部下の育成方法

2020年6月4日

仕事論 人付き合い

t f B! P L
部下育成 イメージ
部下を育てるには、
まず相手のことを理解することから始めます。
子育てと同様に、
無関心すぎても駄目ですし、過保護すぎても駄目です。


ただ言われたことをやらせるのは
仕事ではなく、作業となってしまうため、
きちんと大きな方向性、目的を伝えて、理解させ、
部下を信用して、任せる勇気を持ちながらも、
部下の言動はしっかりと見ていることが必要です。

環境を整え、部下にチャンスを与えること。
それができるかどうかが上司の力量です。

チャンスを与える際には、
部下の能力より少し高いハードルを課すようにします。
ただし、力不足でうまくいかないケースもあるため、
その際に大事なのは、
・今まさに部下が高いハードルを乗り越えようとしている時なのか
・自分の力量に限界を感じている時なのか

どちらなのかを見極める必要があります。
限界であれば働き場所を変えて、
時間を置いて、チャンスをもう一度作ってあげましょう。
上司がいくらチャンスを与えても、
最終的に『私がやる』と部下本人が思わなければ絶対うまくいきません。

伝えたいことが伝わりにくい場合などは、
伝えたい相手との距離感が
あなたよりも近い人に代わって話してもらうと
効果的な場合もありますので、
伝わらないと悩まずに、
柔軟に、時には時間をかけて伝えていくことが大切です。
また、部下を褒めておだてるだけではなく、
時には言うべきことはしっかりと言い、
厳しさゆえの優しさにより、
愛情を注ぐことが大切です。

褒めて育てるという考えと、
高い志を持って厳しく鍛える両方を兼ね備えた、
『厳しい、かつ温かい組織』を作りましょう。

目的がしっかり理解でき、
価値観が共有できれば、
部下はそれに沿う形で創意工夫を加えるようになります。
このように、自分の頭で考えて、
試行錯誤しながら取り組ませることで、
やりがいを与えることができます。
部下が工夫する楽しみを覚えると、
仕事が楽しくなり、
上司からのフィードバックを前向きに受け取るようになり、
そのうちに実力もついていきます。

苦労は全部自分でするからこそ実になり、
またそうゆう修羅場を経験した人だからこそ、
次の時代を担う人材を育てていけます。


部下が上司を好きになってくれて初めて
良い関係が作れることを忘れてはいけません。
そのため、
自分の頭で考えて改善を加えていくような
『ゴールのない仕事』を与えることが必要です。
そうすることで、部下の仕事観が変わり、
部下が成長することで上司側も成長することができます。
時には
現場に出て現状把握したり、
自ら動いて部下に方向性を示したりすることも必要です。
仕事を完全に把握した上で、
部下を信じて仕事を任せるのが上司本来の役割だからです。
仕事の方向性を自らしっかり示せる上司は、
部下から厚く信頼されます。
どんなトラブルが起きても
最後は上司が現場に来て一緒に問題に立ち向かってくれると
部下が思ってくれるような信頼関係を築くことができれば、
部下も上司のために何としても頑張ろうと行動してくれます。

信頼寄せられる上司を目指して
部下を育成していきましょう。
人生は変えられる!

頑張る自分へのご褒美を検索

読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

自己紹介

自分の写真
会社役員         こんにちは!人としての器を広げるための情報発信ブログです。 休みの日は、緊急事態宣言解除されたので、サウナ解禁しました。クイーンのボヘミアンラプソディーをピアノで弾けるように特訓中です。

Twitter

ブログ アーカイブ

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ