売れる商品を世に出すための考え方

2020年9月26日

マーケティング 仕事論 成功論

t f B! P L
売れる商品 イメージ
すべての人が仕事を好きだという思い込みは
してはいけません。
仕事そのものが大好きというよりは、
その仕事のおかげで、

『人に喜んでもらえる』
『評価・お金・栄誉がもらえる』
『自分の可能性を広げられる』
『自分が楽しい』
という要素が欲しいからこそ、
モチベーション高く仕事に打ち込むことができます。
自分たちもお客さんも楽しむことができ、
そして面白がれることを、
しっかり真面目に考えることが大切です。
例えば、
メーカーとしての仕事であれば、
『お客さんは何を嬉しいと思うか』
を一生懸命考えて、具体化することが必要です。
うれしいと思ってくれて、
多くの支持を得た商品ほどよく売れます。
皆でうれしくなる無限の循環を作る
というようなビジネスモデルを作ることが
価値ある製品を生み出します。

また、
コロナ禍の社会において
買い手の消費の変化も読み取る必要性が出てきています。

リモートワークにより、
勤務以外の自由時間が増えていますので、
当然、増えた時間を有効に使いたい
という心理が働きます。

その環境下での傾向として
まず1つ目のキーワードが、

『自由時間・余暇』です。

業種問わず、提供する商品、サービスで
このキーワードを無視することは
できなくなっていきます。

2つ目のキーワードが、

『家族』です。

外出せずに楽しく過ごす方法を
皆が工夫するような流れから、

家族内で実質的に消費の決定権を
持っている奥さんや子供たちに
ターゲットを絞った企画を行うことが有効です。

例えば、
コロナ禍での外出自粛期間中に、
お菓子作りやパン作りを楽しむことが
ブームとあり、
スーパーなどで小麦粉やバターが
品切れ状態になるケースがあったように、

時間的に余裕ができた分、
食が家族内で関心が向いた一例を参考に
企画を考えてみてはいかがでしょうか。

他にも、余った時間を利用して、
家の中の整理や模様替えに
関心が向くようになり、
それに関連する商品を提供する
企業の業績は好調です。
そして、3つ目のキーワードが
『独自性・自立型消費』です。

アフターコロナ社会においては、
消費の価値観が大きく変化し始めてきています。

1つ目と2つ目のキーワードとも関連しますが、
生活のある面において
余裕時間を使って独自性を求めるように
なってきています。

単に出来上がったものを買うのではなく、
自ら組み立てて作るという楽しみが加わった
独自性、自立型の消費の割合も
今後増加していく傾向にあるため、

単に画一的な品を揃えるのではなく、
その地域の変化に合った、
売り手の工夫が求められてきます。
人生は変えられる!

頑張る自分へのご褒美を検索

読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

自己紹介

自分の写真
会社役員         こんにちは!人としての器を広げるための情報発信ブログです。 生きていく上での人生のバイブル的な コンテンツを目指してます。

Twitter

ブログ アーカイブ

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ