ビジネスリーダーに必要な力と最強のチームを作る秘訣

2020年9月20日

仕事論 成功論

t f B! P L
リーダー イメージ
ビジネスリーダーに必要な力は
下記の4つに分類できます。

①眼・・・変化抽出力
いま起きつつある変化を半歩先にとらえ、
戦略的に先手を打つ力です。

②心・・・使命感・価値観・仕事を楽しむ意識
意欲や使命感がなければ、
長期にわたって頑張り続けることはできません。
最初から『これが天職だ』
と思える仕事に出会える人はわずかです。
また、そう思っていても、
それはあくまでも自分が経験した範囲の中での評価です。
若いうちは、選り好みせず幅広く経験することで、
本当の自分の適性が見えてきます。
③技・・・論理思考力・発想転換力・伝える力・経営スキル
これらの力は努力して積み上げることができるので、
技だけで自分を差別化できると考えるのは危険ですので
気を付けましょう。

④体・・・実行力・人間力
実行力と人間力を鍛えるのは経験だけです。
先輩のサポート役のような仕事では、
これらの能力は身につきません。
とにかく、自らの意思決定のもと
行動を起こすことが重要です。
理想を言えば、
20代か30代のうちに
子会社か事業部門の経営にあたることができればベストです。
それが自分の意思決定がもたらした結果を
目の前に突きつけられる経験になります。
そこまでできないにしても、
手始めとしてまずは、
プロジェクトという単位で
マネジメントのサイクルを回してみることが大事です。
少人数のチームであっても、
まずは『自分が責任者』というポジションを経験すること。
それが、成長する一番の秘訣です。


最強のチームを作る秘訣とは?


自分よりも部分的に優秀な部下を
まとめ上げることです。
自分に牙を向けてくる部下であっても、
チーム力が上がるのであれば、
それを生かすことも視野に入れる必要があります。
そのため、
部下との対立を恐れて、まあまあで
取り繕うことではいけません。
禅語に
『賓主互換』という言葉がありますが、
相対する者同士が、
時と場合によってや、
見方や価値観に応じて
入れ替わることを言います。
つまり、
部下は上司になりえ、
上司は部下になりえ、
対立する主体と客体が一体となるということです。
上司や部下といった分け隔てなく、
『不二一体』となって相乗効果を生み出すことにより、
最強のチームを作り上げることができます。
好きも嫌いもなく、
異質な者同士ともコミュニケーションをもって、
深い創造的な世界に立ち向かっていかなければいけません。
それこそが
本当の上司と部下との間柄であり、
上司は部下に鍛えてもらうぐらいの
寛容さが必要です。

また下記3つのポイントを重視することで
最強のチームを作り上げることができます。

①情報公開 社員は基本的に経営者を疑っています。 会社の経営状態について、
経営者と同レベルで情報を公開し、 経営者意識を持ってもらえるようにすることが大切です。 ②ビジョン 社員が企業のビジョンを共有し、自分の役割は何かを 理解しなければ自立的に行動してもらうことはできません。 ③チームワーク チーム内で意見を出し合い、
議論をして意思決定できる フラットな組織文化を作る必要があります。

また、
仕事で大きなストレスを受けた場合、
それを受け止めて、
自分なりに処理する力である、
回復力という概念が人事分野で
注目されています。

人なので、どうしても
心が弱くなってしまう時もあるため
回復力を養う必要がありますが、

こうゆう時こそ必要なのが、
引きずらないように
切り替えを助言してくれたり、
笑い飛ばしてくれたりしてくれる
仲間の存在です。

また、立ち直らせる上で、
自分の認識とは別の形で
物事を捉え直させる
リフレーミングという手法も有効です。

具体的には、

『あなたには今の状況がこのように
見えていると思うけど、
こうゆう見方もできるよね』

と、新しい見方を助言することで
チームの仲間を
悩みや落ち込みから
脱出させることが出来ます。

チーム内で同じものの見方や
同じ考え方しかできなければ、
危機が訪れた際に、
全員沈んでしまいます。

逆も然りで、
本当はリスクが潜んでいるのに、
皆が楽観的な判断をしてしまいます。

どちらの状態に対しても、
軌道修正をかけられるのは、
違う見方を持った仲間です。

チームワークにおいて大切なのは、
あなたと違う考え方ができる人が
あなたのそばいにいることです。

関連記事

人生は変えられる!

頑張る自分へのご褒美を検索

読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

自己紹介

自分の写真
会社役員         こんにちは!人としての器を広げるための情報発信ブログです。 生きていく上での人生のバイブル的な コンテンツを目指してます。

Twitter

ブログ アーカイブ

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ