プレゼンは準備時間で差をつけろ!惹きつけ必勝テクニック手順を解説

2020年12月20日

コミュニケーション術

t f B! P L

営業に活かせるプレゼン準備&必勝惹きつけテクニック


ロジカルシンキングフルセット+説明の仕方(プレゼンスキル)ダウンロード版


プレゼン前に必要な準備の進め方5原則

プレゼン前に必要な準備の進め方3原則


プレゼンを行う上で、

抑えておかなければいけない5原則に基づき、

相手の心に響く結果を残しましょう。


①聴衆を徹底的に調査する


スピーチの原稿を考える前にまず、

プレゼンの相手が、

どうゆう人達かについて徹底的に調べることが大切です。


・参加人数は?

・女性の割合は?

・誰が決定権を握っているのか?


といった基本的な事柄はもちろん、

相手が海外の方であれば

宗教や文化的な背景もポイントです。


その上で、

相手が本当に求めているものを探り、

相手に合わせて内容をカスタマイズすることが必要です。


②個人的なストーリーを話に盛り込む


例えば、

日本の地名は海外からの訪問者にとっては

覚えにくいものが多いです。


そんな時は、

『私が学生時代を過ごした街です』などと紹介し

自分の個人的なストーリーを仕立てて、

つけ加えれば、聴衆の記憶に残ります。


ストーリーのヒントは、

日々の出来事の中に隠れていますので、

存分に活用しましょう。


③リーダーが明確なビジョンを示す


チームでプレゼンを行う時に見落としがちなのが、

各人がプランの細部を語ることに終始してしまい、

全体のビジョンがぼやけてしまうことです。


例えば、
安い、量が多い、おいしい、売れている

などのような
作り手からの売り込みのデータ・資料は
買い手からすると聞き飽きており、
心を動かされることはありません。

心に残るプレゼンには、
必ず新しい視点と明確なビジョンが存在します。

ビジョンを示すのは
プロジェクトの顔となるリーダーの役割です。



④聞く人の心を掴むタイトル&目次をつけよう


目次をつけるコツは、

相手の疑問に答える目次を意識しましょう。


その疑問は、

①Why ②What ③Howの3つです。


①は、なぜこの企画が必要なのかという、

必要性や重要性を伝える部分です。


②は、企画内容で、

③は、どう進めるのかという方法やスケジュールです。


説明が進むにつれて、

疑問が1つ1つ解決されていくことで、

聞く側は心地よく感じて、深い納得を得られます。


このように、顧客視点を持つことが

大切です。


自分の調べたことを一方的に並べたてていないか、

専門的な難しい用語を多用していないかなど、

相手の立場を考えて見直ししましょう。


⑤資料作成での色使いは要注意


資料内のグラフや表はできるだけ
シンプル化を心がけましょう。

特に色使いには要注意です。

いったん色をつけると、
何色が何を意味するのかを
資料内で一貫させる必要が出てくるため、
作成にも手間がかかります。

また色を多用した資料やグラフは、
読む側にも負担を与ますので、
細かい部分は『その他』としてまとめてしまい、
比較してよい要素は5項目5色程度に
抑えるようにしましょう。


相手がプレゼンで求めているのは、

商品やサービスを使ったら自分にどんな良いことが起きるのか

という情報と、

なぜその商品やサービスを作ろうと思ったかという作り手の情熱です。


相手を口説くためには、
細かな数字などのデータを解説するより、
成し遂げたい自分の主張や考えをはっきりと示しましょう。

会社のビジョン、志高く
何故この製品を広めたいのか
ストーリーに買い手は心を動かされます。  


営業に活かせる8つのプレゼン惹きつけテクニック

営業に活かせる8つのプレゼン惹きつけテクニック


プレゼンを成功させる上で、

下記8つのテクニックを用いることで、

相手の心を動かし、

商談を優位に進めることができます。


機会がある方は是非実践してみてください。


①懸念材料は真っ先に率直な方法で対応


懸念される問題について話さざるを得ない場合、

スピーチの段階で問題に触れ、

率直な対応を示しましょう。


スピーチ後には、聴衆の懸念が

払拭されていることが理想です。


②主張を裏付ける数字を探す


自分の主張を客観的に裏付ける

統計データを引っ張ってくるのは、

プレゼンの基本テクニックです。


例えば、

単に『東京はとても安全な街です』

と言うよりも

『50,000人の旅行者を対象にした最近の調査で

東京は世界で一番安全な街に選ばれました』

と表現した方が、説得力が増します。

説得力がある人の特徴は?説得力のある人に共通する話し方、切り返し話術を身につけよう!


様々なデータの中から、

訴えたい内容に合ったものを

ピックアップするようにしましょう。


③資料に記載する文と話す内容は別


プレゼン時に配布する資料に、

スピーチ原稿と同じ内容を書き込むことは止めましょう。


資料にあれこれ細かい内容を書き込んでしまうと、

聴衆はそれを読むことに気を取られ、

肝心のプレゼンに集中できなくなってしまいます。


配布資料はあくまでも自分の主張を

サポートするための補足資料にしましょう。


大事なことは自らの声とパフォーマンスで

訴えた方が、聴衆にダイレクトに伝わります。


アピールする側としては、

自分のパワーを相手に感じさせて

妄想させなければいけません。

付け焼刃で調べたことや自分があまり興味がないことを

プレゼンしても、すぐに見抜かれます。


どうアピールするかよりも、

自分が熱く語れる題材で対応しましょう。


④パワー・オブ・スリーの法則


スピーチの基本中の基本とも言えるテクニックです。

文字や単語は3つ繰り返すと、

人の記憶に最も残りやすいといわれています。


3つの質問を続けて投げる、

3つのキーワードを説明するなど

ポイントを3つに絞って表現するとベストです。


⑤ライバル対策はベルベットの手袋が有効


ライバル同士がお互いの欠点を攻撃し合う

『ネガティブキャンペーン』は

聴衆をうんざりさせるだけです。


ライバルの弱点が自分達の強みである場合

ポジティブな言葉で自分達の長所を強調するだけでも、

効果的なライバル対策になります。


⑥五感を刺激する


盛り上がったところで 内容に即した雰囲気を作るために 効果音、音楽、映像を使ったり、
香りで演出することも
効果的です。

五感を刺激すると、
他のプレゼンとの差別化につながり、
圧倒的に記憶に残りやすくなります。

また、流暢なトークは
むしろ記憶には残りにくく、

言葉がつかえたり、声が上ずったりするなど、
喋りは上手くないが、熱意あるプレゼンこそが、
ツァイガルニック効果という心理現象が働き、
確実に相手の記憶に刻まれます。


⑦双方向性を重視しよう
どんなに優れた内容であっても、 ただ座って聞いているだけでは退屈させてしまいます。 聞き手にプレゼンに参加してもらう 投げかけの言葉を発するなど、 双方向のコミュニケーションを心がけることで、 聞き手の集中力を高めることができます。
⑧一人に向かって話すようにしよう
通常、視線は近くに座っている人から 一番奥にいる人まで移動させながら話します。 しかし一方で、 聞き手の全てではなく、 特定の一人に向かって語りかける意識を持ったほうが 説得力が増します。 緊張で散漫になりがちな意識を、 会場にいる知り合いや、 反応の良い特定の聞き手に集中させて、 その人一人に説明するつもりで プレゼンすると、分かりやすい話ができます。


プレゼンで勝つための話し方4ヶ条

プレゼンで勝つための話し方


プレゼンや講演など、
大勢を相手にするしゃべりは、
1対1の会話にはない難しさがあります。

あがり症の人は、
緊張のあまり、
言おうとしていた内容を忘れてしまう
ことも珍しくありません。

そこまでいかなくても、
聞き手がどれくらい自分の話しに
耳を傾けてくれているのか、
話しながら不安になった経験を持つ人は
多いと思います。

ここでは、聞き手の関心を引き付けて、
内容をキチンと理解してもらうための
4つのポイントをご紹介します。


①つかみの捨て言葉を使おう


大人数が会場にいる場合、
得てして人々の注意力は散漫になっていて、
会場がざわついていることが多いです。

そのため、
聞き手の耳を自分の方へ向けるために、
つかみの言葉が必要です。

いきなり最も大切なことから
話し始めると、
聞き流されてしまう可能性が高いです。

つかみ言葉には、
挨拶や呼びかけなどの捨て言葉を
つけるのがベストです。

例:皆さん、こんにちは。今日は寒いですね。

また、
通常の声よりも大きな声で話し始め、
普通に戻していくと、
相手の聞く気持ちを掴むことができます。


②イントネーションは抑えめに


ビジネスの話をする場合には、
イントネーションを抑えた方が、
相手に安心感を与えられます。

一般的に、背の低い人は、
声が高く、背の高い人は声が低いです。

声が高いと、
少しイントネーションをつけただけで、
聞き手には非常に抑揚のある話し方
に聞こえてしまいます。

相手の気持ちを引き付ける効果
もありますが、
その一方で感情的に話しているように
聞こえたり、話の内容が
うさんくさく聞こえてしまい、
逆効果となることもあります。

一方、
声の低い人は、
イントネーションの変化が
伝わりにくいため、
あまり落ち着いた話し方をしていると、
感情がこもってないように
受け取られることもありますので、
注意しましょう。


③相手のボキャブラリーに合わせた言葉選びを


普通の会話で、
正確に聞き取れる言葉は、
全体の90%程度です。

電話ですと、理解度は下がり、
80~85%程度になります。

残りの10~20%は、
聞き手がこれまでに習得した
言葉と照合して無意識のうちに
補完しています。

そのため、
知らない言葉を使われると、
補完できなくなり、
理解度はさらに下がっていきます。

習得語彙数と同様に、
補完する速度も大切です。

話速に対して補完速度が遅いと、
何を言っているのか、分からなくなります。

相手の持つボキャブラリーの
レベルに合わせて言葉を選び、
理解速度に合わせて話速を
調整する必要があります。

直接会って話をする時は、
書類を見せて説明すると、
理解度は大幅にアップします。

相手の知らない言葉を使っても、
書類から文字情報を得られ、
意味を理解・推測できるためです。


④水と飴で声帯を潤そう


声を出すための道具である声帯は、
筋肉です。

良い声を出すためには、
この声帯を乾燥から守る必要があります。

乾燥するとしわが寄り、
声帯を通る時に空気が渦巻いてしまい、
雑音が入ります。

いわゆる、かすれた声や
いがらっぽい声は、
声帯にしわが寄っている状態の時に出ます。

水を飲んだり、飴をなめたりすると、
一時的にしわがなくなり、
通りの良い声が出るようになります。





人生は変えられる!




自己紹介

自分の写真
平社員で入社して9年で取締役まで登り詰めた経験から、コロナ禍の時代を生き抜く、人としての器を広げるための情報を様々な話題から発信中!                      問い合わせいただく、記事転載希望のご質問ですが、リンク、転載元を明記していただければ、全記事、転載自由です。

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ