昇進は人を創る/階層別での昇進判断に使われる基準

2020年7月3日

仕事論 成功論

t f B! P L
昇進 イメージ

昇進し地位が上がると、
・面倒なことが増える
・責任が増える
・仕事が増える
など辛い比重が増えていきます。

また、
人を教育したり、人前で話す必要も出てくるため、
沢山本を読み、教養を身につける必要も出てきます。

昇進することは、
昇進する器があるから昇進したのではなく、
将来性の期待により昇進したから、
それに合う器が創られていきます
つまり、
昇進することによって、
結果的に自分が一番得をし、人として成長できます。

理解しやすい例えとしては、

お母さんだから子供がいるのではなく、
子供ができたから、お母さんらしくなっていく

という例が一番わかりやすいかと思います。
昇進とは、社長とか部長とか呼ばれたい、
威張りたい、給料を上げたいという目的ではなく、
自分のステージを上げて、人として成長できることです。
自分に自信がなくても、目の前にチャンスがやってきたら
一か八かで昇進することを目指したほうが良いです。
たとえ昇進できなくても、目指したほうが
人生のステージでは昇進できます。

今よりももっと大きな自分を得るためには、
ちょっと背伸びして頑張ったほうが良いです。

◆階層別での昇進判断に使われる基準

①事業に対する姿勢

平社員:問題解決 与えられた問題を解決するスキルを持っているか。 適切な解決策を素早く導き出せると、評価が上がります。 管理職:問題認識 自分の部署の収益に関わる問題を見つけられるか。 広い視野を持って、現状を分析する力が必要になります。 経営層:戦略的なポートフォリオ(事業の多角化・選択と集中) 新規事業に参入したり(事業の多角化)、経営資源を適切に 振り分けたりする(事業の選択と集中)力が求められます。

成果に対する姿勢

平社員:進捗遵守 業務を締め切りまでに終えられるか。 自分の能力に合わせて 計画を立てる時間管理のスキルが求められます。 管理職:数値管理 業務の進捗状況や成果など、 チームの動きを数値で捉えて判断し、 次の一手を打つスキルが要求されます。 経営層:収益構造の転換(ビジネスモデリング) 収益を上げるビジネスモデルを構築できるか、 市場の変化に応じて機動的に、 収益構造を適切に見直すスキルが重視されます。

③目標に対する姿勢

平社員:『部分』目標達成 担当業務の目標を達成し、チーム全体の目標達成に貢献できているか。 自分の業務に対する責任を持つことが大事です。 管理職:目標達成 リーダーとして組織全体の目標を達成できるか。 うまくいっている時もそうでない時も、 状況に応じて、適切な対応を取れることが肝です。 経営層:目標の引き上げ、意味づけ(勝利へのこだわり) 会社を成長させ続けることがポイント。 会社全体の目標を設定し達成すれば、 目標をさらに引き上げて挑戦する姿勢が問われます。

④組織力アップに対する姿勢

平社員:自己啓発(自分のスキルアップ) 自分の成長を考えて、 日頃からスキルアップや人脈作りに努めているか。 向上心を持っているかどうかが問われます。 管理職:部下育成 部下や後輩1人ひとりの仕事の能力を把握して、 それぞれに合った仕事を任せる。 いい働きは認めて、成長を促します。 経営層:人材マネジメント 適材適所の人材活用ができる。 加えて、社外の優秀な人材を獲得できるネットワークや、 リストラを断行できる頑強さも必要です。       
人生は変えられる!
 

頑張る自分へのご褒美を検索

読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

自己紹介

自分の写真
会社役員         こんにちは!人としての器を広げるための情報発信ブログです。 休みの日は、緊急事態宣言解除されたので、サウナ解禁しました。クイーンのボヘミアンラプソディーをピアノで弾けるように特訓中です。

Twitter

ブログ アーカイブ

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ