仕事で成果を上げるための思考と禁句事項

2020年11月15日

心のスキルアップ

t f B! P L

仕事で成果を上げるために『どうせ『を禁句にする

ネガティブな言葉を繰り返し口にすると、
『自分はダメな奴なんだ』
と自己暗示にかかり、
やがて『できなくても仕方がない』
と思うようになってしまいます。
そして実際に失敗し、
言い訳ばかりするようになります。
その結果、
いつまでたっても自分の殻を破れず、
成長しないまま年齢を重ねてしまいます。
成果を上げられるようになるには、
まずネガティブな言葉を使うことをやめるようにしましょう。
『どうせ今回もダメだろうな』
と嘆く代わりに、
『やってみなければ分からない』
と口に出してみる。
すると
『どうすれば、うまくいくか』
と考えるようになっていきます。
ここから行動が変わり始め、
『もう少し頑張ってみよう』
と自分の殻を少しずつ破るようになっていきます。
初めは思うような結果がでなくても、
一歩前進することで、
『自分にもできる』という実感が得られるようになります。
次の機会には、
『自分ならできるはず』
という気持ちで仕事に取組めるので、
仕事を成し遂げた暁には、
『やっぱりできた』と自信がついていきます。
このように、少しずつ、
『自分への期待→殻を破る挑戦→成功→自信』
というサイクルを作っていくことが
できる人材に成長するための第1歩です。
また、
人にしてもらって嬉しかったことを
1行で書いてみましょう。
何行分も貯まると、
自分が周りの人に支えられていることが実感できます。
これを応用して、
周囲から評価された経験を書き貯めていきます。
失敗続きで悩んでいる人は、
『ありがとうと言ってもらえた』
など、ささやかなことからでも構いません。
少しずつ増えてきたものを見返すと、
自分の価値を認めてあげられるようになっていきます。
ネガティブな言葉を口にしない。
自分の価値を認めてあげる。
それだけのことですが、
確実に自分の行動が変わっていきます。
伸び悩んでいる人は、
ここから成長のきっかけをつかんでいきましょう。

成果につながる相対評価思考

成果につながる相対評価思考















物事に対する評価には、
絶対評価と相対評価があります。

学校を例に、
この評価の違いをまとめると、
絶対評価

最近の小学校では、
学業で一定の水準に到達していれば
『大変よくできました』がもらえます。
極端な話、
クラス全員が『大変よくできました』
ということもあり得ます。
相対評価

『大変よくできました』には定員があり、
クラス全員がテストで100点を取っても、
授業態度など、点数以外の要素で比較され、
3段階なり5段階の評価に振り分けます。
となります。
この絶対評価と相対評価、
仕事上、若い人は
絶対評価で物事を考えてしまう人が多いです。
一定以上の業績を上げれば、
誰でも高い評価が得られるわけではありません。
よって
『自分はこれだけ成果を出したから大丈夫』
ということはありません。
より大きな成果を出した人がいれば、
自分の評価が相対的に下げるのは当たり前です。

大事なのは他者との比較です。
成長し、成功を納めるためにはまず、
『自分は常に他者と比較されている』
と意識することです。
もし、社内での自分の評価を上げたければ、
同僚と自分を積極的に比較するようにしましょう。





人生は変えられる!


自己紹介

自分の写真
平社員で入社して9年で取締役まで登り詰めた経験から、コロナ禍の時代を生き抜く、人としての器を広げるための情報を様々な話題から発信中!                      問い合わせいただく、記事転載希望のご質問ですが、リンク、転載元を明記していただければ、全記事、転載自由です。

Twitter

【無料】読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ