人付き合いで、根本的に合わない人は1割いる

2020年11月21日

人付き合い 先人の教え

t f B! P L
相性 イメージ
相手のために時間を使うことが大切といっても、
実は全ての人に対して、
その努力をする必要はありません。
カールロジャーズという方が
人間関係を心理学に基づいて考え、

10人いれば、

2人は気の合う人
7人はどちらでもない人
1人は気が合わない人

というように、
2対7対1の法則を提唱しています。
自分の付き合う人の中には、
どんなに良かれと思ってやったことも
逆手に取るような天敵が1割は存在します。
この人たちに時間を費やすのは
完全に無駄な努力となるので、
切り捨てて構いません。

また2割に相当する親友については
もともと信頼関係があるので、
これも放っておいて大丈夫です。

残りの普通の人である7割に
時間とエネルギーを使うようにしましょう。


未来を開くカギは人のご縁と交わりにある

①挨拶と礼儀を欠かすな

人間関係において、
挨拶と礼儀の2つを守れば、
嫌われることはありません。

どんなに仲のいい相手でも
挨拶については、欠かさないことが大切です。

特に、こんにちは。さようなら。ありがとう。
は自分の心を表すのだと意識しましょう。

②相手のいい面を見続けよ

人間同士の関わりは、
その瞬間、瞬間を
どれだけ大切にできるかにかかっています。

嫌いな人は、いつでも作れますので、
苦手だと思う相手でも、
多くの時間を費やす必要まではありませんが、
その人の良い面を見つけることで、
人間の器も大きくしていけます。

関連教材 




人生は変えられる!

自己紹介

自分の写真
会社役員         こんにちは!人としての器を広げるための情報発信ブログです。 生きていく上での人生のバイブル的な コンテンツを目指してます。

【無料】読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

Twitter

人としての器を広げる教材1

人としての器を広げる教材2

人としての器を広げる教材3

人としての器を広げる教材4

頑張る自分へのご褒美を検索

QooQ