相手から本音を引き出すための会話テクニック

2021年9月18日

コミュニケーション術

t f B! P L
相手から本音を引き出すための会話テクニック


あきらめない人間関係改善コミュニケーション術


相手から本音を引き出す大切な会話ポイント


話が上手な人が

相手から良い話を引き出せるとは限りません。


それでは、

どうすれば相手から本音を引き出せるのか、

ですが、


『あなたの話を聞きたかった』


という気持ちを、伝えられれば、

相手は口を開きます。


そのためには、


『あなたは私のことをよく分かっている』


という質問をすることが大切です。


『私はあなたのことをこんなに興味があるんです』


ということを印象づけられれば、

緊張して不安を持っている相手も

心を許して口を開いてくれます。


仕事の場面であれば、

話を聞く相手のことを可能な限り

関係者に聞いたり、

ホームページなどで下調べするのは

最低限のマナーです。


相手の本音を引き出すためには、

徹底した準備が必要です。



実際に相手に会った際には、

相手が話しやすい状況や話題を用意して、

答えやすい質問から入ることで、

相手の口を滑らかにする上で有効です。


話をしていくうちに、

相手の緊張もほぐれ、場が温まってきます。


立場や取引関係で

自分が優位な場合には、

相手と同じ目線になるように配慮することが必要です。


高圧的な態度だと得たい情報は出てこないため、

話しやすい雰囲気を作って、

その配慮を相手に悟らせないようにしましょう。



話し方としては、

大きめの声で、ゆっくりと話し、

語尾まではっきりと発音したほうが信頼感が増します。


高い声や早口で話すのは、

初対面では信用されにくいですので、注意が必要です。


たとえ面会時間が短い場合でも、

限られた時間で聞けることを聞けば良いと

割り切って、急がずに話すように心がけましょう。


また、

できるだけよく笑うようにすることも

相手が話しやすい雰囲気作りとして有効です。


特に、相手が笑わせようとして

発信した会話では、笑うようにしましょう。


ただし、

会話を盛り上げる上で第三者の悪口を言うのは

相手に信用されなくなるため、厳禁です。


信用できない人に

本音を漏らす人はまずいません。


明るく楽しい話題をすることを心がけましょう。



会話の中での沈黙が苦手という人も

少なくないですが、

決して恐れる必要はありません。


質問の後に、

少しでも間があると、耐え切れずに

言葉を継ぎ足してしまう人もいますが、

相手は一生懸命考えていることが多いです。


余計な口を挟むことで、

相手は話すことを止めてしまうので

多少の沈黙は落ち着いて待つことも必要です。


最後に、

世の中には、どうしても相性が悪いという人はいます。

<関連記事>

人付き合いで、根本的に合わない人は1割いる


苦手意識の強い人から、

重要な話を引き出すのは現実的に難しいです。


無理に言葉を引き出そうとしても

逆効果の場合が多いです。


苦手な相手に話を聞く場合は、

上司や同僚を連れていったり、

相性の良い人に担当を代わってもらうのも1つの手です。


あきらめない人間関係改善コミュニケーション術


初対面の人を気遣う5つのポイント

初対面の人を気遣う5つのポイント










①場の空気をほぐそう


初対面で相手が緊張している時は、

ぎこちない空気をほぐすために、

自分から

恥ずかし気に笑顔を作って


『初対面って緊張しますよね』


と先に声をかけてしまいましょう。


先に声掛けしてしまうことで、

相手側も


『緊張しているのは自分だけじゃないんだ』


と思って、ほっとし、

場も和みやすくなっていきます。



②相手を認め、尊重しよう



会話中の相手への気遣いでは、

相手への関心を示すことが大切です。


関心を示す最も簡単な方法は、


『●●さんの出身はどちらですか?』

『●●さんはどう思いますか?』


などと、

相手の名前を会話の中に織り交ぜる方法です。


それだけで、

自然と心の距離を縮ませていくことができます。



③話しやすい話題を振ろう



雑談で場を和ませたい時は、

相手の趣味や得意分野の話を振るようにしましょう。


ほぼ確実に会話が弾みます。


今は実名でファイスブックなどの

SNSをやっている方もいますので、

事前に分かる範囲で

相手の情報を仕入れておくのがポイントです。



④相手を質問で疲れさせないようにしよう



もっと話を聞きたいと思っても、

質問攻めにしてはいけません。


一方的な質問は相手を疲れさせてしまいます。


自分の話題も適度に挟みつつ、

相手との共通点を探しながら、

会話を進めていくようにしましょう。



⑤話しやすい質問をしよう


年上や役職が上の目上の人に対しては、

質問から会話を始めるとスムーズに話が進みます。


特にアドバイスを求める質問は、

喜んで答えてくれることが多いです。


もっと聞きたい。という態度を示して

話を聞くようにしましょう。


>>人生を変える!コミュニケーション術 人気投稿ランキングへ戻る<<


あきらめない人間関係改善コミュニケーション術


人生は変えられる!


自己紹介

自分の写真
平社員で入社して9年で取締役まで登り詰めた経験から、コロナ禍の時代を生き抜く、人としての器を広げるための情報を様々な話題から発信中!                      問い合わせいただく、記事転載希望のご質問ですが、リンク、転載元を明記していただければ、全記事、転載自由です。

Twitter

【無料】読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ