【部下を叱る】を成功させる3つの秘訣

2021年2月4日

仕事論 人付き合い

t f B! P L
叱る イメージ


ビジネスにおいては

どのように叱るか如何で

チームの結束力に左右します。


以下の3つの叱り方をマスターして

仲間との信頼関係を高めていきましょう。


またこの手法は

親が子供に対して

叱る上においても同様に有効です。


是非実践してみてください。



①前向きな気持ちになれるように叱る


相手が落ち込んでしまうと、

行動の改善を期待できませんので、

叱る時は、最後に

『あなたの仕事はもっと良くなる』


と、相手のメリットを伝えて

終わらせることが重要です。

②的確で具体的なアドバイスをする

『とにかくどうにかしろ』と叱るのは、

曖昧で相手任せのダメな叱り方です。


『次は頑張れよ』というのも曖昧です。

未来の行動につながる

具体的なアドバイスをすることが大切です。

③事実を端的に示し、短い時間でポイントを絞り、叱る

説教モードで長時間叱ることは避けましょう。


同じ指摘を繰り返したり

本筋とは無関係の過去のミスを蒸し返したりすると、

納得からはほど遠い反発の感情を生んでしまいます。

また、あれもこれもと指摘せず、

ポイントを1つに絞って叱りましょう。

叱り方パターン例

・時間にルーズの場合

待ち合わせや締め切りがいつもギリギリ

まずは心配している気持ちを伝えて、

遅れた場合のリスクを伝えるようにしましょう。

・いまいちの出来の場合

70点の仕上がりばかり出してくる

工夫した点を聞いて、ねぎらい、

その上でリクエストを伝えましょう。

・キツイ言い方をする場合

正論ではあるが、かんに障る言い方をしてくる

プライドを傷つけないよう、

将来への期待を含めて助言しましょう。

キツイ言い方で正論を言うタイプは

プライドが高い傾向がありますので、

プライドを傷つけないように叱りましょう。

例えば、

『今後、皆を率いていく人間になるためには、言葉の

使い方に気をつけないといけない』

と相手の将来に対する期待を含めて

アドバイスすると素直に聞いてくれるようになります。

・やたらと気弱の場合

落ち込みすぎるタイプで叱りにくい

能力否定にならないよう、

気遣いながら少しずつ改善するように伝えましょう。

弱気な性格の人に対しては

叱り方を間違えると落ち込みすぎて、

別のミスやトラブルを

連鎖的に起こしてしまうので注意が必要です。


ちょっとした指摘でも落ち込む人には、

『原因を本人の能力にして叱らないこと』

が重要です。

『何かあったの?』

『仕事が多すぎたら言って』


と相手を気遣いながら、

『ここはよくチェックしておこう』

とアドバイスしましょう。

慎重に言葉を選び、

叱るというより、論す気持ちで話すとうまくいきます。

・ミスを繰り返す場合

何度注意しても同じミスを繰り返す

またか!、ダメな奴だな!ミスを減らせ!

と一方的に叱らず、

本人なりの言い分を必ず聞くようにしましょう。

ミスを繰り返すということは、

わざとでない場合、なんらかの問題があります。


まずは相手の言い分を最後まで聞き、

その上で、

『ミスを減らすにはどうしたらよいと思う?』

と問いかけるなど、

問題がどこにあるかを

建設的な方向で、部下の知恵を

上手に引き出して、一緒に探していきましょう。

本人には大きな問題がなく、

家族や友人、仕事環境に問題があることが

発覚するケースもあります。

他にも、

自分の指導が抽象的で相手が理解できていない場合

もあるので注意が必要です。

・自分は悪くないという場合

何でも人のせいにする癖がある

他責にできないよう、

必ず本人に改善案を言わせるようにしましょう。

普段から人のせいにばかりする相手は

ミスをしても、むちゃな依頼をされたからだ。

などと言い訳をしながら抵抗してきます。

『それななら、次に同じことが起きた場合、あなたはどうする?』

と他責にできないような質問を投げかけ、

その回答を必ず本人に考えさせ、言わせるようにしましょう。

メールに書かせて明文化してもよいです。

トラブルが起きた時に、

あれこれ屁理屈を並べられて

ごまかされないためにも、

そうゆう相手には、主体的に動いてもらうことが重要です。


関連記事

部下への適切な叱り方

部下への正しい褒め方・叱り方


人生は変えられる!


自己紹介

自分の写真
会社役員         こんにちは!人としての器を広げるための情報発信ブログです。 生きていく上での人生のバイブル的な コンテンツを目指してます。

【無料】読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

Twitter

人としての器を広げる教材1

人としての器を広げる教材2

人としての器を広げる教材3

人としての器を広げる教材4

頑張る自分へのご褒美を検索

QooQ