仕事での報告は俯瞰と整理で期待に応える

2020年12月9日

成功仕事術

t f B! P L
報告は俯瞰と整理で期待に応える


仕事での報告は俯瞰と整理で期待に応える


会社での上手な報告とは、

次のような構成で期待を満たす必要があります。

間違っても感想文のような内容にならないように

しましょう。


まず、

全体の見取り図を、事実を基に示します。

その後、

相手の関心が高いテーマについての詳細を説明します。

最後に、

自分なりの考察や意見を述べます。

現状を俯瞰して、

自社のビジネスとの関連性を見つけ、

すべきことを具体的に考えられるような

流れでまとめ上げましょう。

職場でエースと呼ばれる人材は

これが上手なため、成果を上げられます。

人に報告するという意識を持って働くことは、

必要に応じて視野を広げたり、

絞り込んだりすることに役立ちます。

これは仕事の基礎力を高める

絶好のトレーニングですので、

日々訓練して、期待を満たせる報告ができる

仕事を成し遂げましょう。

100%伝わる報告・相談の仕方


仕事をするうえで、
上司への報告や相談は欠かせません。

忙しい中でも、きちんと伝わる
フレーズを選ぶことが大切です。

①誤解のない言葉遣いを意識する

②状況を的確に言葉にする

③節度ある、丁寧なフレーズで


ケース① 順調な時の経過報告


×『うまくいっています』

仕事の進捗状況は、
具体的な言葉で上司に報告しましょう。

経過や今後の見通しを伝えることで、
トラブルにも対応しやすくなります。


〇『現在順調に進んでおり、●日に完成予定です』

使い方の例
『●●の件ですが、現在ここまで順調に進んでいます。
今週末までに完了する予定です。』


ケース2 上司へ相談する


×今ちょっといいですか?

上司に相談する時は、
丁寧な言い方で時間を作ってもらうように
しましょう。
欲しい時間を具体的に示すとなお良いです。

〇少しお時間をいただけますか?

使い方の例
『ご相談したいことがあるのですが、
この後、5分ほどお時間をいただけますか?』

ケース3 頑張りをアピールする


×一生懸命にやっています


しっかりと仕事を進めている状況を

報告する際、

『一生懸命』『頑張っている』では

ではなく、大人のフレーズで伝えましょう。


〇鋭意進めています


使い方の例

『この案件につきましては、鋭意進めています。』

>>人生を変える!成功仕事術 人気投稿ランキングへ戻る<<


人生は変えられる!


自己紹介

自分の写真
平社員で入社して9年で取締役まで登り詰めた経験から、コロナ禍の時代を生き抜く、人としての器を広げるための情報を様々な話題から発信中!                      問い合わせいただく、記事転載希望のご質問ですが、リンク、転載元を明記していただければ、全記事、転載自由です。

Twitter

【無料】読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ