【保存版】GMOオフィスサポートの評判を徹底検証!審査の流れ・クーポン情報・登録住所まで解説!

2023年12月10日

リーダーシップ術

t f B! P L
                    本記事は広告・プロモーションが含まれてます
GMOオフィスサポート



コスパ抜群!

※3ヶ月分無料キャンペーン開催中



この記事では、
『GMOオフィスサポートについて詳しく知りたい』
『実際にGMOオフィスサポートを利用した、生の口コミ評判を確認してから利用するか決めたい』
『GMOオフィスサポートのメリット、デメリットを確認してから利用するか検討したい』

など、GMOオフィスサポートを初めて知る方をはじめ、
バーチャルオフィス選びを決めかねていたり、
悩まれている方向けに、まとめています。

上場企業が運営する信頼性の高いバーチャルオフィスを利用したい方は、
GMOオフィスサポートはおすすめです。

最近申し込みした方の口コミ評判、利用する上でのメリットやデメリット、
申し込み・審査の流れ、お得に住所登記できる10%OFFクーポン情報、
申し込み検討の際によくある質問まで、詳しく解説していますので、
忙しく、後で確認したい方は、ブックマーク等しておくと便利です。

バーチャルオフィス選びで
GMOオフィスサポートを検討されている方は
登記準備に向けた施策として参考にしてみてください。

コスパ抜群!

※3ヶ月分無料キャンペーン開催中


GMOオフィスサポートとは

GMOオフィスサポート

GMOオフィスサポートとは、東証プライム上場企業のグループ会社である、
GMOオフィスサポート株式会社が2021年12月7日に開始した
好立地バーチャルオフィスです。

バーチャルオフィスとは、
実際のオフィスを持たず、住所のみ存在するオフィスのことです。

バーチャルオフィスを活用することで、
賃貸オフィスに支払う賃貸料などの管理費用が削減できます。

GMOオフィスサポートは、
バーチャルオフィス業界の中では比較的キャリアが浅いサービスながら、
月額660円~という業界最安水準の利用料金
充実したオプションサービスと利用者のビジネス支援を武器に、
業界トップクラスの人気を誇っています。

Amazonなどを利用してせどりをしたり、
BASEなどで自分の商品を販売する場合、
特定商取引法によって個人や法人の住所表記が義務化されている関係上、
自宅住所を公開することによる嫌がらせや、
副業がバレてしまい、なんらかの不都合が生じたりするリスクを避けるために
個人のバーチャルオフィスの住所利用が増加しています。

※バーチャルオフィスは「支払手数料」「外注工賃(業務委託料)」のどちらかで経費処理できます。また、郵便物転送については「通信費」として申告してください。

現在、ご利用いただける住所は、
渋谷、新宿、銀座、青山、秋葉原、目黒、恵比寿、横浜、名古屋、梅田、心斎橋、京都、神戸、博多・天神の15拠点。

他拠点についても
近日提供予定となっており、対象エリア拡大中です。
どこも好立地な場所のため、
会社の印象を格段に上げることができる上、
お客様のニーズに合わせてお好きな住所を選択可能です。

また、GMOあおぞらネット銀行と提携しているため、
口座開設が容易かつ利用システムがシンプルで使いやすいこともあり、
バーチャルオフィス初心者から高い支持を得ています。

2023年10月1日からのインボイス制度の導入により
住所借りする方が増加している状況下、
GMOオフィスサポートのバーチャルオフィスは
新規ご契約特典として、
初年度の基本料金の3ヶ月分の無料キャンペーン実施中です。


この記事では、
GMOオフィスサポートのバーチャルオフィスを検討している方向けに
登記可能な住所のご紹介、評判や口コミ、サービスの特徴を徹底解説していきます。

GMOオフィスサポートの評判を徹底検証!

GMOオフィスサポート 利用者の口コミ評判

GMOオフィスサポートについて、口コミ評判を調べてみたところ、
サービス内容に関する口コミがX(旧twitter)で数多く発信されていました。 

GMOオフィスサポートを利用した49人の口コミ情報を元に
独自調査を行い、グラフ化してまとめてみたところ、
8割以上の方が良いという評価を下していましたので
利用するに値する価値が提供されているサービスと言えます。

GMOオフィスサポート 良い評判vs悪い評判 

調査期間:2021年9月~2024年1月

  1. 良い評判82%
  2. 悪い評判18%



WEB上で流れている情報は公式サイトでは
リサーチできないディープな情報が多いです。

公式の場では絶対に語らないような
心情を吐露しているものが多いため
その分野の人々の生々しくリアルな感覚を
自分の中に取り込むことができる点、
また公式情報の裏付けを取るために、有効な情報取集手段です。

情報収集の順番は、
必ずオフィシャルな情報をスタート地点に置き、
それらの情報をきちんと抑えた段階で
ディープな情報に進むようにしましょう。

そうすることで、より的確に情報の取捨選択が可能になります。

口コミ評判の詳細については、下記にまとめてますので
GMOオフィスサポートを利用検討の参考にしてください。

コスパ抜群!

※3ヶ月分無料キャンペーン開催中



GMOオフィスサポート 良い評判


私もGMOのバーチャルオフィスです笑
審査書類これで本当いいの?ってくらい緩い感じでありがたかったです😆

— こずえ (@Konoe1234) October 28, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

GMOのバーチャルオフィス審査通った🙆

申請して半日。審査緩いとは聞いてたけど、法人審査で登記簿も印鑑証明も提出なしって逆に大丈夫か心配になるね😅提出したのは会社のHPと本人確認書類のみ。これから登記する人も申し込むことを考えたら、そんなものなんかな。何にせよ審査通って良かった!

— ユミ👠アドセンス×他社広告ブログ (@ymlife_) October 27, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

バーチャルオフィスはいろんな会社さんが運営していますが、個人的にはGMOさんが1番合っていました☺️

— くぐい🦢Web系フリーランス専門Webデザイナー (@991design) December 20, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

本日GMOオフィスサポートへ登録しました。個人事業開設後2カ月後にまさかコロナ流行で法人成りが遅れています。屋号は[ Lux Co.,Ltd ]ですLuxは贅沢の意味が有りますがお金や物質的贅沢よりも[子育て家族支援事業]推進に当たり、仕事でイライラを1つでも多く子供に笑顔を家庭に持って帰れる贅沢

— くまどん (@G3pPnZcHQ3BTAwd) February 5, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

今、TLにGMOのバーチャルオフィスの広告が出てきた。あおぞら銀行の口座開設の案内もつけるとのこと。口座開設は確約でないにしても、上場企業、とその会社のネットバンクもバーチャルオフィス認めてくると他の金融機関もバーチャルオフィスを認めてくるのかな。オフィスの固定費削減派が加速しそう

— porkbelly🐷 (@porkbara) March 8, 2022

(引用元:X 旧Twitter) 

GMOオフィスすごいですね。バーチャルオフィスが月額660円ですって。

— 小野妹子65535@プログラマー (@OnonoImoco65535) January 1, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

GMOオフィスサポートまじで便利だな…

— ゆずもげら (@yzmogera) August 18, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

バーチャルオフィスは安くて信頼性の高いGMOオフィスサポートがおすすめです!

— シーモ@夫婦で法人化 (@shi_mo43) October 22, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

ちょうど今月久々に会社作って、GMOサイン契約!
というかGMOオフィスサポートかなり便利で台湾に住みながらでも法人設立簡単!

— Masaya KAWABE🇹🇼 (@kawabe038) November 30, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

バーチャルオフィス
GMOオフィスにて、バーチャルオフィスを申し込み
まあ、今の仮住まいを名刺などに刷ることはやっぱり抵抗がある
プライバシー保護のためにも、バーチャルオフィスは便利だねー

— FP星人 (@CFPSeiji) September 5, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

GMOオフィスサポートなるものが結構安くて良さげ

— 小泉ひやかし🌻無職 (@nnsnodnb) August 16, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

こっそり言います。
福岡のバーチャルオフィスの最安値がハンパない状態に更新されています。

以前 ワンストップビジネスセンター ¥5,200

なう GMOオフィスサポート ¥1,650

— LiLy | リリー (@lily_money_lily) March 10, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

コスパ、住所の知名度、サービス的に
GMOオフィスサポートかDMMバーチャルオフィスが良さそうかも。
使ってみないと良し悪しが
分からないこともある
と思うから
まずは試してみるって勇気が必要かな。

— SKYDeTonator (@SKYDeTonator) July 29, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

これから法人登記を考えてるフリーランスへ

DMMやGMOでバーチャルオフィス契約すれば月2,000円くらいでいけるよ。
法人口座開設を有利に進めるために固定電話は契約した方がいいからそれもやってね。そしたら月5,000円くらいでいけるよ。
僕みたいに3万払わないでね。笑

— しらかわ@教員退職から1年でSNS起業 (@shirakawa_re) August 3, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

渋谷へ来たついでにGMOのバーチャルオフィスへ予約をして、郵便物の受け取りに行った。しかし、予約日を1日間違えて門前払いを喰らった…予約してないと荷物を渡せないとのことで、徹底したオペレーションに感服

— イノシン@経営企画 (@Shinya_Inoue) August 9, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

格安のバーチャルオフィスに申し込んだらぜんぜん返事が返ってこないので、GMOオフィスサポートに申し込んだら一日で本人確認&審査終わった!
これで開業届出せるぜ!

— コレステロール・C・きったん@ウクレレはじめました (@kittanradio) April 27, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

GMOオフィスサポートで契約!銀座の番地をいただきました、やったね

— Hiroaki Miki (@cloudeep_miki) April 26, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

必見
起業に必要な住所は、バーチャルオフィス!

「銀座」や「青山」などの住所を年約1万円〜で借りて登記することができる!
僕は大きな取引が必要無かったので、ずっと使わせてもらってる!!
銀行口座や取引で問題になったことは1回もない!

起業したての節約は超大事!

GMOも始めたらしい

— Endo|起業の効率化 (@iU4kisei) February 3, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

GMOオフィスサポートの郵便物転送のサービスがだんだん良くなって来てる。ありがたい。

— Hiro@game.developer (@hiro_4455) January 27, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

副業のせどりで法人化を決意。
マネーフォワードで書類を準備
GMOでバーチャルオフィス契約
リベ大生の税理士と契約
マネーフォワードもバーチャルオフィスも年間2、3万程度だけど、
税理士は年間50万、、、

— トット@せどり/法人化/リベ大 (@tottoFIRE) January 3, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

あけましておめでとうございます😊

今年もよろしくお願い致しますm(_ _)m

今年は独立するため、その意思表示も兼ねて早速GMOオフィスサポートで住所契約の登録をしました👍

あとは審査が通れば個人事業主の開業届を提出して、会計ソフトをfreeeとマネフォワで1ヶ月使い比べてみようと思います😊

— くくたる@フリーランス薬剤師 (@Cucalfort) December 31, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

【おすすめバーチャルオフィス】
1. GMOオフィスサポート
2. レゾナンス
3. NAWABARI

バーチャルオフィスを利用する事で「賃借料のコスト低減」「個人情報の漏洩リスク回避」「一等地の住所の利用」など様々なメリットがあります。

— フリーダッシュマン@フリーランス (@freedashman) December 11, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

渋谷でバーチャルオフィス借りるんだけど、GMO一択ですね
だって直接荷物を受け取れるんだもん♪
しかも安いしね

— Bybit_Referral_Code (@Bybit_Referral) October 27, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

インボイスって住所氏名公開だから匿名のクリエイターの住所氏名が分かるようになるんかな?

匿名問題もそうだけど、住所をネットで全世界へ公開されるのも嫌がる人増えるだろから、GMOオフィスサポート的なところで住所借りする人増えそうだなぁ

— 村上ゆういち@魔税理士 (@Jeanscpa) September 10, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

とりあえず、GMOオフィスサポート(月980円)+クラコール(月1180円)、GMOあおぞらネット銀行(事業計画提出)で会社住所と会社電話番号と法人口座手に入ったので、これからちっちゃい事業起こす人のために共有しとく。
多分かなり安めに揃えられたと思う。

— とりうみ (@kojin_iken_dayo) September 28, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

会社作るぞ💪 → オフィスは要らないけど自宅住所を登記したくないのでバーチャルオフィスで → 銀行口座も作らなきゃ → 銀行「バーチャルオフィスは怪しいのでダメ」
というのがあるあるらしいけど、そこで銀行が噛んでいるの強い。

— kusanoさん@がんばらない (@kusano_k) December 7, 2021

(引用元:X 旧Twitter)

バーチャルオフィスのGMOオフィスサポートを利用しており初めて設立住所に伺いましたが、親切丁寧に様々な対応をやっていただいて、非常に良かったです。また自社サービスを選んだ理由なども聞いていただきましたが、サービス改善も積極的に行っている様子で、素晴らしでした

— Yuta Kikuchi@ab3, inc. / Do&Do., inc. (@yutakikuchi_) August 26, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

これまでバーチャルオフィスだと銀行口座の開設に苦労しましたが、GMOあおぞらネット銀行と連携してスムーズに口座開設できるようになるのは衝撃的。
「バーチャルオフィスだから口座開設できない」に良い影響が出そうです!
元ツイートのリンク見ると月額1,650円で十分すぎるサービス内容。。

— みつき / 元公庫職員VTuber (@mitsuki1141) December 7, 2021

(引用元:X 旧Twitter)

届け!法人化に悩む方に
設立当時、僕のパターン

粗利  →60万/年
銀行口座→GMOあおぞらネット銀行
オフィス→自宅&バーチャルオフィス
経理処理→無料会計ソフトに おんぶにだっこ
税務申告→税務署のおじさんに おんぶにだっこ

経験ない僕でも一人でできた。
詳細の説明はリプ欄で↓

— ゆーがた🐻‍❄️米国ETFマフィア (@yougottafire) December 3, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

GMOさんのバーチャルオフィス事業が名古屋でも始まっていた😭
個人なら月額990円〜!法人でも1.650円〜利用できるって凄い!(◎_◎;)しかも9月末まで3ヵ月無料キャンペーン!
固定費を抑えられて助かる♪

— TierraDesign × Shopify (@erishopify) September 5, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

GMOのバーチャルオフィスにすれば良かった・・・すれ違いにサービス開始したんだな。。

— eth_bento (@iost_bento) January 15, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

GMOのバーチャルオフィスで銀行口座とカソツー法人口座開設できたらそれだけですごい価値を感じる

— ガリンペイロ (@Garimpeiro_kun) December 22, 2021

(引用元:X 旧Twitter)

新規だと銀行の法人口座開設サポートはかなりのメリットに感じます
創業時、断られまくって大変でした😭
今PayPay銀行は作りやすいのかな?JNBではダメでしたが

業界最安水準で信頼性が高いバーチャルオフィスサービス「GMOオフィスサポート」提供開始 

— 優一朗 (@yuichiro_51) December 7, 2021

(引用元:X 旧Twitter)

さっき教えてもらったんだけど、GMOがバーチャルオフィス事業やってて、しかも、渋谷駅チカ住所で、郵便物転送費用込みでも1650円/月っていう価格破壊してた。

— ロン (@CEO_loves_tech) December 22, 2021

(引用元:X 旧Twitter)

GMOがバーチャルオフィス事業スタート
→GMOあおぞらネット銀行の口座開設連携

従来バーチャルオフィスでは銀行口座開設が困難だったけど、それを吹き飛ばす衝撃。

月1郵便転送+法人登記OKが月額1,650円(税込)。
賃貸オフィスを使う動機が弱くなっている中でこれは強いな〜。 

— 有山貴清@10/28副業スモビジ・12/2アダルト イベント開催! (@mksaryo) December 7, 2021

(引用元:X 旧Twitter)

バーチャルオフィスを選定する上で、最も重視される
  • コストパフォーマンス
  • 会社住所の信頼性
  • 銀行口座の開設サポート
これら全ての条件において、
GMOオフィスサポートが提供するバーチャルオフィスは
業界最高水準のため、当然と言えば当然の結果ですね。

GMOオフィスサポート 悪い評判

GMOオフィスサポートを継続して利用しているのですが、ログインフォームがわからず、間違ってサインインした時まで来店になるオートメーションが組まれている。カゴ落ちを防ぐためだと認識していますが、もうちょっとわかりやすくしてくれれば、こんな変なことにならずに済むのにな。

— 小形洸太@マーケティング×ツールマニア (@successpartner_) January 6, 2024

(引用元:X 旧Twitter)

結局03PlusはGMOバーチャルオフィスで03番号は不可でした。
そもそもバーチャルオフィスでは取得不可のようです。
そこでクラウドPBXを提供するナイセンクラウドで契約してみます。
ケータイから03の発着信できます。

— ゆーか代表 (@yumarketing2022) August 12, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

もうちょっと住所が選べると嬉しいんですけどねー。都心まではいらないのでーw

— Manabazu@🌞PAX ITeana🌎️ (@Manabazutie) December 9, 2021

(引用元:X 旧Twitter)

405号室のGMOオフィスサポート、GMOグループのバーチャルオフィスですね。しかも月660円から借りられるらしい。以前スパム業者がドメイン取りまくるで有名になったGMOグループ。大手でちゃんとした会社なんだけどなんか甘い部分あるんだよなぁ。

— ゆか (@hana570105) November 15, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

GMOオフィスサポートのバーチャルオフィスの料金プラン。とても巧みな方法で高いプランに移行させようとするので、感心してます。そしてこの度、高いプランに変更するしかなく、泣く泣く変更しました…😅

— 志野恭子〈キャリコン×産業保健師〉CocokaraCareerココカラキャリア (@cocokaracareer) October 5, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

GMOオフィスサポートのバーチャルオフィスは、郵便転送なしなら660円から…。
電話もなく郵便も届かない住所だけ貸すビジネスはちょっと公序良俗的にどうなんだろう

書留とか送ってみると先方が月650円か1650円(郵便転送あり)か契約プランがわかるかもしれないね。

— KENISHIK サザエ (@sollevante2022) March 29, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

ひとまずGMOオフィスサポートに申し込みました。本人確認に1−3営業日かかるとのこと。ということは最短でも1月4日ですね・・・。

— 小野妹子65535@プログラマー (@OnonoImoco65535) January 1, 2023

(引用元:X 旧Twitter)

GMOオフィスサポートは申し込みさせてから審査の前に金払えっておかしくない?変な会社でも先に契約実績成立した事になっちゃうんじゃねーの?審査通らなかったら金だけ持ってくのか?返金してくれるとしてもめんどくせーじゃん色々と

— ヤマアラシ (@argame) December 8, 2022

(引用元:X 旧Twitter)

GMOのバーチャルオフィス借りてみた。
980円で登記できるのいいし
登記すると郵便物の転送がいるからもっと高くなるけど

ほぼ審査無いのは大丈夫か?

— matsutsune (@matsutsune) December 9, 2021

(引用元:X 旧Twitter)

GMOオフィスサポートの10%OFFクーポンコード・キャンペーン

GMO クーポン


GMOオフィスサポートのお申込みの際、
クーポンコードを使うことで1年契約の月額基本料金を10%引で利用が可能になります。

申込みフォームにクーポンコード欄がありますので、
下記コードを入力してお申込みください。

GMOオフィスサポートのクーポンコード:t0u0y6

このクーポンコードは、
転送なしプラン、月1転送プラン、隔週転送プラン、週1転送プラン
全てのプランで使用可能です。

また、GMOオフィスサポートのクーポンは、
現在開催中の3ヶ月無料キャンペーンと併用も可能です。

GMOオフィスサポートの3ヶ月無料キャンペーンは、
新規契約した人の基本料金が、なんと3ヶ月間も無料で利用可能になるサービスです。

開業時に自宅以外の住所を法人登記に使いたい方や、
オフィスの維持費を削減したいという方はこの機会にご検討してみてください。

コスパ抜群!

※3ヶ月分無料キャンペーン開催中


GMOオフィスサポート クーポン利用での申し込み/審査の流れ

GMOバーチャルオフィス新宿 申し込み/審査の流れ


GMOオフィスサポートは、
簡単4ステップの手続きで完了します。

申し込み
クレジットカードの登録と決済
代表者の本人確認
バーチャルオフィスの開設

本人確認がその日のうちに終われば、
即日からバーチャルオフィスの利用が可能になります。

シンプルかつ簡単手続でスタートを切れる利便性は
事業実績が少ない個人事業主やフリーランスから
多くの支持を受けている強みの1つでもあります。

個人と法人の申し込み審査の違いは、
個人はお支払い完了後のスタートとなり、
法人は審査完了後のスタートとなる点です。


GMOバーチャルオフィス新宿に個人で申し込む場合


GMOバーチャルオフィス新宿に個人で申し込む場合


STEP1 お申込み

お申込みフォームから必要情報を入力

クーポンコード欄がありますので、
下記コードを入力してお申込みください。

GMOオフィスサポートのクーポンコード:t0u0y6


STEP2 お支払い

クレジットカードをご登録後、ご利用料金の決済


STEP3 本人確認/審査

お申込み者の本人確認を実施後、お申込み内容の審査開始

※審査は最短即日で完了します。


STEP4 最短即日ご利用開始

お支払い完了日より、
バーチャルオフィスをご利用いただけます。


GMOバーチャルオフィス新宿に法人で申し込む場合


GMOバーチャルオフィス新宿に法人で申し込む場合


STEP1 お申込み

お申込みフォームから必要情報を入力
※数分で完了できます

クーポンコード欄がありますので、
下記コードを入力してお申込みください。

GMOオフィスサポートのクーポンコード:t0u0y6


STEP2 お支払い

審査前にクレジットカードを登録し、基本利用料(月額)の決済
※審査落ちした場合には、当該費用は返還されます。


STEP3 本人確認/審査

審査に必要となる代表者本人の確認書類をアップロードし審査開始
※審査は最短即日で完了します。


STEP4 最短即日ご利用開始

審査完了日より、バーチャルオフィスをご利用いただけます。


GMOオフィスサポート 利用者の傾向

GMOバーチャルオフィス利用者の傾向

フリーランスのWebデザイナーやWebエンジニア

仕事は主にPCがあれば可能なため、
わざわざ自宅以外にオフィスを構える必要性がないことから、
GMOオフィスサポートで法人化して、仕事は自宅で行うというパターンです。

オンラインストアで販売の仕事をしている事業主

WEBで販売するための商材の仕入、
販売後の梱包を自宅で行い、
表向きのオフィスはバーチャルで。というパターンです。

GMOオフィスサポートには、
ブランド性の高い住所のオフィスがあるため、
青山や渋谷などの住所を登記して、
アクセサリーや服飾のオンライン販売における
集客につなげる方も少なくありません。

自らお客さんのいる場所に出向いて仕事をする業種

整体師、インストラクター、パフォーマーなどにも
GMOオフィスサポートが重宝されています。

これらの業種の方は、自宅を事務所代わりにすることで、
お客さんが自宅を訪ねてきてしまったりなど、
プライベートが侵されるリスクがあるため、
その防止策としてバーチャルオフィスを構えている傾向があります。


さらに、業種問わず
GMOのブランドと圧倒的なコストパフォーマンスから
自宅と仕事場を分けたい
20代~30代のフリーランスや個人事業主の間で
GMOオフィスサポートは人気を博しています。

GMOオフィスサポート 4つのデメリット


GMOバーチャルオフィスのデメリット


デメリット1:選択できるオフィスがまだ少ない

GMOオフィスサポートのバーチャルオフィスは
昨年から開始したサービスであることもあり
2023年12月時点で、
まだ東京・神奈川・名古屋・大阪・京都・兵庫・福岡にしか拠点がない状況です。

他社のバーチャルオフィスは
既に全国50拠点を超える会社もあるため、
登記の住所にこだわりなく、価格重視の方にとっては問題ないですが、
地方で法人登記したい方にとって、選択肢がないことが残念ポイントです。

ただ、GMOオフィスサポートでは、
利用できる住所を全国拡大していくことを宣言しているため、
この差が埋まるのは時間の問題と思われます。

デメリット2:受付・秘書の代行は行っていない

他社のバーチャルオフィスでは、
有人の受付対応や電話秘書代行のサービスも
対応しているところもあります。

しかし、GMOオフィスサポートでは
そのようなサービスはなく、無人住所になります。

そのため、関りを持つ会社や関係者に
前もってバーチャルオフィスであることを伝えておく必要があります。

デメリット3:貸し会議室が用意されていない

GMOオフィスサポートのバーチャルオフィスでは、
貸し会議室が用意されていないため、
商談などで打ち合わせスペースが必要な際は、
トーキョーサンマルナナ株式会社が運営している、
「Threes」というサービスを利用することをおすすめします。

「Threes」は、
個室のテレワークスペースが15分で50円から使用できるサービスで、
GMOオフィスサポートの契約者であれば、
このThreesの利用料金から5%割引で利用することができます。


デメリット4:転送付きプランの場合、2つのオプション加入が必須

GMOオフィスサポートの転送付きプランに加入する場合は
以下2つのオプションの加入が必須になることを理解した上で、
契約する必要があります。

①速達・書留転送  660円/通

速達郵便は速達郵便で転送する
一般書留と簡易書留は到着翌営業日に転送する

②不在表通知  220円/通

受け取り出来ない郵便物が届いた場合、
不在票の写真をマイページ上で通知が来る


転送付きプランに加入していても、
上記の①②に該当する郵便物が届かない限りは、
料金は発生しませんが、
仮に届いた場合は、上記のオプションが自動的に適用されて
追加料金が発生しますので、ご注意ください。


GMOオフィスサポート 5つのメリット

メリット1:銀行口座の開設申し込みがスムーズ

メリット1:銀行口座の開設申し込みがスムーズ

バーチャルオフィスの最大のデメリットは、銀行口座の作り難さです。

現在でもバーチャルオフィスを利用しての法人口座開設の審査は厳しく
口座開設に失敗するバーチャルオフィス利用者が後を絶ちません。

その点、GMOオフィスサポートでは、
送金手数料が安いグループ会社のGMOあおぞらネット銀行と提携しており、
月額利用料・年会費なども不要。
金融機関とのしっかりしたパイプを構築しているため、
事業の実績が少ない個人事業主やフリーランスでも、
銀行口座の開設申し込みがスムーズに完了します。

この点は、金融系大手のGMOが運営している強みであり、
他のバーチャルオフィスではまずこのようなサービスはありません。

GMOあおぞらネット銀行が発行するキャッシュカードは、
Visaビジネスデビットカードの機能が自動付帯しているため、
法人用のクレジットカードも作れて一石二鳥です。
さらに10万円の融資枠を標準装備した「あんしん10万円」も提供しています。

メリット2:業界最安水準かつシンプルな料金体系

メリット2:業界最安水準かつシンプルな料金体系


GMOオフィスサポートは、
後発のバーチャルオフィスではあるものの、
業界最安水準の料金設定となっており、
住所利用のみ(郵便転送なし、法人登記不可)のプランであれば、
月額660円~で利用できます。


月1転送プランであれば月額1,650円(税込)、
隔週転送プランであれば月額2,200円(税込)、
週1転送プランであれば月額2,750円(税込)で利用できます。

一番高いプランでも業界の平均を大きく下回り、
さらに初期費用も0円ですので、
料金が安いといわれる他のバーチャルオフィスと比べてみても、
明らかに安いことがわかります。

コストパフォーマンスを重視する方にはおススメのオフィスです。

ここからは各プランについて具体的に掘り下げてご紹介します。

①転送なしプラン 660円(税込) ※クーポン利用可

GMOオフィスサポートの転送なしプランは、
月額660円で利用できます。

自身のwebサイトでメルカリなどを利用して、
転売の副業をする際には、
特商法の表記、運営者情報の表記が必要となります。
その際、自宅の所在地を公表したくない方に
このプランはおすすめです。

注意点として、
法人登記、郵便物転送サービスは含まれないため、
法人での運営の場合、郵便物が届く可能性がある場合は、
他のプランを検討するようにしましょう。


②月1転送プラン 1,650円(税込) ※クーポン利用可


GMOオフィスサポートの月1転送プランは、
月額1,650円(税込)で利用できます。

郵便物の転送が月1ペースでOKの方は、
こちらのプランがおすすめです。

法人登記後は、行政から送られてくる
郵便物を受け取る必要性が出てくるため、
最低でもこのプランを利用する必要があります。


③隔週転送プラン 2,200円(税込)※クーポン利用可


GMOオフィスサポートの隔週転送プランは、
月額2,200円(税込)から利用できます。

取り扱う書類に提出期日が決められているなど、
1ヶ月に1回の郵便物転送ペースでは、
納期的に支障をきたす方はこちらのプランがおすすめです。


④週1転送プラン 2,750円(税込)※クーポン利用可


GMOオフィスサポートの週1転送プランは、
月額2,750円(税込)から利用できます。

このプランを利用することで、
郵便物転送が毎週保証されますので、
締め切りのある書類について遅滞なく対応することができ、
安心して事業運営することができます。


各社バーチャルオフィス比較 ※2024年1月現在

サービス名 料金 初期費用/保証金 住所利用 郵便物転送 電話転送 貸会議室
GMOオフィスサポート 660円~2,750円 無料 東京、横浜、名古屋、大阪、京都、福岡 可(月1 無料郵便転送あり) × ×
NAWABARI 980円~ 無料 東京(目黒 ×
PocketOffice 980円~ 5,000円 東京(渋谷
レゾナンス 1,650円~19,800円 5,500円 東京、横浜 可(都度払い)
Karigo   3,300円~10,400円 5,500円~10,400円 全国 可(都度払い) ×
アントレサロン 3,980円~ 無料 全国
ワンストップビジネス 4,800円~ 9,800円~ 東京 可(月1 無料郵便転送あり)
ナレッジソサエティ 4,950円~ 15,000円 (保証金30,000円) 東京 可(月1 無料郵便転送あり)
DMMバーチャルオフィス 660円~ 5,500円 東京、大阪、愛知、福岡 可(実費負担) ×


※※バーチャルオフィス選びの最大のポイントは郵便物転送※※


バーチャルオフィスを始めて利用する方は、
郵便物転送について軽視してしまい、
入会金や月額だけを見て、
選択してしまっているケースが少なくありません。

しかし、実際に事業をスタートすると、

  • 各種税金に関する納付書、申告書
  • 国民健康保険に関する納付書
  • 取引先、クライアントからの郵便物
  • ダイレクトメール

などの郵便物が定期的に届きますので、
その内容を判断するには、
郵便物を自ら取りに行くか転送してもらう必要があります。

中には、
クレームのお手紙であったり、滞納・未納に関するお知らせなど、
早期に対応が必要な内容があるケースもあることから、
週1ペースで郵便物を確認するのがベストです。

ただ、週1ペースで自ら郵便物を取りに行くのは、
あまりにも手間がかかりますので、
実情は隔週または週1転送プランで最終的に利用している割合が
圧倒的に多いのが現状です。

一度バーチャルオフィスを契約してしまうと、
住所変更などの手間が生じてしまうことから
別のバーチャルオフィスへの乗り換えが難しくなります。

予想以上に郵便物は届きますので、
契約後、思っていたよりも転送料金が高い・・と後悔しないように
オールでの想定コストで
バーチャルオフィス選びを行うことを推奨します。

上記を踏まえて一番お得なバーチャルオフィスを検討した場合、
GMOオフィスサポートが全バーチャルオフィスの中で最安となります。


 メリット3:財務基盤の圧倒的安心感


社名資本金                       
GMOオフィスサポート2億9,000万円      
Karigo4,168万円      
ナレッジソサエティ1,100万円      
DMMバーチャルオフィス1,000万円      
ワンストップビジネス1,000万円      
レゾナンス500万円      


バーチャルオフィスを利用する際、
留意しておかなければいけない点として、
バーチャルオフィスの運営会社が倒産した場合、
その会社が提供していた住所は使用不可になります。

また1から新しい住所を探して選定し、
これまで登録済の住所を全て新住所へ変更。
さらに、名刺やチラシ、パンフレットなどの印刷物を作り直すなど、
多大な労力と手間、損失が発生するリスクが伴います。

特に法人の場合、新住所への変更に伴い、
「法人税」「住民税」「社会保険」等の観点から
様々な自治体に対して移転申請を行わなければならず、
追加費用の負担も伴います。

その点、
GMOオフィスサポートは
東証プライム(旧東証一部)上場企業である
GMOグループが運営してます。

会社の財務基盤を測る上で重要な資本金でみても、
他社とは比較にならない程の信頼安心感が強いため、
使用している住所が使用不可になるというリスクは限りなく低いです。

メリット4:一等地のブランド住所を利用可能

メリット4:一等地のブランド住所を利用可能


会社登記する際、
住所選定はお客さんからの信頼性や安心感を得る上で
とても重要な仕事です。

GMOオフィスサポートは渋谷、新宿、銀座、青山をはじめ、
どの地域のオフィスも、安心と信頼を与える住所です。

本来オフィスを借りる際に発生する賃料を払うことなく、
一等地のブランド住所が手に入るため、
コストパフォーマンスは抜群です。

また、登記した住所は、ホームページをはじめ、
企業活動として必要な印刷物全てに記載できるため、
会社のブランディング、集客の向上に
大きなプラスに作用することは間違いありません。


メリット5:充実したビジネス支援サービス

メリット6:充実したビジネス支援サービス


他社のバーチャルオフィスは
格安ではあるものの、
住所提供のみのサービスしかないというケースもあります。

GMOオフィスサポートは、
月額660円での住所利用をはじめとして、
郵便物の転送希望頻度に応じて
月に1回、2週間に1回、週に1回と、
3つの転送サービスプランが用意されており、
必要に応じて速達依頼も可能です。

また、必要に応じて、
基本料金にプラスの料金を払うことで、
会社運営する上で必要となる様々なビジネス支援が充実していることも
GMOオフィスサポートが人気を博している大きな理由です。

ビジネス支援メニュー

・銀行情報連携<無料>

GMOあおぞらネット銀行口座申込み時に、
GMOオフィスサポートに登録済みの情報を連携し、再入力の手間を省くサービス

・事業計画書フォーマット<無料>

銀行口座申込み時等に使用可能な、事業計画書のフォーマットサンプルを無料で提供!

・クラウド会計サービス

独自ドメインの取得とGoogle Workspaceの初期設定を代行し、
メールアドレスが利用可能な状態で提供

Money Forwordクラウド会計:お試し1ヶ月無料+年会費2ヵ月分値引
freee会計:お試し1ヶ月無料

・スターズラボ会計事務所/代官山税理士法人/MIKATA(ご相談無料)

会社設立や創業に伴う融資に強い、税理士事務所をご案内

・電子印鑑GMOサイン

導入実績No.1の電子契約サービスが使用可能。
オンラインでの契約締結で、時間とコストを大きく削減することも可能。

・メールアドレス設定代行

独自ドメインの取得とGoogle Workspaceの初期設定を代行し、
メールアドレスが利用可能な状態でご提供。

・法人設立用印鑑  (15,000円~)

法人登記や銀行登録等、各種手続きに必要な印鑑をワンクリックで注文可能

・法人設立登記代行(代行費は40%OFFの66,000円)

GMOオフィスサポート提携で安心できる司法書士事務所を案内可能。

・名刺作成(1,100円~)

名刺をワンクリックで注文可能。初期費用なしの小ロット(100枚~)で注文可能。

・ビジネスクレジットカード作成

創業直後でもビジネスクレジットカードが申し込める会社を案内。
ポイント特典もあり!

・固定電話番号サービス「03PLUS」

月額1,078円(税込)から03など市外局番入りの固定電話番号を取得し、
スマホのアプリで利用できる「03PLUS」をご案内。

・時間貸しワークスペースのThrees(スリーズ) 利用料金5%~割引

ホテルの快適な空間(個室・オープンスペース)を
15分単位で利用できるThreesをご案内。



会社運営する上で必要となるサービスは全て網羅されているため、
まずはバーチャルオフィスを借りて、
必要性が時点でビジネス支援サービスを利用するという使い方が得策です。

【クーポン利用可】バーチャルオフィスとして登記可能な住所・店舗のご紹介


GMOオフィスサポートで登記可能な住所は
2024年1月現在で15か所あります。

GMOバーチャルオフィス渋谷

GMOバーチャルオフィス渋谷


GMOバーチャルオフィス渋谷で登記できる住所は
「東京都渋谷区道玄坂1丁目10番8号 渋谷道玄坂東急ビル2F-C」です。

国道246号沿いで視認性が高く、
向かい側には渋谷セルリアンタワーがあり好立地。
再開発でさらに魅力を増す渋谷エリアの物件です。

GMOバーチャルオフィス渋谷


ビル内にレンタルオフィスやシェアオフィスも併設されており、
1階には打ち合わせに利用できる広々としたお洒落ラウンジもあります。

どこにオフィスを構えているかで、
企業イメージが変わることも少なくありませんので、
名刺やホームページで「渋谷道玄坂東急ビル」という住所を見た人に対して、
『信用あるビルにオフィスを構えているな』という安心感を与えることが出来ます。

東急というブランドを有したビルを
起業間もない人でも利用できることは大きなアドバンテージになりますね。


ストリートビューで渋谷道玄坂東急ビルの
立地の良さを確認してみてください。



GMOバーチャルオフィス新宿

GMOバーチャルオフィス新宿

GMOバーチャルオフィス新宿で登記できる住所は
「東京都新宿区西新宿3丁目3番13号西新宿水間ビル2F」です。

甲州街道沿いに建つコンパクトなオフィスビルで、
JR新宿駅から徒歩5分、大江戸線の都庁前駅から徒歩7分、
小田原線の西新宿駅から徒歩8分、といずれからも近い好立地です。

新宿は誰もが知る知名度の高いエリアですが、
そんな新宿エリアの中でも西新宿は、
東京都庁や多くの大企業もオフィスを構える場所で有名です。

先端的なオフィス高層ビルが建ち並ぶ
「東京都新宿区西新宿」の住所で登記することで、
取引先からの信用向上をはじめ、
ビジネス上で有利になることは間違いありません。


ストリートビューで西新宿水間ビルの
立地の良さを確認してみてください。



GMOバーチャルオフィス銀座

GMOバーチャルオフィス銀座

GMOバーチャルオフィス銀座で登記できる住所は
「東京都中央区銀座1丁目12番4号N&EBLD.6F」です。

銀座一丁目駅から徒歩2分、
宝町駅・京橋駅・銀座駅が徒歩4分圏内に点在している
絶好のビジネスロケーションに位置しています。

2021年に竣工されたばかりで、
スリムなフォルムの新しいオフィスビルです。

銀座は日本有数の繁華街で
お洒落で高級なブランド店が立ち並んでいるイメージがありますが、
オフィスビルも多いエリアでもあります。

世界的な認知度のある銀座で登記することで、
ブランディングの観点からも有利になることは間違いありません。

ビル名もセンスの良いネーミングのため、
起業、ECショップ、副業など、
これから自宅以外の住所が必要とされている方にとって
理にかなったバーチャルオフィスです。


ストリートビューでN&EBLD.の
立地の良さを確認してみてください。



GMOバーチャルオフィス青山

GMOバーチャルオフィス青山

GMOバーチャルオフィス青山で登記できる住所は
「東京都港区南青山3丁目1番36号青山丸竹ビル6F」
外苑前駅から徒歩3分の好立地です。

外観は黒を基調としたスタイリッシュな造りで、
アーチ型の窓が特徴的な
新規開業にお勧めのコンパクトオフィスビルです。


富裕層が住むファッショナブルな地域として知られている
南青山で登記することで、
ホームページを見て住所検索された場合にも、
安心感を与えることが出来るバーチャルオフィスです。


ストリートビューで青山丸竹ビルの
立地の良さを確認してみてください。



GMOバーチャルオフィス秋葉原

GMOバーチャルオフィス秋葉原


GMOバーチャルオフィス秋葉原で登記できる住所は
「東京都千代田区神田和泉町1丁目6番16号ヤマトビル405」
秋葉原駅から徒歩3分の好立地オフィスです。

1974年竣工のビルで、
昭和通りから一歩入った落ち着いた雰囲気のエリアに位置しています。
外観は落ち着いたブラウン吹付の外壁。

規則正しく並んだ窓が印象的な建物ですので、
ホームページを見て住所検索された場合にも、
安心感を与えることが出来るバーチャルオフィスです。

再開発によって高層オフィスビルが建ち並ぶ秋葉原は、
世界的にも有名なビジネス街になっており、
IT企業をはじめとして様々な業種が集まっている場所です。

低コストでしっかりしたオフィス形態を確保できるバーチャルオフィスは、
ますますニーズが高まってきています。


ストリートビューでヤマトビルの立地を
確認してみてください。


GMOバーチャルオフィス恵比寿

GMOバーチャルオフィス恵比寿

GMOバーチャルオフィス恵比寿で登記できる住所は
「東京都渋谷区恵比寿西2丁目4番8号ウィンド恵比寿ビル8F」です。

恵比寿駅から徒歩で6分の好立地。
1988年12月に建てられた地上8階のビルで、
白い外装に小型の四角い窓が規律良く並ぶ外観が特徴です。

恵比寿エリアでのバーチャルオフィスを検討されている方は、
絶好の候補に値するビルです。

ストリートビューでウィンド恵比寿ビルの
立地の良さを確認してみてください。


GMOバーチャルオフィス目黒

GMOバーチャルオフィス目黒

GMOバーチャルオフィス目黒で登記できる住所は
「東京都目黒区下目黒一丁目1番14号コノトラビル7F」です。

目黒駅から徒歩で2分の好立地。
1996年6月に竣工された地上9階建てのビルです。

目黒通りに面しており、目黒エリアでのバーチャルオフィスを検討されている方は、
絶好の候補に値するビルです。

ストリートビューでコノトラビルの
立地の良さを確認してみてください。


GMOバーチャルオフィス横浜

GMOバーチャルオフィス横浜

GMOバーチャルオフィス横浜で登記できる住所は
「神奈川県横浜市西区浅間町1丁目4番3号ウィザードビル402」です。


ターミナル駅である横浜駅から徒歩で9分。
仕事やレジャーのアクセスも便利な好立地。
モダンな雰囲気を感じさせる魅力的なビルです。

横浜エリアでのバーチャルオフィスを検討されている方は、
信頼と安心感を提供できるビルですのでおススメです。


ストリートビューでウィザードビルの
立地の良さを確認してみてください。


GMOバーチャルオフィス名古屋

GMOバーチャルオフィス名古屋

GMOバーチャルオフィス名古屋で登記できる住所は
「愛知県名古屋市中村区名駅4丁目24番5号第2森ビル401」です。

名古屋駅から徒歩5分の広小路通沿いにある
地上10階建ての好立地オフィスビルです。

郵便物の手渡し受け取りが対応していない点は残念ですが、
名刺やホームページで「愛知県名古屋市中村区名駅」という住所を見た人に対して、
高い信頼と安心感を提供できますので、
名古屋エリアでのバーチャルオフィスを検討されている方は、
絶好の候補に値するビルです。


ストリートビューで第2森ビルの
立地の良さを確認してみてください。


GMOバーチャルオフィス大阪・梅田

GMOバーチャルオフィス大阪・梅田

GMOバーチャルオフィス大阪・梅田で登記できる住所は
「大阪府大阪市北区梅田1丁目2番2号 大阪駅前第2ビル12-12」です。

大阪駅前第2ビルは
地下街で大阪駅や各地下鉄の駅とも繋がっており、
大阪駅から徒歩4分、西梅田駅から徒歩2分、北新地駅から徒歩1分
と交通利便性の高い好立地ビルです。

地下フロアには飲食店やがひしめいており、
毎日多くの人で賑わう認知度の高い一等地ビルで
空きが出れば、このビルでの住所で登記を希望する人が絶えない人気物件です。
 
「大阪駅前第2ビル」の住所で登記することで、
取引先からの信用向上をはじめ、
ビジネス上で有利になることは間違いないためおススメです。


ストリートビューで大阪駅前第2ビルの
立地の良さを確認してみてください。



GMOバーチャルオフィス心斎橋(NEW)

GMOバーチャルオフィス心斎橋

GMOバーチャルオフィス心斎橋で登記できる住所は
大阪府大阪市中央区南船場3丁目2番22号おおきに南船場ビル205」です。

心斎橋駅から徒歩で4分の好立地。
1994年12月に竣工された地上10階建てで
心斎橋筋商店街にも近く、賑やかな周辺環境の中に有る
高級感のあるオフィスビルです。

心斎橋エリアでのバーチャルオフィスを検討されている方は、
絶好の候補に値するビルです。

ストリートビューでおおきに南船場ビルの
立地の良さを確認してみてください。



GMOバーチャルオフィス京都

GMOバーチャルオフィス京都

GMOバーチャルオフィス京都で登記できる住所は
「京都府京都市下京区七条通油小路東入大黒町227番地 第2キョートビル402」です。

京都駅から徒歩で7分の好立地。
斬新なデザインのオフィスビルです。

京都エリアでのバーチャルオフィスを検討されている方は、
絶好の候補に値するビルです。


ストリートビューで第2キョートビルの
立地の良さを確認してみてください。



GMOバーチャルオフィス神戸

GMOバーチャルオフィス神戸


GMOバーチャルオフィス神戸で登記できる住所は
兵庫県神戸市中央区磯辺通1丁目1番18号カサベラ国際プラザビル 707」です。


三ノ宮駅から徒歩10分、貿易センター駅から徒歩3分の好立地。
鉄骨鉄筋コンクリート造11階/地下1階建てのオフィスビルです。
磯辺公園の南側に位置しており、2号線から1本入ったところに位置しています。


神戸エリアでのバーチャルオフィスを検討されている方は、
ストリートビューでカサベラ国際プラザビルの立地を確認してみてください。


GMOバーチャルオフィス福岡・博多

GMOバーチャルオフィス福岡・博多


GMOバーチャルオフィス福岡・博多で登記できる住所は
「福岡県福岡市博多区博多駅前1丁目23番1号ParkFront博多駅前1丁目5F-B」
博多駅から徒歩7分の好立地オフィスです。

2021年8月竣工のオフィスビル。

博多駅から北側を走るメインストリート大博通りの東側に位置する
承天寺通りに面している新しいビルですので、
ホームページを見て住所検索された場合にも、
安心感を与えることが出来るバーチャルオフィスです。

博多区は九州北部の玄関口とも呼ばれており、
特に博多駅周辺には、福岡県庁などの行政機関や
九州の経済の根幹を担う企業が多く事務所を構えています。

バーチャルオフィスのニーズが高まる中、
このようなブランドある場所の住所を利用できるのは、
福岡エリアで検討されている方にとっては、
絶好の候補に値するビルです。

ストリートビューでParkFront博多駅前1丁目の立地を
確認してみてください。



GMOバーチャルオフィス天神

GMOバーチャルオフィス天神

GMOバーチャルオフィスで天神で登記できる住所は
「福岡県福岡市中央区天神2丁目2番12号T&Jビルディング7F」
西鉄福岡(天神駅)徒歩1分の好立地です。

外観は白を基調としたコンパクトな造りで、
国体通り沿いのビルで視認性抜群のため、
天神の地理的感覚のある方であれば、
ご存じの方もいらっしゃると思います。

天神エリアでは、
大規模再開発プロジェクト「天神ビッグバン」により、
ブランド力を上げる街並みや交通機関の整備、
新たな雇用創出のための政策など様々な事業が行われています。

アジアを代表する拠点都市として、
ビジネスにおいても繁栄する街に生まれ変わっていくことが
期待されている天神で登記することで、
ビジネスにおける優位性を発揮できることは間違いありません。

ストリートビューでT&Jビルディングの
立地の良さを確認してみてください。



GMOオフィスサポート 検討の際によくある質問集

GMOバーチャルオフィス利用検討の際によくある質問集



契約期間は?

12ヶ月となります。一見長く思えますが、住所を1度決定後、事業開始し、簡単に住所変更を行なうことは、まずありませんので1年契約は妥当な期間となります。

申込時に支払う料金はいくらですか?

お申込み月から起算して12ヶ月契約となりますが、新規ご契約特典として3ヶ月分の基本料金が値引きとなり、初回は9ヶ月分の基本料金の前払いとなります。

基本料金に含まれているサービスは何ですか?

商業登記できる住所の利用と、郵便物等の定期転送が含まれています。郵便物等の転送にかかる送料も込みとなります。

基本料金以外にかかる料金はありますか?

郵便物等の重量およびオプション希望により別途料金が発生することがあります。

支払い方法は何ですか?

クレジットカードのみとなります。クレジットカードのブランド・形態等、特段制限は設けていませんが、発行会社様の仕様により一部ご利用いただけないものがございますのでご了承ください。

GMOオフィスサポートの利用で領収書の発行はできる?

領収書の発行はされていないため、クレジットカード会社から発行される請求明細書及びGMOオフィスサポートのマイページから閲覧できる利用明細書で対応する必要があります。

郵便物の転送先を指定できますか?

指定可能です。

屋号や雅号(芸名、ペンネーム等)で郵便物は受け取れますか?

受け取り可能です。

GMOオフィスサポートでバーチャルオフィスの電話番号も取得できる?

GMOオフィスサポートは、固定電話転送サービスの03plusと提携しているため、月額1,078円(税込み)から電話番号を利用することができます。利用時にAmaoznギフト券1,000円分がもらえる嬉しいサービスが付いています。注意点としては、あくまで電話番号取得は株式会社グラントンが行っているため、契約・支払などは当該事業者と直接行う必要があります。

解約はできますか?

GMOオフィスサポート まとめ

GMOバーチャルオフィス まとめ

今回はGMOオフィスサポートを紹介しました。


GMOオフィスサポートの特徴を考慮して総括すると、
以下の対象に当たる方に推奨します。

  • フリーランス、個人事業主の方
  • 業界最安値のバーチャルオフィスを探している方
  • 起業を考えている方
  • 一等地の住所で法人登記を行いたい方
  • 法人口座や事業用のクレジットカードを作成したい方
  • 県外の方で都内に法人を設立したい方
  • 上場企業が運営する信頼性が高いバーチャルオフィスを利用したい方
  • 少人数の会社でオフィスを構えていない方
  • 郵便物転送サービスを利用したい方
  • 賃貸の方で自宅を登記出来ない方
GMOオフィスサポートが気になった方は、
以下の公式ページよりサービス詳細やキャンペーン情報をご確認ください。


注目の投稿

【保存版】QuQuMo(ククモ)の口コミ評判を徹底検証!審査落ちした場合の対処法まで解説

                    本 記事は広告・プロモーションが含まれてます

自己紹介

自分の写真
平社員で入社して9年で取締役まで登り詰めた経験から、激動の時代を生き抜く、人としての器を広げるための情報を様々な話題から発信中!                      問い合わせいただく、記事転載希望のご質問ですが、リンク、転載元を明記していただければ、全記事、転載自由です。

Twitter

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ