人を魅了する力をつける

2020年5月26日

コミュニケーション術

t f B! P L

魅了する人 イメージ


 あきらめない人間関係改善コミュニケーション術

人には、
仕事力、体力、財力、権力など   
様々な力がありますが、                       
これらに勝る人間誰しもが持つ、
究極の力が魅力です。                           
                               
『魅せる』ことは『見せる』ことにも通じます。
                           
目の前にいる人に対して、
目線と心を配ることで、『もてなし』て見せるセンス。
                           
自分が没頭している作業を中断してまでも
相手に注意を注ぐ優しさ。
                           
自分の繊細な内面を見せることさえも躊躇しない素直さ。
                           
これらを備えて、
相手に『見せる』ことが『魅せる美学』です。                           
                               
自分の存在を見せることで、
周囲を魅了することこそが、魅力ある大人
といえます。       

魅力は顔や容姿だけでは決まりません。
立ち振る舞い、姿勢、笑顔、苦労した経験なども
魅力を増す要素の1つです。

人をひきつける魅力とは、 当人からにじみ出てくるものです。 魅力的に思われることを目的に 行動する人には備わりません。 ひたむきに自分の本分を全うしていれば、 その結果が人を喜ばせ、 惹きつける要因になります。 雑念にとらわれず、 ただひた向きに取組む姿こそ、人を感動させます。 人をひきつけてやろう などという下心を持って取り組む人は それが必ず表面に浮き出てきます。 下心が少しでも見えてくると、 人は警戒し、距離を置くようになります。 図りごとは魅力を消し去ります。

例えば、
人に儲かるからやってみろと
言われて始めたものは、
うまくいかなくなった時に
情けない気持ちになります。
それよりも
『それが出来たら嬉しい』
というものをやったほうが良いです。
儲けたいという下心は見透かされますが、 好き!には多くの人が集まります。

企画書であれば、
データを示してどうこうという話ではなく、
どんな共感が得られるかということを
示すことが大切です。
人との向き合い方を1つとっても、 一気に魅力が半減する人もいます。 例えば 相手が上司や仕事の得意先の時には 十分な敬意を払い、 接し方も配慮が行き届いたものになるのに、
一方で部下や下請け業者になると、 一変して態度が不遜になったりします。 誰にでも社会的な地位や立場があり、 それは認めざるを得ない事実ですが、 立場によって接し方が豹変する姿は、 傍らから見ていても決して美しいものではありません。 ただ立場に縛られて、 勘違いしているだけの何者でもありません。 いくら仕事ができる人でも、 そうした人間性である限り、 魅力は加算されません。 『一切衆生 悉有仏性(いっさいしゅじょう しつうぶっしょう)』 という禅語があります。 この世に存在するあらゆるものは、 仏性という仏様の命が宿っているとされる。
という意味です。 これは、仏教の根本的な考え方です。 世に生を受けたすべてのものが、 仏様の命を頂いて生きています。 立場や地位などというものは、 従来見せかけの姿であり、はかなくもろいものです。 それがどう変わろうと、 私達の誰もが等しく仏様の命を 頂いていることには変わりありません。 そうした真理で物事を捉えられれば、 相手の立場や地位で態度や言動が変わるようなことが どれだけ恥ずべきことで、 淋しい生き方であるかが分かります。 そうした真理を大切に、 どんな立場の相手でも話に耳を傾け、 敬意を持って接することができる人ほど、
人を魅了します。                
                                      
また、
相手を魅了するとは、
相手を『夢中にさせる』ことでもあります。                                               
魅力的な力をつけるためには、
人としての器を広げて、磨き、
一期一会の空間を共有した相手に対して、
心を開き、自分はさておいて
他人に愛情を注ぐ姿勢を貫くことが大切です。    


人を魅了する真の大人のかっこ良さとは

かっこ良い大人 イメージ









自分の落ち度・失敗・不備を謝罪して、
周囲からの助言や忠告を受け入れる素直さこそが、
素の自分をストレートに表現できる
真の大人のかっこ良さです。
素直なエネルギーは空間を通じて伝染します。
相手が言い分を理解してもらえたという意識は、
聴く耳を持とうというモチベーションとなり、
お互いが『はい』という素直な気持ちで
繋がり合うことを可能にします。
自分の正しさばかりを追求し、
間違いを認めたり、へりくだることは
『かっこ悪い』のではなく、
『ごめん』と素直に言えない器の小ささのほうが、
はるかにかっこ悪いです。
相手の言い分をまずは受け入れ
人間的に信用され、尊重される、
かっこ良い大人になりましょう。

信用は通貨と同様です。
誠実であればしっかりと貯まっていき、
大きくなって戻ってきます。

引き寄せの真髄を学び、人を魅了し人生を成功させよう!





最近、
巷で有名になっている「引き寄せの法則」
これは、

「願えば現実になる」
「自分の思ったことが実現する」
「実現の際に努力は必要ない」

という法則です。


しかし実際のところ、
この引き寄せの法則によって、
なんの苦労もせずに自分の夢を叶えた人間が、
果たしてどれほどの数いるのでしょうか?

多くの人は、
「願っているはずなのに叶わない」
という現状に戸惑い、悲しみ、
どうすればいいのかわからずにいるはずです。


それもそのはず、引き寄せでよく言われるのは、

「宇宙のパワーと一体になりましょう」
とか、
「プラスの波動を出すようにしましょう」

「ポジティブなオーラを身にまといましょう」

といったこと。

しかしそもそも普通の人間は、
宇宙やプラスの波動、
オーラなど見たことも感じたこともないはずです。

見たことも感じたこともないものを、
どうやって出したり身にまとったりすればよいのでしょうか?

ほとんどの方はきっと、

「なんだかわかったような気もするけれど、
でも具体的に何をすればいいのかわからない」
「具体的になにをすればいいのかわからないから、何も変わらない」
のではないでしょうか。


このような神秘的だったり、
スピリチュアル的な説明は一切せず、

引き寄せの法則というものを
あくまでも科学的・医学的・心理学的に説明した教材を
ご紹介します。

科学や医学・心理学は、
オーラや波動よりもずっと身近で理解しやすいものです。

わかりやすくたくさんの例を挙げ、

「これから先の人生で具体的に何をすればいいのか?」

「それをするのはなぜなのか?」

事細かに、丁寧に解説されています。


これを読めば、
本当の意味で引き寄せの法則とは何かを理解し、
人生を望み通りのものに
変えていくことができますので
参考にしてみてください。





                                       
人生は変えられる!
                                                                    
         

自己紹介

自分の写真
平社員で入社して9年で取締役まで登り詰めた経験から、コロナ禍の時代を生き抜く、人としての器を広げるための情報を様々な話題から発信中!                      問い合わせいただく、記事転載希望のご質問ですが、リンク、転載元を明記していただければ、全記事、転載自由です。

【無料】読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

Twitter

広告提携(株式会社ウィルフ)

広告提携(船井総合研究所)



広告提携(株式会社マイナビ)



人としての器を広げる教材1

人としての器を広げる教材2

人としての器を広げる教材3

人としての器を広げる教材4

頑張る自分へのご褒美を検索

QooQ