相手にYESと言わせる話し方と心得るべき5つのポイント

2021年3月7日

コミュニケーション術

t f B! P L

相手にYESと言わせる話し方と心得るべき5つのポイント イメージ




交渉事において相手の賛同を得るためであったり、

仲間からの賛同を得て

チームをまとめていったりする上で、

心得ておくべき5つの事項を

端的にまとめました。


実践で取り入れていただき、

チームのベクトルを同じ方向に向かせて

成果に結びつけていきましょう。



①事前の準備

・相手について調査しましょう

・部署や職歴に注意を払いましょう

・相手が2人以上の時は、経験が浅い人に合わせて話しましょう

②最初に『テーマ』を話す

相手に会ったら、

まず最初に、今から何を話すかを伝えましょう。

こうすることで、聞き手に話を聞く姿勢ができます。

③相手にYESと言わせてから本題に入る

人は立て続けに何度か相手の話に同意すると、

自分ごととして話を聞けるようになる傾向があります。


6月発売のビール、なんとしても売りたいですよね。 

(もちろん!)

そのためには、ビール離れしている若者に

多く売れたらいいですよね。           

 (そうだね。)

そう考えると、

若者にアピールするための企画が

必要ですよね。                 

 (そうだね。)

④言葉の選び方に気を配る

・専門用語は使わないようにしましょう

・身近な例え話を使って説明しましょう

※人は話の中に分からない言葉が出たとたん、

聞くのをやめてしまうためです。

⑤説明は丁寧に

・説明は、端折らないようにしましょう

・必ず順を追って説明しましょう

※説明を端折ることは

相手の思考を止めてしまうので注意が必要です。

◆自分が伝えたいことを相手に把握、納得させる方法

相手に理解してもらいやすくするための 伝え方としては、 下記のテンプレップの法則を用いて話すと 理解されやすいですので、 是非実践してみてください。 ①説明のテーマ まず、説明の冒頭でテーマを伝えましょう。 例:これから●●について説明します。 ②伝えたいことの数 伝えたいことはいくつあるのかを伝えましょう。 例:お伝えしたいことは●つあります。 ③結論(要点) 伝えたいことの結論を伝えましょう。 例:結論から言うと、お伝えしたいのは●●です。 ④理由 例:その理由は●●です。 ⑤具体的な話 例:例えば、こうゆうことがあります。(以下詳しく説明する) ⑥結論(まとめ)←2回目 説明の最後に、③の結論を繰り返しましょう。

自己紹介

自分の写真
平社員で入社して9年で取締役まで登り詰めた経験から、コロナ禍の時代を生き抜く、人としての器を広げるための情報を様々な話題から発信中!                      問い合わせいただく、記事転載希望のご質問ですが、リンク、転載元を明記していただければ、全記事、転載自由です。

【無料】読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

Twitter

広告提携(株式会社ウィルフ)

広告提携(船井総合研究所)



広告提携(株式会社マイナビ)



人としての器を広げる教材1

人としての器を広げる教材2

人としての器を広げる教材3

人としての器を広げる教材4

頑張る自分へのご褒美を検索

QooQ