本当の幸せの掴み方/人間にとって本当の幸せとは

2020年6月23日

幸福論 成功論

t f B! P L
幸せ イメージ

幸せになるために、
お金が山ほどあればよいというものではありません。

2015年にノーベル経済学賞を受賞した
プリンストン大学のAngus Deaton(アンガス・ディートン)教授が
アメリカ国民を対象に
年収と幸福度に関する調査を2008~2009年にかけて実施した
幸せと収入の関係のデータから、
年収が8万ドル以上になると、相関性はなくなるという結果が出ています。

つまり、稼げば稼ぐほど幸せになるわけでもないし、
不幸せになるわけでもないということです。
確かに幸せの変数として、
お金は重要な要素の1つではありますが、
得られる対価がそれほど大きいというわけではありません。

健康を維持して、
気を許せる仲間と一緒に、
自己実現を果たすという強い思いを持って
働くことが幸せな人生においては何よりも重要です。
良い学校に入り、良い会社に就職すれば、
良い人生が約束されているという時代ではありません。
1人1人、個人の能力が問われる時代ですので、
自分の持てる能力を磨くことが大事です。
ベンツを買ったら幸せだとか、
出世してこのポジションにつけたら幸せだとか、
そのような考え方をしている限りは、幸せは訪れません。
幸せとは、
こうゆう状況が整ったら幸せと考えるのではなく、
幸せとは、今の瞬間を楽しむことで得られます。

また、
実際に死ぬ間際の老人達に、
まだ人生これからの若者に
声をかけるとしたらどんなアドバイスをするか?
と同じ質問をして返ってきた下記の答えの話も
とても興味深く、参考になります。
①友人や家族の存在を大切にしよう
死ぬ間際、周りを見回すと、会社の同僚はほぼいない。
友達や家族だけが自分のことを気にかけてくれていることに気づくからです。
②夢を持っているのならすぐに実行しよう
海外に行きたいなど、どんな夢でもOK
最期に後悔しないように、
夢に向かって実行することが大切。
③他人を助けよう
あなたの誇りは何か?と聞かれた時に、
会社が大きいことでもなく、収入が多いことでもなく、
最後は自分がこれまで他の人に貢献してきたことを
誇りに思えるからです。

まとめますと、
夢を持ち、それに向かって一歩ずつ進んでいくことで、
そのプロセスの中で、
自分の仕事に対して、『ありがとう』が沢山集まってきます。

つまり、
世の中の役に立って、自分自身が人間的に成長します。

それこそが一番の幸せな生き方であり、
人生の成功と呼べます。

人間にとって本当の幸せとは


人生に光を求めるのであれば、 
まず目の前の苦しい現実という影を
しっかりと見据え、
それを乗り越えるべく、 
勇気をもって進んでいくことが大切です。 

人間にとって本当の幸せとは、 
光の下にいることではありません。 

その光を遠くに見据えて、 
それに向かって懸命に走っている
無我夢中の中にこそ、人生の充実があります。
確実に言えるのは、
人は幸せだろうが、そうでなかろうが、
いずれは死を迎えます。
人生は短いので、
どうせ死ぬのなら、今を精一杯楽しみましょう。
人生は変えられる!

頑張る自分へのご褒美を検索

読者登録はコチラ

人生は変えられる! - にほんブログ村

自己紹介

自分の写真
会社役員         こんにちは!人としての器を広げるための情報発信ブログです。 休みの日は、緊急事態宣言解除されたので、サウナ解禁しました。クイーンのボヘミアンラプソディーをピアノで弾けるように特訓中です。

Twitter

ブログ アーカイブ

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ