デスクワークで活かせる7つの集中する方法

2022年2月26日

成功仕事術

t f B! P L
デスクワーク イメージ


電話業務負担をゼロに! 人件費削減を実現するなら【fondesk(フォンデスク)】


デスクワークで、

集中力が続かない・・


とっくに終わっているはずの仕事が

まだできていない・・


自分の駄目さ加減に嫌気が差す・・


こうなってしまうと、

何をやってもうまく進まなくなり、

無駄な時間だけが経過してしまいます。


多くの人は集中力がないと

嘆きますが、

誰にでも集中力はあります。


人は何かをしている時、

常に集中状態です。


ただ、その方向が、

集中すべきでないところに

向かっているだけです。


スイッチを切り替えることさえできれば、

どんな人でも

やるべきことに集中できます。


デスクワークでの仕事に

集中できるスイッチを手に入れれば、

業務効率が上がるだけでなく、

ミスも極端に減らすことが可能です。


また、

普段の能力以上の力も期待できます。


今回は、

デスクワークで活かせる7つの集中する方法

を紹介します。


①集中しなくては・・と思ってはいけない


集中しなくては・・と考えると、

集中できていない自分を

過剰に意識して、余計に集中できなくなります。


意識と潜在意識は、

正反対に働く関係性にあります。


例えば、


『ミスしないように集中しよう』


と意識しすぎると、

潜在意識で、


『焦ると失敗するぞ。きっと失敗する』


と、ミスする方向に

スイッチが入ってしまいます。


結果、

不安や焦りを助長し、

ミスが起こりやすくなります。


集中している時は、

集中していることに気づきません。


集中しなくては・・・

という考えそのものを

意識しないようにしましょう。


②リラックスしようとしない


『集中できないのは、

緊張しているからだ。リラックスしなくては・・』


と、緊張を和らげるために、

リラックスできる音楽を聴いたり、

目をつむって休憩を取ったりすると、


緊張が解けすぎて

逆に力が出なくなることがあります。


リラックス行動は、

脳や体が眠ることに向いてしまいます。


集中力は、

適度な緊張感の中で、発揮されるものです。


緊張感はなくすものではなく、

減らして自分のものにするものと考えて、

④の呼吸法で

上手くコントロールしましょう。


③目標をしっかり持つ


目標をしっかり持っている人は、

無意識にそれを達成しようとする

行動を取ります。


人間は、目標を持つと、

自然とメンタルもその方向に

力を発揮するようになります。


目標設定のコツは、

目標を掲げ、


『そのためにはどうする?』


と、細かい目標を逆算して

今できる小さな一歩から

始めていきましょう。


そうすることで、

階段を1段上がったことになり、

上り続けるきっかけが生まれます。


デスクワークであれば、

パソコンを起動して調べるなど、

簡単にできることから

始めてみましょう。


目標は大きくなくてもOKです。

短期的な業務の場合でも、


『どうしたいのか?』


という目標を明確にするだけで、

集中できるようになります。



④呼吸でメンタルを整える


自然な呼吸は、

メンタルをフラット状態に

戻してくれます。


緊張した場面で、

深呼吸して。と勧められたことが

あるかもしれませんが、

それは逆効果で、

より緊張してしまうことが

少なくありません。


呼吸のリズムの目安は、


無理なく2~3秒吐き、

吐いた長さより少し短く、

1~2秒で吸う。


それを3分ほど繰り返します。


吐く→吸う


の順番が大事で、

吸う時は必ず鼻で吸うようにしましょう。


鼻を使わずに口呼吸をすると、

口の中が乾いて緊張してきてしまいますので

避けましょう。


⑤気持ちを前向きにするルーティンを行う


うまくいかないかも。といった

不安が強まると、

すべきことに集中できなくなります。


その場合は、

気持ちが前向きになるルーティンをしましょう。


簡単なのは、

楽しかった思い出を思い返す方法です。


仕事の思い出ではなく、

子供の頃に夢中になったことを

思い返してもOKです。


不安は収まり、気持ちが前向きになります。


資料作りの前に、


キーボードのエンターキーを3回押す


といった、

自分だけの集中のルーティンを持つことも

有効です。


⑥失敗は他人事として捉える


失敗経験が心に強く残っていると、

そのイメージを引きずり、

失敗を繰り返してしまいます。


失敗した時は、

他人事として客観的に捉える

手法を試してみてください。


例えば、

失敗した自分を俯瞰して眺めて、

解説者として実況中継してみましょう。


『だいぶ慌ててましたね。

あそこでは〇〇すべきでしょう』


などと解説してみると、

その時の状況が把握でき、

改善点や解決策が見えてきます。


その上で、


こうしておけば失敗しなかった


という成功イメージを

具体的に思い浮かべて、頭に残しましょう。



⑦ネガティブな気持ちをパワーに変える


不安や焦りといった

ネガティブな気持ちは、

実行力を低下させます。


集中力のある人は、

そんなネガティブな気持ちも

パワーに変えます。


ポイントは、


『マイナス要因は出し切った。

もうやるしかない。』


と考える、開き直りです。


基本的に、

ネガティブな気持ちのほうが、

プラスの気持ちより

大きなパワーを持っています。


どうしてもネガティブな

気持ちが強い時には、

その気持ちを認めた上で、

思い切って開き直りましょう。


>>人生を変える!成功仕事術 人気投稿ランキングへ戻る<<


人生は変えられる!

自己紹介

自分の写真
平社員で入社して9年で取締役まで登り詰めた経験から、コロナ禍の時代を生き抜く、人としての器を広げるための情報を様々な話題から発信中!                      問い合わせいただく、記事転載希望のご質問ですが、リンク、転載元を明記していただければ、全記事、転載自由です。

Twitter

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ