人としての器が広がる、デキる人はやっている大人の作法

2022年1月29日

コミュニケーション術

t f B! P L
大人の作法 イメージ




人としての器が広がる、デキる人はやっている大人の作法(基本編①)


大人の作法① 挨拶


お辞儀をしながら挨拶しない



頭を下げながら


『はじめまして』

『いらっしゃいませ』


と挨拶するのは、

間違った挨拶の仕方です。



きちんと教育された

ホテルやレストランの接客係を

見ればわかりますが、

お辞儀をしながら挨拶することは

まずありません。


正しい挨拶の仕方は、


①笑顔で相手の顔を見て挨拶を言う


②挨拶を言い終えてから丁寧にお辞儀する


この2ステップで行うことで

印象がよりアップします。



大人の作法② 名刺交換


夏場の名刺交換は尻ポケットに注意



多くの人は、

名刺入れを上着の胸ポケットに

しまってます。


相手に名刺を渡す時や、

相手から名刺をもらう時に、

腰より下から出し入れすると、

相手にぞんざいな印象を

与えてしまうからです。


ところが、

上着を着なくなる夏場になると、

ズボンの尻ポケットから

名刺入れを取り出す人もいますが、

これは明らかに

相手に対して失礼に当たりますので、


夏場の名刺入れは、

シャツの胸ポケットにしまって

使うようにしましょう。



正しい名刺交換ステップ


①顔を見ながら、『はじめまして』と言う


②言い終えてから、15度のお辞儀(会釈)をする


③肩書を名前を言って、名刺を両手で持って渡す


④数歩下がってから『宜しくお願いします』と言う


⑤言い終えてから、45度のお辞儀(敬礼)をする


大人の作法③ 話をする距離


相手に圧迫感を与えない1.2M



振る舞い上手な人は、

相手と話をする時の

距離の取り方が絶妙です。


近づきすぎると圧迫感を与え、

遠のきすぎると疎遠な印象を

与えてしまいます。


人はそれぞれ、

侵されたくない領域があります。


絶妙な距離は、

個人差はあれど1.2M程度と

覚えておくとベストです。


また、

お辞儀をする時は、1.8M程度の

距離を開けると最適です。



大人の作法④ 紹介の順番


人を紹介する時は立てたい人を後回し



上司と一緒に歩いている時に、

自分が担当するお得意様Aさんと

ばったり会ったとします。


上司とお得意様は初対面という

場面で、


上司に、

『この方が、いつもお世話になっているAさんです』

と紹介する順番は間違いです。



まず、

身内である上司をAさんに紹介してから、

Aさんのことを上司に紹介するのが正解です。



紹介の順番のポイント


①自社と他社の人がいる場合


先に自社の人(身内)を他社の人に紹介


②地位に上下がある場合


先に地位が下の人を地位が上の人に紹介



大人の作法⑤ 椅子の座り方


席に座る時は息を吸いながら



椅子の座り方にも

大人の作法はあります。


スマートに座るには、

一呼吸ついて、太ももで座るという

感覚が大切です。


太ももに、やや力を入れて腰を下げ、

太ももの後ろを椅子に当ててから、

息を吸いつつ、ゆっくりお尻を下ろします。


ポイントは、

息を吸いつつ、のタイミングです。


フゥーと、息を吐きながら座ると。

勢いが出て、ドスッ!と座ってしまうため

注意しましょう。



椅子に座り美しい姿勢を保つコツ


男性

膝の間にこぶし2つ分空けて座り、

両手は膝と太ももつけ根の中央に置く


女性

両足の膝、爪先、かかとを

きっちりつけ、背筋を真っすぐに伸ばす



大人の作法⑥ ビジネスバッグの置き方



机の上にバッグを置かない



商談などで訪れた会社で、

応接室や会議室に通されたら、

ビジネスバッグは、

床の上にじか置きするのが鉄則です。


自分が座る椅子の脇に置きましょう。


バッグから中身を取り出す時も、

テーブルの上に置いてはいけません。


膝の上に置いて取り出しましょう。


バッグのサイズが小ぶりの場合は、

椅子の上に置いてもOKです。


背中と背もたれの間に置きましょう。


隣に空いている椅子があった場合は、

相手に一言断った上で、

その椅子の上に置かせてもらうようにしましょう。



大人の作法⑦ 視線の動かし方


目を見る、そらすは3対7



話をしている時に

相手が目を合わせてくれないと、


・自分のことが嫌い?

・話に興味がない?


といった不安を感じます。


一方、食い入るように

ジッと見つめられると、

それはそれで気持ちが悪いです。


そのため、

目を見る、目をそらすの

ベストの割合は、3対7と

覚えて実践してみましょう。


この割合で、

相手の目を見ながら話せば、

初対面の人でも

会話を和やかな雰囲気で

進めることができます。


そらした目線の置き場所は

額と首の付け根の間を

ゆっくり行き来させるとベストです。


>>人生を変える!コミュニケーション術 人気投稿ランキングへ戻る<<



人生は変えられる!


自己紹介

自分の写真
平社員で入社して9年で取締役まで登り詰めた経験から、コロナ禍の時代を生き抜く、人としての器を広げるための情報を様々な話題から発信中!                      問い合わせいただく、記事転載希望のご質問ですが、リンク、転載元を明記していただければ、全記事、転載自由です。

Twitter

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ