職場で好かれる人になるための行動指針

2021年1月24日

コミュニケーション術

t f B! P L

職場で好かれる人になる イメージ





職場で好かれる人になるために


職場で好かれる人は、

相手に対して恐縮しない人でありつつも、

相手を尊重した気遣いができる人です。

一見矛盾しているこの2つを

同時にできる人が周りから好かれます。

上司などから、かわいがられている人は皆、

その人と一緒にいる時間を心から楽しんでいます。


それでいて、立てるところは立てる

といった相手を尊重した絶妙な気遣いも行ってます。

誰かに好かれたいのであれば、

相手を怒らせてしまうことを心配するよりも、

相手に楽しんでもらうことを優先しましょう。

そのためには、

自分が相手と一緒にいる時間を

楽しまなければいけません。


この原則を頭に入れつつ、

素の自分をさらけ出すことが必要です。

仕事は


・能力や結果で評価されるべき

・好き嫌いで判断されるのはおかしい


という人もいますが、

厳しいビジネスの世界では通用しません。

ビジネスの世界では、


・この人と一緒に仕事がしたい

と思ってもらえるかどうかが大切です。



良い人間関係を構築する方法

良い人間関係を構築する方法









相手に対して、『おかしい』と気づいていても、
いい人を演じて、何も言わないことで、
自分が誤解され窮屈になり、疲れてしまうなど、
   
自分の心の中のわだかまりが残り、
それが溜まった結果、
人間関係が崩れていってしまうことは珍しくありません。                               
そのため、                               
『おかしい』と感じたら、
相手の肯定できる部分は肯定しつつ、                               
誠意を尽くして、伝わり易く説明することが大切です。
                           
また状況によっては、上手に怒ることも必要です。
                                   
自分が思っていることは、
だいたい相手も同じように感じていますので、
                               
黙り込んで本心を隠してしまうよりも、
誠意を尽くして伝えることで、
自分の性格・考えを理解してもらえる
ようになり、
以前よりも相手との関係性、信頼が強くなります。   
 

人にとって本当に大切なものは、 
人と人との付き合いである人間関係です。

お金も地位も大切ですが、
それよりも一緒に笑ってくれる人、
一緒に泣いてくれる人、
一緒に感激してくれる人こそが財産になります。
                      
仮にそれで、
人間関係が崩れるようであれば、
所詮その程度の関係だったと考えることです。
                                                       
                           
仕事においても同様で、
人間関係には良い意味での緊張感が必要です。
                                   
仕事は自分1人でできるわけではなく、
誰かと一緒にやっていくものですので、                           
人間関係がおかしいと感じたら、
すぐに行動しなくてはいけません。

相手に本音を伝えることは、
嫌われてしまうのではという懸念もよぎり、
勇気が必要ですが、
                               
『この人のそばにいると勉強になる』
『自分のことを親身に考えてくれる』
                               
と思ってもらえた時に、
より絆のある人間関係が成立します。
                           
仕事仲間と単に仲良くすればよいといういうものではなく、
意見交換できる人間関係を作ることが大切です。                                                                                            
相手を肯定する姿勢を見せつつ、
早めに本音を言うようにして
良い人間関係を作っていきましょう。


 正しい声の出し方をマスターして仕事での印象をアップさせよう

正しい声の出し方をマスターして仕事での印象をアップさせよう










商談、電話応対、会議での発言など、

ほぼすべてのビジネスシーンで使うツールは声です。


対面コミュニケーションを媒介する

声の高低や発話のスピードは、

内容の伝わりやすさに大きく左右します。


良い声を出すためには、

楽器を演奏する時と同じイメージで、

まずは、正しい姿勢を身につけることが重要です。


背筋を伸ばし、

頭のてっぺんから吊られているような意識を持ち、

尻の穴をすぼめ、

腹を引っ込めて立つ姿勢がベースになります。



音楽を聴く時、

音を耳で聞いているだけではありません。


実際には、

空気の振動を体全部で受け止めています。


声も同様です。


声を出す時には、

相手の鼓膜だけではなく、

体全部を揺さぶるという意識を持つことが大切です。


それだけで、

声のパワーは大幅にアップします。


そうした力強い声を出すために

必要なのが、腹式呼吸です。


相手の体を振動させるには、

口や胸を使って呼吸しているだけでは足りず、

腹から声を出すことが必要です。


腹式呼吸の仕方ですが、

鼻から息を吸って下っ腹を膨らませます。


その次に、

下っ腹を凹ませながら

口から、ふーっと息を吐く練習をしましょう。


それをマスターしたら、

次は発生と共鳴の段階に挑戦しましょう。


腹式呼吸で、

口から息を出す時、

その息に、『ふー』という音を乗せて

発生してみてください。


次に、

『はー』に変えて、

慣れてきたら同様に、

『うーおーあーえーいー』

と発生します。


その時、

口は横方向ではなく、縦方向に開けるように

注意してください。


この発生法を身につけられれば、

体という楽器で奏でる声という音楽で、

聞く人の体だけではなく、

心までも揺さぶることができるようになります。


トラブルを起こさないお金の貸し借りの仕方

トラブルを起こさないお金の貸し借りの仕方











お金の貸し借りは
しないに越したことはないですが、
いろいろな事情がある場合もあります。
その場合、基本的には貸さず、
状況や理由を聞いて、
本当に必要だと判断すれば、
言われた10分の1の金額をあげてしまう気持ちで渡しましょう。
仮に200万要求された場合、
20万をあげてしまう気持ちで渡します。
20万が返ってくることは期待せず、
借用書も取らないようにしましょう。
いくら困っていても、
その辺の道を歩いている見ず知らずの人に
200万貸してくれとは言いません。

借金を頼まれるのは、
頼めるだけの関係がそれまでに構築できている証拠です。
200万貸してくれと言われたら、200万の関係が、
50万貸してくれと言われたら、50万の関係が、
相手と自分の間にあるということです。
まずはそれを意識しましょう。
一方、貸すことや保証することは、
人間関係を終わらせる最大の原因となりがちです。
万が一、返してくれなかったら、
その人との関係は終わってしまいます。
相手との関係を終わらせたくないから、
全額貸さない代わりに
10分の1を提供するのがベストです。


>>人生を変える!コミュニケーション術 人気投稿ランキングへ戻る<<


           
人生は変えられる!

自己紹介

自分の写真
平社員で入社して9年で取締役まで登り詰めた経験から、コロナ禍の時代を生き抜く、人としての器を広げるための情報を様々な話題から発信中!                      問い合わせいただく、記事転載希望のご質問ですが、リンク、転載元を明記していただければ、全記事、転載自由です。

Twitter

【無料】読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ