応可能です。
ブログを運営しているアフィリエイターにも
強い味方となっているツールです。

メールの提案

セールスレターから謝罪や断りのメールまで、
幅広いジャンルのメール文章を作成することができるため、
メール作成が苦手な方にとってのフォローが抜群です。

Catchy(キャッチー)の活用事例


飲食店運営者の方が実際に活用しているケース

・食べログやぐるなび、自社HPに載せるお店の紹介文章
・普段のメニュー表に載せたいキャッチコピー
・季節のおすすめ商品の宣伝コピー
・LINEで配信する文章の作成  


ECサイト運営者が実際に活用しているケース

・商品の説明文の作成
・商品の入荷や新発売をお知らせする文章の作成
・LINEやInstagram、TwitterなどSNSに載せる文章の作成


AIの最新トレンド&Catchyの使い方


Catchy(キャッチー)利用上のデメリット・注意点

Catchy(キャッチー)利用上のデメリット・注意点


100%完璧な出来ではない


このツールを使えば、自分の思った通りの内容が
100%完璧にすぐ出来上がるというツールではありません。

AIにアイデアをたくさん出してもらった情報を元に
人が経験や技術から洗練していき、
作業効率化を図るためのアシスタントツールです。


ツール項目の把握に時間がかかる


100種類にも及ぶ数のツール充実度が高い反面、
一体どのツールを使えば良いのかを探すのに時間を要します。
検索機能やブックマーク機能はあるため、
この機能の活用は必須です。


原則、支払い方法がクレジットしかない


オンラインサービスが充実している
このご時世で、支払い方法が
クレジット一択しかないのは残念ポイント。

セキュリティの強いStripeを使用しているため、
安心ではありますが、
今後、支払い方法の幅を広げていただくことに期待です。

限定的ではありますが、Proプランの年額支払いの場合のみ、
銀行振込にてお支払いをいただくことが可能となっています。


クレジット消費に注意


ツール項目ごとに消費クレジット数が異なるため、
使用するツールによって、
思っていたよりもクレジット消費が進むということがあり得るため
消費クレジットは各ツール画面で一目の上、
利用していくよう注意してください。


【保存するボタン】を押さずにページ移動した場合、文章が消える


Catchyで文章を生成後、【保存するボタン】を押さずに、
ページを移動してしまうと生成した文章が消えてしまうため、
記事のトピックや導入文の概要など、
また1から入力し直さないといけなくなります。

同じ内容を入力し直しする場合でもクレジットは消費してしまいますので、
文章生成後は、必ず【保存するボタン】を押し忘れないように
注意しましょう。
 

Catchy(キャッチー)利用検討の際によくある質問集


Catchy Q&A


無料版は本当に無料で使えるの?

はい、無料でお使いいただけます。クレジットカードの入力も必要ありませんので、勝手に有料プランに移行することもありません。

スマホからも利用できるの?

はい、スマートフォンからもご利用いただけます。

無料版と有料版の違いは?

無料版は、会員登録時に10クレジット、また毎月1日に10クレジットが付与されます。コピーを作成するごとに原則1クレジット消費されるので、毎月最大10回までコピーの作成を行うことができます。※複数クレジット消費するツールもありますのでご注意ください。有料版は、無制限でコピーを作成できます。コピーをたくさん作成したい場合は、有料版へのアップグレードをご検討ください。また、有料版のみチャットでのサポート対応もあります。

月額払いと年額払いの違いは?

額払いは、1か月分の利用料金を毎月支払う方法です。例:1/1にお申込みの場合、次回請求は2/1 年額払いは、1年分の利用料金を1年に1回支払う方法です。※月額払いよりも20%引となり、お得な料金で利用できます。 例:1/1にお申込みの場合、次回請求は翌年の1/1

契約期間に縛りはあるの?

いいえ、ありません。Proプランの月額払いの場合、最短1ヶ月からご利用可能です。また、解約後も請求期間の終了日まで無制限でお使いいただけます。※ 利用期限が過ぎたら自動でフリープランに移行されます。

契約期間中に解約したい場合、返金はあるの?

月額払い/年額払いともに返金は致しかねます。ご了承ください。


Catchy(キャッチー) まとめ

Catchy(キャッチー) まとめ

今回はCatchy(キャッチー) の
口コミ評判・特徴・魅力・注意点など徹底解説しました。


海外では一般的なAIによるライティングツールも、
日本ではまだまだ普及していません。

「Catchy」は日本語専門のAIライティングツールとして
「簡単」「ローコスト」「高機能」を実現しています。

まずは「Catchy」の高機能さと、便利さを体験してみてください。

特に、文章作成やアイデア出しに関わる仕事をされている
マーケティング担当者、ライター、編集者、ブロガーの方におすすめなツールです。

どの分野においても今後は、
AIとは切っても切れない関係になりつつあります。

このツールを使いこなすことで、
作業効率化や生産性アップという好循環を生み出すための
良い投資アシスタントツールであることが実感いただけると思います。



ネットでバズリ中!

※無料お試しだけならお金はかかりません



注目の投稿

【保存版】地域連携プラットフォーム受講者20名の口コミ評判は?他社より格安のキャリアコンサルタント養成講習

 本記事は広告・プロモーションが含まれてます

自己紹介

自分の写真
平社員で入社して9年で取締役まで登り詰めた経験から、激動の時代を生き抜く、人としての器を広げるための情報を様々な話題から発信中!                      問い合わせいただく、記事転載希望のご質問ですが、リンク、転載元を明記していただければ、全記事、転載自由です。

Twitter

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ