対人関係イライラ解決法

2020年10月14日

仕事論 人付き合い

t f B! P L
イライラ イメージ

仕事上、対人関係でイライラする
ケースは少なくありません。

タイプ別に解決法を
相手の心理も含めまとめましたので、
ケースに応じて
自分へのストレスを軽減しましょう。
①上司の言い方が乱暴ですぐ怒鳴るタイプ
【分析】
命令口調で鈍感な『独裁者タイプ』です。
人の気持ちに対する共感性が乏しく、
部下にあまり興味がありません。
このタイプは言い過ぎたり、
乱暴な言葉を発した後のフォローがありません。
また、物事を柔軟に、
多面的にみることができないため、
『良い奴か悪い奴か』
『できるかできないか』

すぐ白黒をつけたがります。
ただ、人の気持ちに鈍感なだけで、
悪気があるわけではありません。
【対策】
他人の性格を変えるのは無理ですので、
ダメージを軽減するようにするのが得策です。
そのために
『読み替え力』を身につけましょう。
胸にグサッとくる乱暴な言葉を
自分の都合の良いように解釈します。

【例】
『そんなこともできないのか』
⇒『それができるようになったら一人前に近づく』
『こんなことが通じると思うのか』
⇒『もう少し工夫が必要かも』
イライラしないためには、
このような感情を沈静化させる作用がある
『ポジティブセルフトーク』が有効です。
『もうガマンできない!』とカッとなったら、

『大したことじゃない』『大丈夫、落ち着こう』

などと自分に言い聞かせるクセをつけましょう。
暴言を比較的冷静に受け止められ、
相手への嫌悪感も軽減することができます。
②ちょっとしたミスでも大げさに反応し、
説教口調で『だいたい、俺が若かった頃は・・』
と昔の自慢話をしつこくする。
また、言い分は聞いてくれない上、一方的に責めるタイプ
【分析】
見栄っ張りなタイプに多いです。

心の奥では自信がなく不安なため、
実際の自分より大きく見せたがります。

劣等感やコンプレックスによる、
ゆがんだプライドを持つので、
見下されたくないという思いが強いです。
コンプレックスを持つと自分が見えなくなるため、
つい威圧的な態度を取ってしまったり、
自慢話ばかりしてしまいます。

【例】
学歴コンプレックス、能力がない、
結果を出せないなどの劣等感を抱く
自己評価が低く、いつも不安を抱えている
周囲にばれたくないし、見下されたくない
ゆがんだプライドでできた鎧を身にまとう
イライラしながら、
威圧的な態度で相手を攻撃する。説教口調で自慢話。
【対策】
真正面から攻撃しても逆効果です。

『弱い犬ほどよくほえる。不安で仕方がないんだ』
などと気持ちを汲み取り、広い心で受け止め、
こっちが育ててあげるぐらいの目線で対応しましょう。

③反発する部下
【分析】

部下がキレる心理メカニズム
自信のなさ、強い不安を抱いている
注意される
見下された、傷つけられた、自分を否定された気になる
イラッとくる

【対策】
『こうすれば良いと思うけど、お願いできるかな』
と問いかけるように話し、
承認要求を満たすことが得策です。
④お願いした仕事の納期が遅れる
仕事を部下に依頼するときは、
部下の抱えている仕事量を把握し、
納期の設定を必ず部下の口から言わせることが大切です。
また、
仕上がりのイメージが違うという事態を避けるため、
納期の3~4日前に、
方向性を確認する日をあらかじめ決めておきましょう。
クレーム対応からの無責任な対応で問題が爆発
トラブルを解決するために
上司として何ができるかを考え、
『ピンチ』から『学ぶ場』に変えましょう。
具体的には、
『事実、影響、感情、尊重』の順で、
部下に伝えるのが得策です。
例】
『君は17時までに折り返すと約束したのに帰ったね』(事実)
『クレームに対する姿勢が問われ、当社の信頼を失った』(影響)
『私は非常にがっかりした』(感情)
『この件に関して君はどう思う?』(尊重)
このように、
相手を尊重しながら、注意や指示することが、
問題解決の近道になります。
人生は変えられる!


頑張る自分へのご褒美を検索

読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

自己紹介

自分の写真
会社役員         こんにちは!人としての器を広げるための情報発信ブログです。 休みの日は、緊急事態宣言解除されたので、サウナ解禁しました。クイーンのボヘミアンラプソディーをピアノで弾けるように特訓中です。

Twitter

ブログ アーカイブ

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ