【保存版】診断士ゼミナール受講生・卒業生32名のツイッター評判は?スタディングとの料金・特徴比較など徹底解説

2023年1月15日

リーダーシップ術

t f B! P L

 

【保存版】診断士ゼミナール受講生22名のツイッター評判は?スタディングとの料金・特徴比較など徹底解説


公式サイト⇒診断士ゼミナールのお申込みはコチラから


診断士ゼミナールとは?


診断士ゼミナールとは
元大手資格学校で中小企業診断士講座講師を務めていた
松永慎也さんが中小企業診断士向けに特化して作成された通信講座です。

株式会社レボが運営する診断士ゼミナールは
創業以来10年以上、
  • 確かな合格実績
  • 業界最安値の圧倒的低価格
  • 充実した教材と受講生サポート
  • 不合格の場合は無料で再受講可能!
などの他講座を引き離す優位性が受講生に支持され、
現在も選ばれ続けている講座です。

診断士ゼミナール 実績

なぜ受講生にこれだけ支持され続けているのでしょうか?

その理由は8つの理由があり、
以下にも詳しく解説しますが、
この動画に簡潔に説明されていますので、
まずはご確認ください。

3分で分かる診断士ゼミナール


この動画からもこの講座の特徴は理解いただけたと思いますが、
その効果を最大限発揮出来るかどうかは、
受講生の状況によって変わってくることも事実ですので、
この講座を受講するにあたっての
メリットとデメリットをしっかりと理解しておく必要があります。

そこでこの記事では診断士ゼミナールの通信講座について、
SNSでの評判・口コミなど、合格者や受講生の生の声をまとめつつ、
他の通信講座とも比較しながら徹底解説していきます。

資格試験は大切な時間をたくさん投資します。
あなたにぴったりな講座か否かの判断材料にしてください。



診断士ゼミナール キャンペーン情報

診断士ゼミナール キャンペーン情報

診断士ゼミナールでは、
2月28日のPM3時まで新春キャンペーン中です。

キャンペーン詳細情報については、
下記のページにまとめてます。

検討されている方は合わせてチェックしてみてください。



診断士ゼミナール受講生の合格率

診断士ゼミナール 合格実績


2021年度の診断士ゼミナールが公開している合格率は
以下の通り。

一次試験合格者周438名(合格率:74%)   一般合格率の2.03倍
二次試験合格者数156名(合格率:35.6%) 一般合格率の1.95倍

他社と比べると、
2021年のスタディングの2次試験合格者数は132名、
大手予備校TACは約200名ですので、
他社に劣らず高い実績を出しているのが分かります。

通信講座においては、
運営上、受講生の性格な合否判定が困難という特徴があります。
そのため、合格率を非公開としている受験校も多いです。

そんな中、優れた合格実績を公表している診断士ゼミナールは、
合格実績については業界トップクラスと言っても過言ではないでしょう。

診断士ゼミナール受講者32名のSNS口コミ評判

診断士ゼミナールについてSNSなど最近の口コミ評判を調べてみたところ、
サービス内容に関する口コミがtwitterで数多く発信されていました。 ※一部抜粋

診断士ゼミナールSNS上での良い評判


どのように活用して合格したか、受講を決めた理由、
受講後、自分なり工夫していることなどが発信されていました。


 診断士ゼミナールデメリットSNS評判

受講後、使いづらいと感じている発信も一部見受けられました。



また診断士ゼミナールを受講して合格した180名の方の声が、公式サイトにも掲載されていますので、確認してみてください。 



診断士ゼミナールVSスタディング 講座内容徹底比較

中小企業診断士の通信講座の価格相場は約100,000円です。

コストパフォーマンスを重視して、
中小企業診断士の資格取得を目指す場合、
最終的に、診断士ゼミナールかスタディング
とちらを選ぼうかと迷う方が多いため、
以下の表にて徹底比較してみました。


項目 診断士ゼミナール   スタディング中小企業診断士講座         
コース名 1次2次試験プレミアムフルコース 1次2次合格コース スタンダード
価格 59,780円 53,900円
テキスト印刷オプション 20,350円 14,900円
合格お祝い金 30,000円(3年間有効) 10,000円(受講年度のみ)
実質価格 50,130円 58,800円
2年目以降の受講価格 無料(3年間まで受講可) 20,900円(更新版 1年毎)
不合格時の返金制度 20,000円(一定条件満たした方) 無し
教材の質 図解やイラストが豊富 WEBアプリツールが充実
質問フォロー制度 無制限に利用可 制限あり(追加相談は有料)
二次試験合格者数 156名(2021年度) 132名(2021年度)


診断士ゼミナールVSスタディング:価格比較


診断士ゼミナールVSスタディング:価格比較


診断士ゼミナールのコース価格に、紙教材は付属していません。
テキスト印刷オプションの利用は任意ではありますが、
中小企業診断士の学習ボリュームを考慮した場合、
テキスト印刷オプションである20,350円は必須となると
思っておいていただいたほうが良いです。

そのため、診断士ゼミナールの価格のほうが
スタディングよりも一見高そうに見えますが、
  • 合格お祝い金としてスタディングよりも20,000円多く受け取ることが出来ること
  • 一発合格できなかった場合、スタディングは1年延長する度に20,900円追加費用がかかるが、診断士ゼミナールでは更新受講料が3年間まで不必要であること。
以上からも、
合格までを見据えたトータル面で診断ゼミナールに軍配が上がります。

ちなみに、合格お祝い金ですが、
スタディングは受講年度の合格(2次まで)のみ対象のため、
もらえない可能性もありますが、
診断士ゼミナールは2年目、3年目の無料再受講期間にも対応していることから、
多くの診断士ゼミナールの受講生が合格お祝い金の恩恵を受け、
実質50,130円で講座を受けられるようになっています。

さらに診断士ゼミナールは、
不合格でも一定の条件を満たすことにより20,000円が返金される制度があります。

ここで言う一定の条件とは、
1次試験や2次試験で合格基準点の95%以上を
獲得しながら不合格になってしまったケースです。

中小企業診断士は難関試験ですので、
合格点ボーダー付近に多くの方の得点が集中します。
そのため、合格まであと一歩というところで
悔しい結果に終わることも少なくありません。

そのような惜しい結果で終わった場合に
用意されているこの返金制度は
これまで投じてきた時間に対する落胆を軽減させ、
『来年こそは合格してみせる!』という気力をまた沸せてくれます。

以上からも、診断士ゼミナールは
単に最もお得な通信講座というだけではなく、
診断士を目指す受講生を最大限下支えしてくれる講座である
と言っても過言ではありません。


診断士ゼミナールVSスタディング:教材比較


診断士ゼミナールVSスタディング:教材比較


中小企業診断士試験は試験範囲が広いため、
合格のカギを握るのは、学習の基礎となる教材です。

教材は診断士ゼミナール、スタディング共に
受講生の利便性を第一に考え、
ダウンロード形式を採用しています。

そのため、
データをスマホやタブレットにダウンロードしてしまえば、
wi-fi環境のない外出先でも通信量を気にすることなく視聴できるため、
通勤中などのスキマ時間を使った効率的な学習も可能です。

ここまでは両者互角ですが、

スタディングではWEBアプリツールとして、
  • 頭の中を整理しながら記憶できる学習マップ
  • 問題集や過去問が収録されている専用スマホアプリ
が備わっているため、
使い勝手面での充実度はスタディングが上回ります。

そのため、家での学習時間がほとんど確保できず、
WEBツールの充実を重視する受講生に関しては、
スタディングの選択が望ましいです。



診断士ゼミナールVSスタディング:質問フォロー制度比較


診断士ゼミナールVSスタディング:質問フォロー制度比較


中小企業診断士試験の合格を勝ち取る上で、
日々の勉強は孤独との闘いでもあり、
学習していても理解が進まず不安になることも多々あります。

通信講座だと教材提供のみで、
そもそも質問する環境がないことが多く、
質問できるとしても回数に制限が設けられていることから、
途中挫折してしまうリスクが高まります。

そのため、
通信講座の教材を購入検討する場合は、
サポート体制の充実度についても確認しておくべき大切なポイントです。

診断士ゼミナールの受講生に対する質問対応は
24時間365日メールでの無料受付しており、回数も無制限ですので、
納得がいくまで質問が可能です。

一方、スタディングでは
スタンダードプランでは5回まで無料対応。
5回以降については、
質問1回分チケットが1,210円、4回分チケットが4,400円と有料になります。

診断士ゼミナールでは、教材購入後も、
中小企業診断士試験を熟知した講師に直接聞ける無料サポート体制が充実しており、
経営アドバイスが解答に求められる2次筆記試験を見据えた
ライティングテクニックも同時に鍛えられることもあって、
受験生に安心感と満足度を高めていることから、
多くの支持を得続けている大きな理由の1つと言えます。



診断士ゼミナールはなぜ最安値で提供できるのか?3つの理由

診断士ゼミナールはなぜ最安値で提供できるのか?3つの理由


中小企業診断士は、様々な仕事に役立ち、
就活や転職にも有利な資格です。

また、独立して自分を会社を作る際にも、
学んだ知識が活かせるのが特徴です。

中小企業診断士を目指す受講生に向けて、
診断士ゼミナールはなぜ最安値で提供できるのか?
理由は3つ挙げられます。


①広告宣伝費をかけていない

宣伝費をかけない代わりに価格を抑えることが、
受講生にとって大きなメリットになると考えているため
診断士ゼミナールでは広告宣伝費をほとんどかけていません。


②診断士ゼミナールで全ての教材を作成

診断士ゼミナールでは、
動画の撮影やアニメーションの作成を外部委託することなく、
社内の撮影スタジオで全ての教材を作成しているため、
コストを抑えた教材販売を可能にしています。


③通信専門

診断士ゼミナールは、インターネット専門の通信講座のため、
通学講座とは異なり、校舎や教室の賃借量、備品などへのコストが
かからないため、格安での教材提供を可能にしています。

公式サイト⇒診断士ゼミナールのお申込みはコチラから 

診断士ゼミナールが支持され続ける6つの理由

3年間受講延長無料制度

3年間受講延長無料制度

中小企業診断士は試験内容が広範囲に渡り、
難易度も高いことから、初年度で合格できる割合は約25%です。

つまり4人受けて3人はストレート合格が出来ていないのが現状です。

ただ、中小企業診断士試験では、
1次試験において科目ごとの合格基準点を満たした場合、
そこから2年間はその科目の受験が免除されるという制度が採用されているため、
仕事が忙しい方など
まとまった時間を確保できない方は
科目合格免除制度を利用して、複数年での合格を目指す方もいます。

診断士ゼミナールでは、
中小企業診断士試験の特性に沿って、
初年度に支払った講座料金で最新の講座を3年間受講できる
3年間受講延長無料制度が設けられています。

したがって、1年目で不合格となってしまったとしても、
残り2年間は費用の追加負担なく、
毎年最新の講座内容を使って受講が出来るという
非常に魅力的な制度も診断士ゼミナールには用意されています。

2年計画、3年計画で合格を目指そうと考えている受講生にとっては
1次2次試験合格コースを例に1年間の支払金額に換算すると、
たった2万円で中小企業診断士の通信講座が受講できるという計算になります。

このように、受講生の現状を理解し、
最大限寄り添った制度を設けていることが、
数ある通信講座の中で、
診断士ゼミナールが支持され続ける最大の理由と言えるでしょう。

講義内容の質・量ともに充実!

講義内容の質・量ともに充実!


診断士ゼミナールでは、
通信講座の中でも最安値の講座にも関わらず、
大手資格学校以上の充実度で、
講義動画は全部で約270時間収録されています。

項目 診断士ゼミナール   TAC        
コース名 1次2次試験プレミアムフルコース 1次2次試験総合コース
カリキュラム数 94.5回 91回
総講義時間 270時間  227時間
合格お祝い金 30,000円(3年間有効) 10,000円(受講年度のみ)
実質価格 50,130円 210,000円~

さらに、
イラストやアニメーションを多用するなど
飽きさせない工夫が随所で散りばめられていることをはじめ、
講師陣が自身の経験談や実際に起こっている事例に当てはめながら
イメージしやすいように説明してくれるため、
受講生からは
『丁寧で分かりやすい』と定評ある講義内容となっています。

講義のサンプル動画も各科目ごとに発信されていること
からも教材内容に自信があるからこそ成せることですね。


各科目のユーチューブ動画

経済学・経済政策

 

財務・会計


企業経営理論


運営管理


経営法務


経営情報システム


中小企業経営・政策


二次対策(事例別)



通信講座の講義動画は、
講義を視聴するタイミング通信をするストリーミング形式が多いですが、
診断士ゼミナールでは、これらの講義動画を
ダウンロード形式で提供しています。

ダウンロード形式の最大メリットは、通信制限がかからないことです。

一度ダウンロードしてしまえば、
パケット代を気にすることなく、スマホやiPadなどで
いつでもどこでもスムーズな再生で学習が可能です。

講義動画を全ダウンロードにかかる容量は、
スマホの場合16GB程度必要になるため、
自分の学習進捗に合わせて
必要な動画のみをダウンロードしておくのがベストです。

また、講義動画は倍速再生にも対応しているため、
復習時や通勤・通学時の隙間時間でも、効率的に学習できます。


テキストや過去問題集まで含め全てフルカラー対応

診断士ゼミナールでは、
記憶定着率を高めることを目的として、
豊富なイラストや図解、図表を採用した
フルカラーテキストがオプションで用意されています。

テキストや過去問題集まで含め全てフルカラー対応


このテキストサンプルを見ても分かる通り、
初めて学ぶ方でも理解しやすい工夫が施されており、
学習を効率よく進める手助けをしてくれるため、
診断士ゼミナールを検討する際は、
合わせてご用意されることをおすすめします。


全教材『スマホ・iPad・タブレット』で視聴可能

全教材『スマホ・iPad・タブレット』で視聴可能


会社が学校など忙しい中でまとまった学習時間を
確保することは大変です。

診断士ゼミナールでは、
中小企業診断士を目指す方の環境を考慮して、
全教材がスマホ・iPad・タブレットで視聴可能。

そのため、通勤時間や休み時間に
復習や予習をするなど
隙間時間を有効活用することが出来ます。

また、診断士ゼミナールは、
受講生の利便性を考えて
ダウンロード方式を採用しているため、
一度ダウンロードしてしまえば、
その後はネット通信環境の有無にかかわらず、
快適に視聴することができます。

合格への明確なステップ

合格への明確なステップ

中小企業診断士試験の総学習時間の目安は、
1次2次合わせて660時間です。

診断士ゼミナールでは、
基礎講座で知識を深めて、
問題演習講座で解答に導く実践力を養います。

受講生が苦手とする論点は、補修講座で繰り返し学習し、
過去問題集を解くことで、試験問題のパターンや回答方法が
手に取るように理解できるようになります。

試験時期が近づいてきたら、直前講座で万全な準備が可能。

また、質問フォロー制度が充実しているため、
回数制限無しで随時受付しているため、
初めての方も安心して取り組めるシステムになっています。

このように、
診断士のみに特化した独自の教育ステップが用意されているため、
合格に向け、明確なステップで学習を進めることができます。


公式サイト⇒診断士ゼミナールのお申込みはコチラから

詳しい解説付の過去問7年分が付属

詳しい解説付の過去問7年分が付属


中小企業診断士試験では、
過去問題集に取り組むことなく合格するのは不可能です。

そのため、
診断士ゼミナールを受講すると、
詳しい解説付きの過去問題集7年分も一緒にセットで付属されてきます。

繰り返し過去問題を解くことで
確実に合格する実力を養うことができます。

質問は回数無制限で受付

質問は回数無制限で受付


診断士ゼミナールでは、
単に教材を提供する通信講座ではありません。

中小企業診断士の試験範囲は広範囲に渡るため、
苦手分野において理解ができないことや
疑問点が生じることもあります。

そのような場合が生じても、
診断士ゼミナールであれば、回数無制限で、
24時間365日メールでの質問受付を行っており、
プロの専門スタッフが回答してくれますので
安心して学習を進めることができます。



診断士ゼミナール 申し込む際の注意点

診断士ゼミナール 申し込む際の注意点


スマホをメインとした学習希望の方には不向き

診断士ゼミナールでは
スマホでの学習は講義動画の視聴とPDFテキスト閲覧のみになります。

一方、スタディングやユーキャンなどの通信講座では、
一問一答の問題演習や学習スケジュール管理など、
様々なスマホアプリを利用してスマホで学習することが可能です。

特にスタディングは
インプットからアウトプット・学習管理まで
スマホ1台で学習可能であることを一番の売りにしています。

移動時間でしか学習時間を確保できないなど学習環境の理由で、
スマホのみでの学習で合格を目指したい方は
コストアップはしますが、スタディングを選択するほうが賢明です。


教育訓練給付制度は対象外

教育訓練給付制度とは、
一定の条件を満たした受講生に対して、
ハローワークから支払った費用の2割が返還される制度です。

診断士ゼミナールはこの制度に対応していないため、
教育訓練給付金としてのキャッシュバックはありませんが、
仮にこの制度を利用しなくても、
他社よりも格安にて受講できる仕組みになっています。


オプションのテキスト印刷の選択を忘れずに

診断士ゼミナールでは、
テキスト印刷代(20,350円)はオプションとなっています。

一見、PDFデータを自宅等で印刷すれば良いと
思いがちですが、
ページ数が膨大で、紙やインクも消費するため、
全て印刷すると
結果、同等以上のコストがかかってしまいます。

また大幅な手間が発生し、
貴重な時間が奪われてしまい、トータルではマイナスとなりますので
テキスト印刷オプションを一緒につけての申し込みをおすすめします。



診断士ゼミナール検討の際によくある質問集

診断士ゼミナール検討の際によくある質問集


【利用にあたっての質問】


Q:初めて学習スタートする方でも合格は可能ですか?

A:可能です。
  診断士ゼミナールは初学者を対象として基礎から丁寧に解説している講座のため、
  これまで初学者で合格された実績も数多くあります。


Q:入学金は必要ですか?

A:不要です。受講料のみでご利用いただけます。


Q:解約・返金対応はしていますか?

A:ダウンロード形式で複製が可能な商品の特性から、
  返品キャンセルは対応していません。


【教材・テキストに関しての質問】


Q:テキストや講義内容は年度ごとに更新されていますか?

A:診断士ゼミナールでは、毎年、研究・分析を実施して、
  テキスト・映像講義ともに年度ごとに更新されています。
  中小企業診断士試験は、年度ごとに出題傾向や法改正による変化があるため、 
  常に最新の講座内容で学ぶことが合格への必須条件になります。
  
 
Q:印刷テキストのサイズは?

A:A4サイズになります。


Q:オプション(印刷テキスト・講義DVD)は申し込み後、いつ届きますか?

A:申し込み後、3営業日以内に発送されるため、
  1週間前後で届きます。
  ただ、出題トレンド・法改正を反映させるため、
  毎年テキスト・講義を更新していることから、
  最新情報を盛り込むため、一括発送ではなく、随時発送になります。


Q:診断士ゼミナールのダウンロード方法は?

A:IDとパスワードで専用ページからダウンロードできます。
  【ダウンロードできるデータ】
   ・PDF形式のテキスト
   ・映像講義データ(AVI・MP4)
    (データ取り込み方法の図解説明書がついてます)


Q:映像講義データのダウンロードサイズは?

A:1講義あたり:30~60MB
      1科目あたり:2GB~3GB
   全データ:15GB~17GB


【お支払いについての質問】


Q:支払い方法を教えてください。

A:銀行振り込み・代金引換・コンビニ支払
  クレジット支払(JCB・AMEX・VISA・MASTER・Diners)
  がご利用いただけます。


Q:分割払いは可能ですか?

A:クレジットカードによる分割払いが可能です。
  ご利用可能な支払い回数は、クレジットカード会社によって
  異なりますので、カード会社への確認が必要です。


Q:オプションの印刷テキスト、DVDの送料はかかりますか?

A:いいえ、かかりません。送料込みの価格です。




診断士ゼミナール まとめ

診断士ゼミナール まとめ


診断士ゼミナールの通信講座について、
SNSでの評判・口コミなど、合格者や受講生の生の声をまとめつつ、
他の通信講座とも比較しながら徹底解説してきました。


総合的にまとめると、
診断士ゼミナールは、
  • 3年間受講無料延長付のコスパ最強の通信講座
  • 教材購入後のフォロー質問が無制限
という受講者想いの安心体制から、
多くの受講生から支持されている通信講座ですので、

学習環境が、移動時間主体で、
スマホによる学習をメインにせざるを得ない環境でなければ、
診断士ゼミナールはおすすめできる通信講座です。


診断士ゼミナールを検討されている方は
引き続き公式サイトで、詳しくチェックしてみてください。



自己紹介

自分の写真
平社員で入社して9年で取締役まで登り詰めた経験から、コロナ禍の時代を生き抜く、人としての器を広げるための情報を様々な話題から発信中!                      問い合わせいただく、記事転載希望のご質問ですが、リンク、転載元を明記していただければ、全記事、転載自由です。

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ