なぜ噛む回数が多い人は健康なのか?

2021年6月26日

成功論

t f B! P L
なぜ噛む回数が多い人は健康なのか?


自分の最高の価値観を見つけ自分らしく成功する方法


人が生きる上において

食事は毎日かかせません。


一般的に食事は、

1日に3回取りますので、

人生80年とした場合には、

87,600回取ることになります。


その食事において

噛む回数を多くすることで

様々な健康効果があるため、

私も意識的に咀嚼回数を多くするように、

実行しています。


岡山大学の研究では、

早食いの人は早食いでない人よりも

4.4倍肥満になりやすく、

さらに男性は女性よりも、

2.8倍肥満になりやすいという

結果が出ています。


ダイエットしたい方なら

なおさら、咀嚼回数を増やして

食べることをお勧めします。


また良く噛んで食べることの

効果については、

日本咀嚼学会から、

『ひみこの歯がいーぜ』という

咀嚼効果について、

分かりやすい標語を作ってますので、

是非参考にしてみてください。


よく噛んで食べると満腹感が得やすく、

食べ過ぎを防ぐことができます。


また、

神経ヒスタミンという物質に、食欲を抑えたり、

エネルギーを消費させる働きがありますが、

よく噛むことで活性化させることが出来ます。


さらにしっかり噛むことで、

唾液の分泌が多くなり、口の中が清潔に保たれて、

歯周病予防にもなります。



人生を楽しく豊かに生きるためにも

体が資本です。


健康体を維持していくためにも

意識さえすれば誰でもできる

簡単な健康法ですので、

癖付けしていきましょう。



ひ 肥満の防止


よく噛んで食べると、

満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを防げます。



み 味覚の発達


よく噛むことは、

味覚の発達にもつながります。


こ 言葉の発音がしっかりする


咀嚼回数が増えることで

口の周りの筋トレになり、

発音がしっかりしてくると共に、

顔周りのすっきり効果も期待できます。


の 脳の活性化


噛むことで、脳を刺激し、

脳神経が活発になるので、

認知症予防にも役立ちます。


は 歯の病気の抑制


噛むことで増えた唾液が

口腔内を綺麗にしてくれます。


虫歯や歯周病予防にも効果的。


また、

唾液を出すことになるため、

ドライマウスの防止にもなります。


が ガン予防


唾液中の酵素には、

発がん作用を抑える働きがあります。


い 胃の健康


噛むほどに消化酵素がたくさん出るため、

消化を助けることにより、

胃の負担を軽くして、内臓寿命を延長することができます。


ぜ 全身の体力向上


噛みしめたり歯を食いしばったりすることで、

全身にエネルギーを感じることができます。


食べ物で口いっぱいになったら、
まず箸をおき、食べ物が口の中でドロドロになるまでは 飲み込まないという気持ちで
咀嚼という大切な燃料投下作業を楽しみましょう。 


自己紹介

自分の写真
平社員で入社して9年で取締役まで登り詰めた経験から、コロナ禍の時代を生き抜く、人としての器を広げるための情報を様々な話題から発信中!                      問い合わせいただく、記事転載希望のご質問ですが、リンク、転載元を明記していただければ、全記事、転載自由です。

【無料】読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

Twitter

広告提携(株式会社ウィルフ)

広告提携(船井総合研究所)



広告提携(株式会社マイナビ)



人としての器を広げる教材1

人としての器を広げる教材2

人としての器を広げる教材3

人としての器を広げる教材4

頑張る自分へのご褒美を検索

QooQ