怒らない4つの極意

2020年9月30日

部下育成

t f B! P L
怒らない4つの極意 イメージ




仕事は多くの人間と交わって
行うことから、どうしても怒りの感情が
芽生えることは多々あります。

今回は怒ることなくプラスに導く考え方を
4つに分けてお伝えします。

1:怒ることを損か得かで考える

怒る時間があれば、
問題解決策を探る時間に当てるほうが、
得であるという考え方を持ち合わせましょう。

2:叱らず、一緒に考える

スタッフの失敗や過ちに対して、
叱ったり、怒ったりするのではなく、
一緒に考えるようにしましょう。

怒っていても何も好転せず、進歩もしません。
怒ることで相手のモチベーションを下げ、
さらにゴールから遠のくこともあります。
解決策を一緒に考える方が前向きであり、
相手からも感謝されます。

3:部下のミスは上司の責任と考える

マネジメントする立場であれば、
部下がミスをした責任は自分にあると考えましょう。
そう考えれば、
怒鳴るのが上司の仕事ではないことが分かります。
対策を考えてしっかり指示しましょう。

4:怒ってもすぐに謝罪と反省

怒ったとしてもすぐに謝罪と反省をする癖をつけましょう。
人間誰しも完璧ではありません。
怒らないと決めても怒ってしまう時もあります。
そんな時はすかさず、謝罪と反省の心を持ちましょう。

わずか21日間で、怒りを手なずける方法



巷に広がっている「引き寄せの法則」では、 「ネガティブな感情がネガティブな現実を引き寄せる」 「怒ったり悲しまず、いつも笑顔で!」 と言われてます。 そのため多くの方が、 「怒ってはいけないのに、どんなに抑えようとしても怒りが抑えられない…」 と悩んでます。 しかし、 本当に大切なことは怒りを抑え込むことでしょうか? 存在する怒りを無理やりに押し込めても、 それは臭いものに蓋をするようなもので 根本的な解決にはなっていません。 本当に大事なのは、 「いかに怒りを無視して見ないふりができるか」 ということではなく、 「いかに怒りを認め、コントロールできるようになるか」 です。 怒りをコントロールし、 自分の支配下に置くには下記教材が役立ちます。 わずか21日間で、 怒りを手なずける方法がまとまってますので、 是非実践してみてください。








人生は変えられる!

自己紹介

自分の写真
会社役員         こんにちは!人としての器を広げるための情報発信ブログです。 生きていく上での人生のバイブル的な コンテンツを目指してます。                      問い合わせいただく、記事転載希望のご質問ですが、リンク、転載元を明記していただければ、全記事、転載自由です。

【無料】読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

Twitter

広告提携(株式会社マイナビ)



広告提携(株式会社コーチェット)



広告提携(SHE株式会社)



人としての器を広げる教材1

人としての器を広げる教材2

人としての器を広げる教材3

人としての器を広げる教材4

頑張る自分へのご褒美を検索

QooQ